変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

会いたい どうしたらいいの No.3115
フレイのお母さんさん 愛知県 49歳 - 2021/05/17(Mon) 18:18
外出をし、いま自宅にかえってきました。家の中にやっぱりあの子がいない。フワフワの黒い大事な子が。
外にでても、前ここに来たときにはいてくれたと、あの日に戻りたいって、ないてしまいました。なんでみんな普通にしてるの?笑ってるの?
亡くなってから、ネットで色々検索しました。亡くなっても魂はしばらくいるんだよとか、虹の橋で待っててくれるとか。
でも現実に触りたい抱っこしたい、声が聞きたい!!会いたいよ!戻ってきて!
いないことがわかりません。
おかしくなってしまいました。本当に怖いです。どうしたらいいんでしょうか。
私から会いに行きたい。
フレイ君!お母さんはここだよ!


Re: 会いたい どうしたらいいの No.3116
tetu - 2021/05/18(Tue) 11:19


お辛いですね。
・・・・・・・・・・
なんてお言葉をかけてよいやら・・・。
読んで涙している人がいっぱいいると思いますよ。
私もそうです・・・。
私はあと数日で一周忌なんですが、昨年の今頃は入院中で
あの子が私の迎えを「今か、今か、」と待っていてくれると思うと
気が気でなく、頭がおかしくなるようでした。そんな状況を思い出
してここ数日、大きな波に飲み込まれています。
あの子のいろんな仕草を思い出し、全く何も手につかない、当時を
遡って再経験となってしまってます。
同じ思いの人が大勢います、そのことだけお伝えしたい。
頑張って!とも言えませんし、慰めの言葉も見つかりませんが・・・。


Re: 会いたい どうしたらいいの No.3120
Y - 2021/05/18(Tue) 20:54


涙が、止まりません...
私の今と全く同じで
会いたい会いたい会いたい
どうしてあの子がいないの?なんでどうしてなんでなのと....
あの子が虹の橋で待っていてくれているのなら
今すぐに私も行きたいと...

フレイちゃんのお母さんと同じです。本当に、私の全てでした。
一時、壊れました
もうダメだと思いました
だけどこちらを偶然見つけ吐き出させて頂き
聞いて頂き化け増して頂き
今まだ生きることが出来ています

もっともっと吐き出して下さい何でも聞きます
私もまたどうしようもなく追い詰められたら話させて頂きます
助け合って....また虹の橋で会える日まで....

ああでもやっぱり吐きそうなほど苦しいですね....
喉に何かが詰まっているようで....
ごめんなさい
私は、私も同じ過ぎて
なんの慰めにもならないです...


Yさん No.3121
tetu - 2021/05/18(Tue) 21:06


まだまだお辛いですよね
でもでも、同じ気持ちの方に寄り添い、「私もおなじです」というお声が
嬉しいです。同じ気持ちをお持ちの方に、寄り添っていただけることが、
一体感を感じて、私も元気がでます。
ありがとう。


Re: 会いたい どうしたらいいの No.3122
S - 2021/05/18(Tue) 22:48


皆さんが、何てお声掛けをしたらよいのかわからない程、
今のフレイ君のお母さんの心の痛みを受け止めて下さっていることと思います。
とても現実として受け止める事のできない悲し過ぎる突然のお別れでしたね・・・。
虹の橋のお話も、死後のお話も、今のフレイ君のお母さんにとっては、何の役目も果たさない子供騙しのようなお話に感じてしまうのも当然だと思います。
必要なのは、実際に触れることのできるフレイ君の存在以外に何もないですものね。

私(S)が、こちらの掲示板に初めて投稿させていただいた時に、
愛猫を失って体重が10kgも減ってしまったお友達の話をさせていただいたのですが、
彼女も交通事故で2歳の我が子(愛猫)を突然失ってしまいました。
その愛猫君も、フレイ君が暮らしていた場所と同じように、
車がほとんど通ることのないのどかな場所での早朝の交通事故死でした。
朝はいつも愛猫君だけで散歩に出かけ、夕方は一緒に散歩に出かけていたとのことで、
彼女も生きていく希望を全て奪われてしまったと、生きていることが本当に本当に苦しそうでした。
私も心の支えであった愛猫を突然失ってしまい、できることならば、死んでしまいたいとずっと思っていました。

私は2018年の7月のお別れでしたので、もうすぐ三周忌となり、そろそろ保護猫ちゃんを迎え入れようかという気持ちに変化しておりますし、
彼女は同じ年の10月のお別れでしたので2年7ヶ月が過ぎたところで、2年過ぎた頃から保護猫ちゃんのお世話をするボランティア活動にも参加できるようになりました。
彼女は交通事故死のショックが大き過ぎて、今のところ、別の猫ちゃんと暮らす気持ちにはなれないようですが、
愛猫君とのお別れから間もなく庭先にやって来た野良ちゃん達の面倒をみているとのことです。

お別れしたした当時は、私も含め皆さん、自分の気が狂ってしまうのではないか?
世の中が灰色に見える、誰にも会いたくない、死んでしまいたいなど、
今のフレイ君のお母さんと全く一緒でしたので、今は悲しみや寂しさで心がガタガタ震えるような恐ろしい時間を過ごされていらっしゃると思いますが、
少しずつ少しずつ冷静さを取り戻すことができ、あらためてフレイ君の旅立ちについて考えることのできる時間がやってくると思いますので、未来は待っていますから大丈夫ですからね。
まずは、お別れから3ヶ月経つまでの苦しみ、そして6ヶ月経った時の悲しみ、9ヶ月、1年、2年、3年と少しずつ気持ちが変化していきますので、
フレイ君のお母さんのペースでゆっくりゆっくり進まれて下さいね。

まとまりのない文章で申し訳ございませんが、4月初めの投稿にさかのぼっていただければ、
補足できる内容もあるかもしれませんので、目を通していただけましたら幸いです。
どうぞ、お身体を大切にされて下さいませ。


会いたい どうしたらいいの No.3114
フレイのお母さんさん 愛知県 49歳 - 2021/05/17(Mon) 17:02
大事な大事な子を6日前になくしました。
一人暮らしの私の最愛の子です。 
田舎に住んでいるから大丈夫と半自由飼いでした。
いつもいつでも帰りを待ってくれたから、車は大丈夫と高をくくっていました。バカでした。自分の過ちを大事な子の命で知りました。本当に愚かでした。
チラシをつくり、探している間に、野良猫の遺体として火葬となりました。
大事な子の死を知ったのは、チラシを見て連絡をくれた方からでした。
自分の手で送ってあげられなかった、最後の姿を見ることができなかった、抱っこしてあげられなかった。
あなたが最後にいたのは、家から100メートルのないところだったね。お家が見えてたね。お母さんはちかくまできてのに見つけてあげられなかった。
本当にごめんね。まだまだ長生きできたのに。ごめんなさい。
本当に相思相愛の関係でした。お互い世界一大好きだとわかりあっていました。名前を呼べは、寝ていてもニャっと言ってくれた。あの声、柔らかすぎる黒い毛、きれいな目。何よりもやさしい猫。
この数日がどれだけ長かったか。世界が一変しました。この先の長さを思うと怖すぎます。辛くて辛くて辛くて辛くて、これからどうしたらいいのでしょうか?自己嫌悪と喪失したものの大きさと、本当に合えないことが信じられなく一人になると泣いて叫んで。
別に住む娘には気持ちを聞いてもらっていますが、亡くなった子とずっと一緒にいないから、悲しいけど、ママとまったく同じ気持ちになれなくてごめんなさいと謝られてしまいました。他に家族はなく、誰にも話せず、コチラの掲示板にたどりつきました。
亡くなったときはお腹もすかせていただろうにと思うと、自分は食べてはいけないと思っています。
この先の生きていく意味がなくなつてしまいました。これは現実ですか?ひょっこり現れてくれないか、気持ちがぐるぐる辛いです。



Re: 会いたい どうしたらいいの No.3118
tetu - 2021/05/18(Tue) 18:30


私も昨年愛犬を亡くしてから6キロも体重が減ってしまいました。
もう元に戻りましたが。
食べられる様になったら意識して、食べてくださいね。
フレイのお母さん様が元気でいないとダメなんです。なぜなら、
今、悲しい・寂しいと思う気持ちはフレイちゃんが生きた証だから。
お母さん様しかフレイちゃんの可愛かった事、可愛い仕草、甘えた
鳴き声をわかる人が居ないから。いつまでも覚えていていつまでも
忘れないでいてあげてほしい。1年もすると少しですが楽になります。
小さな小さな体ですが、大の大人をこうも落ち込ませるほど、フレイ
ちゃんの一生は価値あるものでしたし、フレイちゃんも同じようにお
母様を慕っています。供養しながらお母さん様も虹の橋のたもとで、
フレイちゃんに大手を振って再開して、あれこれと、その後の話しを
しましょう。生きていく意味はあります、私はそうするつもりです。


Re: 会いたい どうしたらいいの No.3119
Y - 2021/05/18(Tue) 20:38


なんとお言葉をお掛けすれば良いか...
私も、突然の別れで、もう3カ月半経ちますが
未だ毎日毎晩涙の渦の中で、のたうち回り、もがき続けています
それでも時は無常に過ぎ
毎日朝はやってきますね....
ここにもフレイちゃんのお母さんと同じ
辛くて苦しくて、のち打ちまわっている者がいます
お互いに....それでも生きていかなくてはならない辛さと共に...
一日一日をこなしていきましょう
私も、次に会えた時に、あの子に恥ずかしくないように踏ん張って
また再会の時を心から信じて、生きています



ご相談聞いて下さい No.3096
Yさん 東京都 歳 - 2021/05/09(Sun) 20:21
あの子がいなくなって3カ月と少し。。。
毎日寂しくて辛くて泣いて泣いて...
もう...ひとりの生活が限界と感じています

娘が6年生の時に夫が急死し、突然のことで途方に暮れる間もなく生活に追われる真只中
瀕死のあの子を見つけ、保護しました。
手を出したらどういうことになるか.....
突然大黒柱がいなくなった超困窮状態の我が家
でも、ここで周囲の方々のように見て見ないふりをして通り過ぎたら
その後の想像できる命の結末に、きっと一生心の瘤となり後悔し続ける。
もう..生活との天秤を放棄し、心中金策どうしようかと号泣しながら手を伸ばしました。

がむしゃらに働き、娘も早くに自立し、
いつからか互いに深く信頼しあい心通じていると確信できるようになっていた
あの子と二人で寄り添い支えあい暮らしてきていました

あの子がわたしの全てだった
辛いことがあっても、あの子が待っている家に帰れば
ママおかえり!と飛びついて来てくれた
いつでも私を見つめていてくれ、傍にいてくれ、話しかければ応えてくれ
私には、とても猫という別種族には見えていませんでした

頭では勿論わかっていました
この子は必ず私よりも先に旅立つのだと
でもそれは....順当に歳を取り、徐々に老化し、介護をする日々の果てに
やってくること.....そう漠然と信じてしまっていました
まさかあんな風に突然にの離別となるとは夢にも思わず
......情けない限りです.....

もうあの子はいない。
頭では理解していても、心が、どうしても、どうしても、受け入れてくれないのです
一人が辛い辛い辛い辛い
部屋のどこここにもあの子の気配がある
幻覚幻聴、頭がおかしくなりそうです

この穴を埋めることは...出来るのでしょうか....

考えました。これからを生きていくためにどうしたらいいか。
皆様にご相談させて頂いてもいいですか

一人が辛くて寂しくて
でもその穴を埋めるために新たな子を迎えることは...あの子への裏切りになるでしょうか
子供がいなくなったら、寂しいから次の子って、そんな薄情なこと、と思います
でも、でも、もう本当に辛くて苦しくて
休日は一歩も家を出ず一言も誰とも話すことなく
このままでは自分は潰れてしまう
そう感じています

そして今の生活状況では子猫さんからのお世話は難しく
もしお迎えするなら成猫さんをお迎えしようと思っています

子猫ならば始めから甘え、懐いてくれると思います。
だけど成猫の保護猫さんは、そうはならないと思います。
きっとお外の生活が長く、人間への恐怖心も強いだろう
子猫から一緒にいた、とても『猫』とは思えない、あの子とのような絆は
多分一生かかっても築けないと思う
全てを受け入れてくれたあの子と違い、『猫』としての普通の拒絶も受けるだろう
懐いてくれることを期待さえしないでいた方がいいと思う
それでも......

寂しい。辛い。一人の部屋が芯から苦しい。

同種族の子がこの部屋にいてくれたら、この苦しさが少しでも癒されるでしょうか

こんな我儘自分勝手な動機で、新たな家族を迎え入れるのは、許されないでしょうか...

ここに、ここまで溢れ出る愛の行き場を失い、のたうち回るほど苦しんでいる自分がいる
そして迎え入れるなら、その子の一生のお世話を出来るだけの力がある
あの時のあの子のように、安住出来る地を求めている子を、
たったひとりでも助けられるのなら助けたい愛を注いであげたい
これもまた本音です

部屋の中は、あの子がいた時のままです
あの子が使っていたキャットタワーを、その子は使うでしょう
あの子がいつも寝ていた場所も、その子が眠るでしょう
あの子は...自分の場所なのにと、悲しんで泣くでしょうか....
私は、あの子のいたこの部屋の、あの子の存在を魂を傷つけることになるでしょうか

今、もう、途方もない迷路の中にいるような心です
もう、一人が苦しすぎて辛すぎて気が狂いそうなほど涙が止まらない毎晩

でも、新たな子の我が家で暮らす姿に、また別の苦しみに苛まれるかもしれない

今のとても正常な心の状態ではないと感じる自分の判断に激しく自信がなく
新たなご家族を迎え入れた方がいらっしゃいましたら
どのようなお心でのお迎えとなったのか
どんなお気持ちで暮らして行けたのか、いけているのか
もし宜しければお聞かせ下さったらと...どうかお願い出来ませんでしょうか
どうか....助けて....下さい


Re: ご相談聞いて下さい No.3097
takumie - 2021/05/09(Sun) 20:55


お気持ちわかります という簡単な言葉では難しいと感じます。
私は昨年7月に20年2か月一緒に過ごした 猫 娘 と別れました。

色々とありました。そんな事は人に説明しても
受け入れられる人とそうでない人 それぞれだと思います。

凄く大事で愛してた 私のみぃちゃん
もうあんな苦しい姿を見るのは辛すぎると思っていたのに
私が次の家族を迎えるのは早かったです。
正直、くらべたりして自分自身 なんて最低な人間なんだと!
本当は次の仔を迎える資格もない奴なんだと

亡くなったみぃを一日も忘れた事もない

くらべて苦しんだけど 中々うまくいかない関係の保護した仔
でも 本当に一日少しずつ変わっていきました。
みぃを忘れることはなく 保護した仔に新たな愛情が増えました!
でも忘れてない 忘れることはできないです。

保護した仔は最初は冷たい床の隅で寝てました。
今は柔らかいベッドやハンモックで寝ています。
受け入れて良かった 外で辛い生活を送らせなくて良かった
愛おしいあの子はいないけど この子は家族にできた!

うまく言えないですが 逃げではないし 
逝ってしまったあの子が別のこを助けてあげてという・・・

20年以上 猫と過ごしました 幸せでした。


Re: ご相談聞いて下さい No.3098
tetu - 2021/05/09(Sun) 23:33


うちはあと2週間弱で一周忌となります。
あまりの寂しさに何度も「新しい子を迎えよう」か考えましたよ。
でも同じです・・・「モコに失礼なのでは?代わりを迎えるなんて・・・」
「モコじゃないんだよ!」「またこの悲しさ・寂しさ・後悔を最初から
やり直すの?」と自問自答する毎日でした。
でも今年の1月にインコの種類の雛を迎えました。モコの代わりじゃない・・
自分の寂しさを少しでも軽減するためと。チュピと名付けたその鳥は本当に
可愛く、私の悲しさ・寂しさを軽減してくれてます。私にベッタリで(笑)。
正直、モコが居なくなってしまった事実は変えられず、寂しいし思い出しては
涙が出てしまいはしますが、一つの方法です。小さいけど神様に預かった命で
あることに変りはなく、大切にしようと心に誓ってます。


Re: ご相談聞いて下さい No.3099
NK - 2021/05/10(Mon) 17:37


Yさん、ご主人がなくなられ、お子さんも自立されて、猫にまで先に逝かれてしまって、本当の孤独。ご心中お察しします。

今は、猫というより、少し休まれたほうが良いと思います。
お子さんのところにたまに行かれてみてはどうですか。

お子さんのいるところは、遠いのでしょうか。もし会うのが可能であれば、娘さんとたまに会ってみてはどうでしょうか。

心療内科で、カウンセリングしてもらうだけでも、誰かに聞いてもらうだけでも少しは、心の傷がいえると思います。こんな時娘さんがおられたらよかったのですが。

私も8年前に、1歳の猫を治療のない猫伝染性腹膜炎でなくしました。
6か月で、主人がペットショップから来た猫でした。
あまりの短い猫生活で、亡くなったとき、私は専業主婦だったため、一人で家の中で泣き続け、疲れているだろうに、主人や娘(当時大学生)に当たり散らしていました。「よく平気な顔してるね。なんで私の言うこと聞いてくれないの」と当たり散らしました。私のヒステリーで、家族はバラバラ、みんな自分の部屋に閉じこもり、暗かったです。

当時自律神経失調症で、心療内科に通っていて、先生にも話したのですが、「猫が病弱だったのだから、仕方ない。あなたは悪くないのだから」と、それだけで、いつもの薬くれるだけで、結局頼りにならず、その先生ではなく、違う先生に診てもらえばよかったと、今思っています。

猫が亡くなって、寂しさのあまりネットで、ある保健所の猫、犬殺処分の動画があり、見てしまいました。あまりにもかわいそうで、3か月の猫が一番多い、ペットショップで買う前に、この子たちを助けてくださいと書かれていました。まだ猫が亡くなって間もなかったので、大泣きしてしまい、主人にもう一度チャレンジしたいから、今度は保護猫がほしいというと、主人は考えておくとだけ言いました。

それから、1週間後、突然主人が「3か月の猫が2匹くるから」と、あまりにも急で、私は頭の中空っぽになってしまい、あとになって、亡くなった猫が初めての猫で、果たして2匹も飼えるのか心配でした。
主人が猫を持って帰ってきて、その小ささとかわいさに、うれしくて、この子たちは、絶対天寿を全うさせる、と誓いました。

1歳を過ぎるまでは、はらはらと心配でしたが、1歳過ぎるとほっとして、もう大丈夫、と安心しました。
この子たちも今は8歳です。

前の猫が亡くなって、本当に家族もバラバラ暗い家族に、今の猫たちが来てくれたおかげで、家族がまた明るくなり、話題も増えました。
きっと、前の猫が、見かねて、私に殺処分される猫の動画を見せて、「僕のことは心配しないで、この子たちを助けてあげてよ」と言ってくれたような気がします。
今の子たちは、前の猫が家族を何とか元に戻そうと与えてくれた猫だと思うので、大事に育てています。
yさんも今は、猫がいなくなって、動転していて、つらい気持ちでおられると思います。すぐに猫を飼われるより、今猫を飼ってしまうと、余計猫も気が付いて、yさんのこと察して、遠慮すると思うのです。

それなら、娘さんとたまには会って、リフレッシュして、元気になられてから、お迎えしたほうが良いと思うのです。
お一人でさみしくてつらい、よくわかります。コロナで、誰とも会えない、よくお気持ちわかります。まずは、亡くなった猫は、絶対新しい猫を飼っても、あなたのこと恨んだりしません。むしろ明るくなるのであれば、亡くなった猫も喜んでくれると思います。

長文でごめんなさい。猫は、飼い主さんの気持ち読み取ります。今の猫も、私がイライラしてたり、疲れているときは、あまりかまってと言いに来ません。
なので、今、猫を迎えるより、少しでもリフレッシュしてから迎えてください。外に散歩とかしたりしてもいいと思います。


Re: ご相談聞いて下さい No.3100
Y - 2021/05/10(Mon) 21:10


takumieさん、tetuさん、NKさん
ありがとうございます
皆様のお言葉、すべて噛みしめ心に届かせました

あの子を忘れることなんて死んでもあり得ない
忘れるどころかきっと、日が経つほどに益々私の中での存在が大きく育ち続けるのではないか

でも...そう、なんですね。愛は、増え続けるのですね。
新たに愛を注ぐものが現れたとしても
あの子への愛が移行するわけじゃない薄れるのではない
新たに、愛が増えるのですね

でも確かに....今の精神状態でお迎えしても
ましてや成猫さんのつもりですから
もう心もしっかりしていて
きっとこちらの想いを読み取りますよね

子猫さんは沢山手を挙げて下さる方が多いけれど、
成猫さんになってしまうと、手を差し伸べる方は一気に減ると聞きました。
ならば余計に、私は成猫さんに来てもらいたいと思います
ずっと保護主のおうちでケージ暮らしを何カ月も
狭いケージから出て走ることも出来ず
じっとしたまま時だけが過ぎる日々
そのような子が多いと聞きました
そんな辛い時の中から解放して、自由にのんびりと暮らさせてあげたい

私が出来ることは、たったひとりの子だけだけど
それでもひとりでも助け出してあげられるなら。
そう考えだしています

あの子が、虹の橋から覗いて
自分の分も愛してあげてと、救ってあげてと、
そう思ってくれるでしょうか

ならば....もう少し、自分を取り戻してから
まずは落ち着きを取り戻して
もう少しあの子への想いを心の中で整理出来なくては
迎えられたとしても
またその子が気を使って寂しい思いをしてしまいますね...

お三方のお言葉で
少し冷静に考えることが出来ました。
本当に本当に有難うございます

今は、自分を癒すこと
それが大事ですね
頑張ります
その時が来れたなら....また、ご報告させてください
一日も早くそんな時が来ることを、自分に祈ります


Re: ご相談聞いて下さい No.3101
S - 2021/05/11(Tue) 05:16


Yさん、旦那様が急死されてからの日々、本当に大変でしたね・・・。そんな状況下で助けてあげた愛猫ちゃんの命。
Yさんにとっては、まるで旦那様の魂が目に見える形として戻って来てくれたかのように感じた時もあったのではないでしょうか・・・。
まさしく、旦那様の代わりにYさんと娘さんを見守り続けてくれた存在だったのですね。
いかに、Yさんと愛猫ちゃんとの心の結びつきが大きいものであったのか、今回の投稿で更によくわかりました。

私もできることならば、保護猫ちゃんを迎え入れてあげたいのですが、
元々、主人と娘に動物アレルギーがあって喘息を起こしやすいため、近々出産を控えている娘のことを考えると、
あらたに保護猫ちゃんを受け入れることをまだ躊躇しておりますが・・・、
私は、将来的にYさんが保護猫ちゃんを受け入れてあげることに大賛成です。
たとえ、1匹であったとしても、人間からの愛情を受けることによって保護猫ちゃんの魂も成長することができると思うからです。
人間からの愛を知らずに育ってしまったかもしれない保護猫ちゃんに、
Yさんからの愛情が注がれて、心が通じ合えるようになれるって、とっても素晴らしいことですものね。
今後、良い出会いがありますことを心からお祈りしております。

愛猫ちゃんの気持ちになって考えた時、自分の代わりにYさんを見守ってくれる保護猫ちゃんが来てくれたら安心するし、
再びYさんの笑顔を見られるようになることは嬉しいのではないかと、私は思います。


Re: ご相談聞いて下さい No.3102
Y - 2021/05/11(Tue) 21:49


Sさん....もうなんとお言葉をお返しすればよいか....
泣けて泣けて、もう涙ばかりで
こんなにわかってくださる方がいる
言葉が見つかりません

あの子を見つけてからの怒涛の日々
10日間もの昏睡状態から目を開けてくれ
それからは....もう愛しくて愛しくて
可愛いという言葉ではとても足りない、溺愛、という言葉しか見当たらないほど、愛し尽くして来ていました

夫の、父親の、いなくなった真っ暗な心を救ってくれた
あの子がいてくれなかったら、私たち母子は、笑顔を無くしたままであったと思います
辛くとも、あの子の『おかえり!』で、自然に『ただいま』と、笑顔と言葉が出る
まさに私たちの救世主でした

突然断たれた、この溢れ出続ける愛.....

ご出産を控えてらっしゃる娘さんがいらっしゃるのですね
お孫さんの誕生は、何にも代えられぬ喜び、魂を受け継ぐ命の誕生はとてつもなく嬉しいですね
とてもとても羨ましいです

はい、私が....もう少しでも落ち着けたら....真剣に保護猫さんのお迎えを検討したいと思います

折角ここに、お世話出来る人間がいる
そして待っている子がいる
ならばひとりだけでも...助けたい

いえ...違いますね、私が助けられたい、のですね
それでも。それでも。

あの子が、私が泣き続けることなど望んでいないことを考えられるようになりました
あの子を安心させたい、です

時の癒しを信じて....一日一日、着実に生きていくことに努めていきます
どうかまた助けて下さい
頑張ります


Y様 No.3103
tetu - 2021/05/12(Wed) 08:05


心から応援致します。


Re: ご相談聞いて下さい No.3105
S - 2021/05/12(Wed) 20:07


お仕事でお疲れのところ、昨夜は、私のほうまで返信をありがとうございました。
Yさんが御主人を急死で亡くされてからの日々は、私の想像以上に大変な日々だったことと思われますが、
娘さんは早くに自立されたとのことで、Yさん自身も御自分のお力だけで立派に生き抜いてこられたこと、本当に尊敬致しております。

私は結婚を機に仕事を辞めてしまいましたので、今の生活があるのは主人の働きのお蔭だと感謝はしておりますが・・・、
精神面において、主人から受けるストレスが大きく、亡き愛猫に7年間支えてもらいました。
Yさんは、旦那様を突然失ってしまった心の空洞を愛猫ちゃんに埋めてもらい、
私は、主人から受ける精神的ストレスを愛猫に埋めてもらったということで、
Yさんと私の状況は違いますが、偶然の流れのなかで愛猫と暮らせたことは、お互いにとても有意義な時間でしたよね。

うちの愛猫が突然旅立ったは、およそ7歳の時でしたし、
愛猫の死の2ヶ月前に高齢の義母から引き取って2年暮らした愛犬を失ったばかりでしたので、
「何故?今のタイミングで神様は私からあの子を奪ってしまったの?」っと理解にとても苦しみましたが・・・、
色々な人からのお話を聞く中で、
「僕の役目は、もう終わったよ。これからは僕ではなくて、パパとちゃんと向き合って人生を楽しんで。」っていう、
あの子からのメッセージが聞こえてくるような気がして、そうしなければと言い聞かせてきた3年間でした。
でも、そう簡単に主人の元々の性格が変わるはずもなく、主人との心の溝を埋めることは簡単ではなかったので、
もっともっと愛猫からの無償の愛に甘えて癒されていたかったな〜っと思う日々でした。

なので、今、Yさんはお一人で孤独を感じられていらっしゃるかもしれませんが、
御自分の力だけで生計を立てられ自立されていて立派ですし、誰かに気を遣わずにすむ点においては、羨ましいかぎりです。
同じ屋根の下に住んでいても、心から信頼し合えない人間と暮らすということも苦痛ですしね。
そうは言いましても、私は今まで自分が選んできた道をそのまま進もうと思っておりますので、
終わり良ければ総て良しになるように軌道修正しながら頑張っていこうと思っております。

動物アレルギーの件で、娘の話まで出してしまい申し訳ございませんでしたが、
私自身なかなか子宝に恵まれず、諦めかけていた時に授かったたった一つの命で
娘も、もしかしたら不妊治療が必要な身体なのかもしれないと心配しておりましたところ、
結婚2年目でお腹に命が宿ったとのことで、とりあえず安堵したという状況です。
Yさんの辛い今のお気持ちに関係のないことまでお話してしまい、大変失礼致しましたが、
あらためて、今後のYさんなりのお幸せを心からお祈りしております。私も自分なりの幸せ探しを頑張りますので。
コロナに負けず、どうぞ、お身体に気を付けられてくださいね。


Re: ご相談聞いて下さい No.3106
NK - 2021/05/13(Thu) 17:39


私もSさんと全く同じで、主人はいるものの、年齢が離れているため、私世代と、主人世代と考え方が、違い、子育てでも、よくケンカしました。

今は子供も手が離れて、夫婦二人になりましたが、子どもがいたころはカチンとくることがよくありましたが、今は、当たらず触らずで、言っても聞かない人は、ずっと治らないもので、主人は用がない限り私と猫のいる部屋に来ないし、私も別に主人と一緒にいなくてもいいと思っており、そばに猫さえいればいいと思っています。

Yさん、私の義理の妹も、3年前に義理の弟をがんで亡くしました。
その当時、お子さんは上の子が大学1年で、下の子が高校3年でした。
義理の妹を見ても、大変で、女手一つで、今はお子さんは大学生になり、しかも私学で、工学部なので、うちも娘が工学部に行ったので、学費がバカにならないのを知っていたので、よく頑張っているなと思います。
私なんか、主人にばかり頼ってしまって、働こうともせず、Yさんや、義理の妹みたいに、突然主人がいなくなったらと、ゾーっとします。

義理の妹は、犬を飼っています。

yさん、この前はきついこと言ってしまい申し訳ありません。
一人で頑張ってこられたのに、今は精神的に無理的なこと言ってしまって。
ただ、私が今の猫を引き取ったのは、前の猫が亡くなってから、少し落ち着いてきた3か月後だったのです。
そのころには、まだ、悲しいことは悲しかったのですが、だいぶ家族にあたることもなくなっていて、少しは改善されつつあるときだったので、猫が来たことにより、家族が明るくなったのです。

義理の妹は、まだ子供も犬もいるので、一生懸命働いているので、気が張っていて、義理の弟をなくしてつらいはずなのに、気丈夫にいます。

でも、Yさんは一人きり。今までご主人なくされて、女一人で頑張ってこられた。そして子供さんも自立されてきっと、猫も、子供さんが自立されたのを見て、僕の役目は終わった、あとはお母さんゆっくり休んでよ。トイいているかもしれません。

今は今まで頑張ってこられた自分にご褒美を与えていいと思います。
私なんか義理の妹やYさんに怒られるかもしれませんが、2月に義理の父もなくなり、主人の家族は主人だけになって、最近は主人を大切にしようと思うようになったのですが、それまではこの石頭、早くいなくならないかなー、義理の妹がうらやましいなんて考えていました、でも、私には、Yさんや義理の妹みたいに、頑張って女手一つで子供を養えたとおもえません。
主人にきっと甘えているのだと思います。

どうか今まで頑張ってきたのだから、少し疲れを癒されてから、新しい猫さんとの出会いを祈っています。


Re: ご相談聞いて下さい No.3107
Y - 2021/05/13(Thu) 21:41


Tetuさん、ありがとうございます
そのお気持ちを支えに、立ち上がる努力に勤しみます
インコさん、そんなに慕って甘えてくれる、さぞさぞ心底可愛いでしょう
ああ...私は、自分からの愛よりも
私を愛してくれる小さな存在を求めているのかもしれません
愛して、慕って欲しい
ママと甘えて欲しい....
成猫さんだと、難しいと思いますが
それでも、きっと、一緒に暮らせば絆が生まれると信じて
もしその時が来たら、心覚悟して、慈しめればと夢見ていきます

Sさん
本当に...有意義すぎる時、でしたね...
至福の時、と言っても過言ではないと
だからこそ、些細なあの子への
疲れていた時、辛いことがあった時、
きっと私の、あの子への甘えからの、
つい、お膝乗りたいと言って来た時に素っ気無い態度をとってしまった時への、
今のとてつもなく途方もない後悔
胸が痛くなりすぎて、息が吸えないほどです

旦那様との葛藤の日々
たった十数年しか他者と暮らしたことがない私には想像がつかない難しさがあるのだとお察しいたします
正直、夫婦と言えど、子供と違い、他人...ですものね....
心のすれ違いや、通じることが難しいことが沢山あるのだと思います。
それもまた...もどかしくて苦しいこと、ですね....

そうですね、一人の生活は、正直とても楽です
だけどそれは...一心同体と言えるあの子がいてくれたからこその、一人の気楽さ、でした
というよりも
あの子といれば、何もいらなかったのです。本気で。
休日に丸一日ふたりでのんびり
その時間を守る為に働いている。本気でそう思って働いていました。

何故今このタイミングで....ああ...私も...です。
コロナ禍の中、多くの方と同じく、私も転職となり
昨年の7月から10年勤めた職場を辞め新職場となっていました
どうにも馴染めず、辛くて辛くて、家に帰って涙する日々でした
その姿を見続けて....あの子も心痛めて体に響いて....突然の発症となってしまったのではないか...
そう、自分を責め続けています
私が上手く笑えなかったから...あの子に心配をかけてしまったから....と...

娘さんのご出産、私もとても楽しみです
新たな命のご誕生、今の私には大きな大きな光です
心がとってもとっても暖かくなり、笑みが...こぼれます

あの子は、どんな姿でも、どこか生まれ変わって
私のもとへ帰ってきてくれると信じ切っている自分です
良い報告が出来るよう、頑張りますね。どうか、見ていてください。


NKさん、そんなそんな!
かなり取り乱し続けている私を、冷静にさせてくださいました。とても感謝しています。
もう3カ月も経つのに...本当に、どうにもならなくて...
自立した人間の娘よりも、今の私には多分本気で、あの子のほうが、我が子とも言えるほど、大切でした
こんなこと普通に言ったら、笑われるか、呆れられますね
でも....本当に、あの子に支えられて生きてきていたのは間違いないのです

夫がいなくなって、本当に頑張ってきた。娘の前では涙は見せられないと、ずっと歯を食いしばって、働いて働いて、笑ってご飯作って。
あの子の前だけで...あの子を抱きしめて、涙流させてもらっていました

娘が早くにとても良いパートナーを見つけて家を出て肩の荷が下りて
呆けている私の横にぴったりと寄り添って見上げている顔が、目に焼き付いています
それからはもう、ふたりの世界で、寄り添って生きてきた感じでした

もう大きな変化はなく、このまま静かに歳を取って、
もう少ししたら、この子の旅立ちの前に介護生活が来るのだろうなと
老化としてゆっくりと進むことしか考えていなかった
その間にきっと心構えも出来るだろうと.....
なのに。

確かに保護した時、瀕死でした。ボロ雑巾かと思う程でした。
でもその後は本当に元気で、確かに体は3キロ弱と小さいままだったけれど、
いつまでも子猫のように遊んでいて、
...まさか始めから片腎が動いていないなど思いもよりませんでした
でも考えれば、あそこまで瀕死であったのだから、内臓疾患が残っていても、と今になって思います。
体が小さいままだったのも、始めの栄養失調で、大きくなれなかったのかもしれませんね

私のここまでの人生の15年半、戦友....とも言える存在でした。

こうしてあの子のことを話させて頂けること
そしてお言葉を頂けること
一緒にあの子のことを悼んでくださる皆様がいること
今、とてもとても大きな生きる支えになっています

一人は...辛い、です。今も部屋の中は静まり返っています。苦しい、です。
あの子の姿が、見えてしまいます。
もうこの世での私の役目・仕事は全部終わってると、あの子の世界へ行きたくなってしまいます
でも。知性持ってしまった人である以上、生きているなら、自ら切ることは出来ません

また新たな命を預かる覚悟、今のここまで折れてしまっている心では
お迎えしたくとも、NKさんのアドバイスで、その子を幸せにしてあげられるだけの心構えが無くてはと思い直しました
千々に乱れまくっている私の目を覚まさせてくださって、本当に本当に感謝しています

この静まり返った部屋に、また楽し気な命の鳴き声が聞こえる日が来ることを願い
立ち上がる努力を続けます
また...折れた時は...聞いて下さい。助けて、下さい。


Re: ご相談聞いて下さい No.3108
S - 2021/05/14(Fri) 11:37


コロナ禍により転職されたとのこと!!! それは心身共に大きな打撃となりましたね。
そんな大変な状況下での愛猫ちゃんとのお別れだったということで、
今回のお話により、Yさんのお辛さがどれほど辛いものであったのかが、更に理解できたような気が致しました。
転職後、不安でたまらない時期も愛猫ちゃんが支えてくれていたのですものね・・・。
それなのに、何故、今なの?って、思ってしまいましたよね。

それに加え、愛猫ちゃんを失ったあとのお部屋にお一人でいらっしゃることの不安感や寂しさは、
やはりYさんと同じ状況にいらっしゃる方でないと理解しきれないものだと、あらためて思いました。
安易に今の自分の状況と比べてしまい本当にごめんなさい。その点を心からお詫び致しますね。

娘さんは、早くにとても良いパートナーを見つけられたとのことで、
その一文、自分のことのように嬉しく、一緒に安堵致しました。
天国の旦那様も、ずっとずっと見守り続けてこられて、安堵されたことでしょうね〜。
うちの一人娘は、22差婚という大胆な人生の選択をしてしまいましたが・・・、
それもまた、この世での学びなのだと思い、この先どうなることやらと見守っております。
今のところ「自分の選択を褒めてあげたい」っとインスタに載せておりましたので、心は幸せなのだと思います。

今日もYさんは、寂しさと格闘しながら頑張っていらっしゃるんだっと思いながら、
私も前向きに歩いて行こうと、Yさんに励まされております。
色々なお話を聞かせて下さって、本当にありがとうございました。


Re: ご相談聞いて下さい No.3109
Y - 2021/05/14(Fri) 20:15


Sさん、お詫びだなんて、そんなことおっしゃらないでください
本当に本気で私、救われているのです
友人にも、ここまでの家庭事情とあの子のことを、話したことはありません
多分とても理解してもらえないと思いますし
『ペット』を亡くした者への気を使っての労わりの言葉が、実はとても辛い一言だったりすること
そういう言葉が返ってくるのが怖くて、話せません

こちらで、ここまで本音を吐き出させて頂き
まさに私の欲しかった、理解して下さった上での沢山の労わりと励ましのお言葉の数々を頂き
本当に....胸が熱くなるばかりなのです
こちらこそ、Sさんのお話を沢山お聞かせくださり、心から感謝しております

はい...もう見栄を張る必要なく正直に、
一人きりの部屋であの子の幻と格闘し、今夜も、今も耐えています
本当にこの苦しさが緩和される日が来るのだろうかと、今まだとても希望を見いだせないでいる状態ですが
時の癒し....皆様のご経験からのお言葉を心から信じて、
一日一日、しのいでいきます。


Re: ご相談聞いて下さい No.3110
S - 2021/05/15(Sat) 08:04


たびたびの御丁寧な返信、本当にありがとうございました。
やはり、お別れからの1年目が一番お辛い時なのだと思います。
Yさんは、お別れから、まだたったの3ヶ月しか経っていないのですから、
無理に元気を取り戻そうとせず、自分の辛い感情にフタをせず、泣ける時は思いっきり泣いて、
御自愛されながら、ゆっくりゆっくりと歩まれて下さいね〜。それでは、また。


Re: ご相談聞いて下さい No.3111
ママ - 2021/05/15(Sat) 08:07


先日マロニーの49日を迎えました。
我が家では仔猫を迎えたいという気持ちでいます。

先代の猫が亡くなって半年後、公園の段ボールに居たマロニー。
運命を感じました。
マロニーに「先代くん言われてウチに来たんでしょ?」と話していました。
今回もきっとご縁があると信じています。

先代とマロニーは我が家の大切な家族で、代わりなんてありえません。

でも私は猫という生き物が大好きです。
今の私は猫不足です。

徒歩3分の場所に保護猫カフェがあるので先日も行ってきました。
多頭崩壊の成猫や、仔猫の時から譲渡会に出すと過呼吸や膀胱炎になってしまう
繊細な10ヶ月の猫が私が部屋に入るとワラワラと寄ってきます。

1人を撫でると割り込んでくる子がいたり、だんだん距離を縮めてくる子、
私のバックに顔を突っ込む子、繊細なあの子も膝の上でゴロゴロ言い出しました。

成猫でも心は通じ合えると思います。
猫には猫好きの人が分かるのでしょう。
きっとYさんの心に寄り添ってくれる猫との出会いが
あると思いますよ。

猫には癒しの力があります。
よその猫を触って、思い出しては泣きました。
まだまだ家族として受入れられなくても、猫を撫で撫でするだけで
気持ちが和らぐのでオススメです。


Re: ご相談聞いて下さい No.3112
Y - 2021/05/15(Sat) 20:17


はい。Sさんも新たな命の御誕生、心待ちになさっているかと存じます
またお話し聞いて、聞かせて下さい。

ママさん、
本当に、猫のぬくもりは癒しパワー最大ですよね
今の生活サイクルでは子猫さんを見ていられない時間が長く
始めからお世話の心配が少ない成猫さんをと考えています
もしまたご縁があれば
私もまた子猫さんの子育てから関わりたいと思っています
今現在ではとても難しい状況ですが
その機会が、やって来てくれたならば...私はあの子が新たな体を得て帰って来てくれたのだと思うでしょう
今はとにかく落ち着くまでは自然に任せて、泣きたいだけ泣いて辛さを抱きしめてわが身の一部となるまで泣いて泣いて
立ち上がりたいと思います
ママさんにも良い出会いが訪れます様、私も心から祈っております


無題 No.3092
Nさん 神奈川県 歳 - 2021/05/07(Fri) 21:12
コメント失礼致します。
先日、私の大切な人の大切な愛犬が彼女の腕の中で旅立ちました。
やはり彼女は酷く落ち込んでおり、何とか元気付けたいと心を込めて曲を作りました。
愛犬の気持ちになって書いた曲です。

皆様への励みにもなれば嬉しいです。
宜しければ聴いて下さい。

「Roderick-虹」
https://youtu.be/UEmb-HSGFgw

※管理人様、不適切であればお手数では御座いますが削除願います。


Re: 無題 No.3093
tetu - 2021/05/08(Sat) 06:46


聴かせていただきました。

ご自分が出来る分野で、なんとか「寄り添ってあげたい」という
暖かい気持ちが伝わってまいります。いい曲です。

大切な人は今、大切だった愛犬の事しか考えられないと思います。
近くに居て話しを聞いてあげてくださいね。


Re: 無題 No.3095
ママ - 2021/05/08(Sat) 07:46


聴かせていただきました。
自然と涙がこぼれました。
私の愛猫もこんな風に思ってくれていたら嬉しいです。
ありがとうございました。


無題 No.3088
ハルさん 北海道 歳 - 2021/05/06(Thu) 13:11
12月1日にハルが逝ってしまってから、何度ここを見に来ただろう。
同じように苦しんでいる人がいることを知って、慰められたかったのか、それとももっと辛い別れをしている人を見つけたかったのか…
でも、いろんな人の話を読んでも、ハルより長生きしてると羨ましい。獣医さんにその死を悼んでもらえて羨ましい。腕の中で逝かせてあげられて羨ましい。何より、自分で苦しめたんじゃなくて羨ましい…
いつか別れが来ることは仕方が無くて、辛くてもいつか癒える時は来るけど、苦しめたことはいつまで経っても辛い記憶のまま、ハルとの楽しかった思い出もどこかに行ってしまったよ。
愛してたのに、愛してくれたのに、苦しめて苦しめて殺してしまった。何年経っても、きっと辛いまま…


ハル君のお母さんへ No.3089
S - 2021/05/06(Thu) 17:40


ハル君の旅立ちから5ヶ月が経ってしまいましたね・・・。
別の掲示板の終了後も、ハル君のお母さんは、その後、どう過ごされていらっしゃるのだろうか?と、
ふと脳裏に浮かんだことが何度かありました。

本日、今のハル君のお母さんの心の内を読ませていただき、とっても正直なお気持ちを綴られていらっしゃるな〜っと思いました。
そして「あ〜、やっぱり、今も御自分を責められて苦しまれていらっしゃるんだな〜。」っと、
そのお辛さが伝わってきました。

不思議ですよね、私も愛猫との楽しかった思い出はたくさんあるはずなのに、
何故か、一番悲しかった時のことが頭に浮かんできてしまいます。
25年位前に生き別れになってしまった愛猫のことを思い出しても涙が溢れ出てきますので、
時の流れが、完全に悲しみを癒してくれることはないのかもしれませんね。

ハル君のお母さんの心の痛みは、ハル君のお母さんにしか分からないものであるかと思いますし・・・、
今後も、向き合っていかなければならない心の痛みなのだと思いますが、
全ては、ハル君のことを一番に考えての、精一杯の愛のある決断であったわけですから、
いつか少しでも御自分を許してあげられる日がくるといいなあっと願っております。

なぜなら、ハル君のお母さんが御自分をずーと責め続けていると、
「大好きなお母さんを苦しめているのは、僕なのかな?」って、ハル君が勘違いしてしまうと困りますものね。
ハル君のお母さんが御自分を許してあげることによって、ハル君の気持ちもより楽になるように私は思いますが・・・、
ハル君のお母さんの苦しみも理解しきれずに、余計な事を記して申し訳ありません。
私も相変わらず、たくさんの後悔と共に生きておりますので、分かったようなことを記するのは恥ずかしい限りですので。


受け売りで申し訳ないのですが・・・ No.3094
tetu - 2021/05/08(Sat) 06:53


「ワンコは選んであなたの元へ来たのです、どう亡くなるか分かった上で」
だそうです。ここにもなんども書いてしまってますが、私が心から慰めら
れたアドバイスでした。そう信じてます。


無題 No.3090
Yさん 東京都 歳 - 2021/05/06(Thu) 20:59
ハルさん....お辛かったですね お辛い、ですね....
わたしのの子も
元気すぎるほどだったのが急激に具合が悪くなり
突然逝ってしまって、未だ心が受け入れてくれていません
でも...私の腕の中で看取れた、それはとても幸せなことだったのですね...
ハルさんの苦しみが如何様なほどか...

私も、まだたった3カ月
きっと...きっと一生会いたいと思い続けると...
本当に虹の橋で会えるのかな
だったら今すぐでもいいのにな
そんなことを毎日呟いてしまっています
こんなにも辛い心を
これからずっと抱えて生きていくのかと思うと
本気で生きるのをやめてしまいたくなります

癒したい、ですね...
でないと本当にこれからの日々が辛すぎて...

どうしたらいいのか
そう思いつつ一日ずつ過ぎて
最期まで抱え続けて生きていくのでしょうか


Re: 無題 No.3091
Y - 2021/05/06(Thu) 21:00


すみません
ハルさんへのお声掛けでしたのに
うっかり返信でなく投稿してしまいました


犬と会話できる風チャットアプリ No.3085
いっしぃのりんさん 和歌山県海南市 50歳 - 2021/05/03(Mon) 22:31
ペットロスに苦しんでいる人のためのチャットアプリがあります。

iPhone限定ですが、ライントークのようにメッセージを入れると、必ず
わんわん!と返事を返してくれます。

天国にいるワンちゃんにメッセージを送ってみてください。

Appstoreで犬 会話というキーワードでHoneyというアプリが出てきます。

画像を自分の好きな写真に変更できるので、まるでペットと会話できているようです。

決まった時間(設定した時間)におはよう、おやすみ、など通知してくれます。

通知音は、わんわん、ワオンなど、12種類あります。

少しでも、苦しさが紛れますように。思いがワンちゃんに届きますように。。。



Re: 犬と会話できる風チャットアプリ No.3086
tetu - 2021/05/03(Mon) 23:25


ありがとう。
早速、泣けてます。


Re: 犬と会話できる風チャットアプリ No.3087
ピー - 2021/05/05(Wed) 16:52


作った人の優しさを感じます。ありがとうございます


無題 No.3076
カレンさん 宮城県 ・スE・スXT・スE・スXO歳 - 2021/04/30(Fri) 12:50
今日で4月が終わります。

ルンがいなくなってから、時間が早く過ぎて欲しいと思っていたので
少しホットしています。

ルンは毎朝「私は今日も元気だよ」と大きな目をして酸素室の中で
私を励ましてくれている様でした。
そして、その日も朝ご飯を食べてくれました。

私が病院に連れて行かなければ、今もルンのその姿が見れたかも、と
思ってしまうので、後悔で一杯になります。

院長先生からは、弱っていたら病院に連れて来なくていい、と言われた時は
突き放された思いがして落ち込みました。
でも、他の獣医さんからは「ご飯を食べているなら、面倒見ますよ]と言われ
安心したのですが、今思えば院長先生の方が正しかったと思います。

ルンが亡くなった日の前日は胸水を抜きに行く日でしたが、弱っていたので
私だけで病院に行き、これから家でどの様にして面倒を看ればいいかを聞くつもりでした。
でも夕方行ってしまったので、込み具合から遅くなるだろうと思い
明日でもいいやと思い帰って来てしまいました。

その判断が間違いの始まりでした。

翌日、弱っているからこそルンを診てもらい、これからの事を聞いて来ようと思ったのですが、この判断も間違いでした。

私の判断ミスを自分の中で納得させられる日は来るのかと考えたら、永遠に
ないかも知れません。



Re: 無題 No.3078
S - 2021/04/30(Fri) 16:48


カレンさんの最後の一文「私の判断ミスを自分の中で納得させられる日は来るのかと考えたら、永遠にないかも知れません。」
本当に、カレンさんのおっしゃる通りだと思います。
未だに「あの時ああしていたら。」っという思いだけは消えることがないですね。


Re: 無題 No.3079
NK - 2021/04/30(Fri) 17:20


カレンさんのお気持ちよくわかります。

私も一緒です。病院嫌いの子を、不治の病で、延命治療を続け、主人がもう見ているのつらいからやめようと言っていたのに、私は、治療を続けてしまいました。

病院嫌いの子だったので、それがストレスになって、死を早めてしまったのではと、7年たった今でも後悔しています。
カレンさんだけではないです。
ここに来られている方、ほとんどの方、カレンさんと一緒で、後悔がある方多いと思います。
ここに来られて、皆さんの意見を聞いて、ホット一安心したのが、つい最近のように思います。


Re: 無題 No.3081
tetu - 2021/04/30(Fri) 20:40


後悔の念が収まりませんよね。お気持ちお察しいたします。
結局はどの様にしても、別の後悔が支配するのだと思います。
その瞬間だけでなく、生涯全体を考えましょ!
そこまで思ってもらえるルンちゃんの一生は幸せに満ちてい
たのだと勝手ながら想像させて頂きます。私も後悔・後悔・
後悔の連続ですが、生涯全体を考えた時、彼女は幸せだった
のだろう・・・幸せだったはずと自分に言い聞かせるこの、
11か月間でした。
と言いながら、他の家に行っていたらもっと幸せだったので
はないか、もっと長生き出来たのではないか・・・って思って
しまうのですけど。


Re: 無題 No.3083
Y - 2021/04/30(Fri) 21:14


あの時ああしていたら。
私も全く同じ思いです。
後悔で自分を責めて責めて
ああしていたらあの子はもう少しでも長く生きていてくれたのではないかと
....尽きませんよね....
カレンさん、ここにも全く同じ思いの者がいます。
一緒に、乗り越えられるように支えあって生きていきましょう


Re: 無題 No.3084
カレン - 2021/05/03(Mon) 18:37


暖かいコメント有難うございます。

皆様からのお言葉1つ1つに癒して頂きました。

我が家にはルンの姉妹猫ティナと、15才の雄猫チロがいるのですが、
又同じ思いをする日が来るのだろうと思うと、怖くて仕方ありません。

早く前向きになってティナとチロの面倒を看なければと思うのですが、
今は出来ないので葛藤しています。

又辛くなったら書かせて下さいね。



まだ3カ月です... No.3071
Yさん 東京都 歳 - 2021/04/29(Thu) 20:40
一生懸命我慢した一日です
今日月命日のやっと3カ月です
誰もいない家で
ずっとずっと
あの日のことが思い出されて
可愛いママママとすりつくあの子の姿が見えて声が聞こえて
もう、もう....頭がおかしくなりそうなくらいに
一人で号泣しています

会いたい会いたい会いたい会いたい
異常だと感じるほどに
耐えられなくなっています

もうこれは...病院へ...行った方が良いのでしょうか.....
頭ではわかっているのに
心が、感情が、暴発したまま収まってくれません

どれだけあの子に依存して生きていたのだろう

おうちが一番が口癖だった
それはなによりもあの子と一緒にいることが
本当に幸せで心から充足していたから
あの子といることが一番満たされた人生だったから

全てすべて....いなくなって初めて気づいたことです

いつかはの心構えをしなくてはいけなかったのに
まだまだ元気と軽んじて
まさか片腎が始めから機能していなかったなんて
知っていたら、もっと腎臓への配慮をした食事を徹底したのに

ああもう何を言ってもあの子はいないんだ
自分に言い聞かせて宥めなければいけない
でも今まだとても出来ない
狂ってしまいそうなほど愛の行き場がない
どうしたら....いいんだろう.......

泣言てんこ盛りで、ごめんなさい
吐き出させて頂いて、聞いて下さって、ありがとうございます

こんなでも、また今夜も眠り、明日を迎えなくてはいけないのですね
もう...目覚めたくないと思ってしまいます.......


Yさんへ No.3072
ママ - 2021/04/29(Thu) 21:21


今日29日。
Yさんはどうしているかしら…と気にしていました。
突然の別れはあまりにもショッキングで
どうやったら立ち直れるか私には想像もできません。

ここで気持ちを共有することで少しでも癒されるなら
また書き込みして下さいね。
同じ経験をしたもの同士、遠慮なく泣き言を言い合いましょう。
いつか楽しい思い出だけを語れる日がくるまで。



Re: まだ3カ月です... No.3073
tetu - 2021/04/30(Fri) 01:24


痛いくらいわかります。
異常だなんてことないです。本当に愛し愛された相棒だったのですから。
何もしてあげられませんが、私も同じ気持ちとお伝えしたい。
波に飲み込まれそうなのですよね。飲み込まれてしまいましょう。
思いっきり泣いてしまいましょう。それしかできない事理解できますから。

病院に行って、辛い気持ちを全部吐き出しても良いと思います。
出来る事しましょう。
最後まで諦めることなく全うした生涯を、褒めてあげましょう。
この辛さ悲しさはあの子が生きた証なのですから、Yさんも頑張って乗り切り
供養してあげましょうよ。


Re: まだ3カ月です... No.3074
ももPAPA - 2021/04/30(Fri) 02:31


お気持ち 痛いほどわかります。
私も、1年7ケ月前 愛犬(チヨ)を亡くしました。
突然のことでした。
もう 心の支えでした。今もチヨ坊の匂い 表情 笑顔 しぐさなどが
浮かんできて涙してしまいます。
Yさんが心から愛しておられたワンちゃんだったから 愛おしく悲しい
んです。私も同じ気持ちです。

決してYさんだけが辛い思いをしてるんじゃないですから、Yさんの思
いがわかる人がいる ということをお伝えしたいです。 


Re: まだ3カ月です... No.3075
ラブチャ - 2021/04/30(Fri) 10:12


Yさんと全く全く同じ気持ちです。
Yさんは母犬家庭だったのでしょうか。
私はそうです。一人でいると気がどうにかなりそうになりますよね。
心臓をえぐられるような思い。思い出すたびに心臓が凍るようなザワザワ。
あの子が私の全てでした。そして今もあの子は世界一の私の宝物です。
7月1日で1年が経ちます・・・


Re: まだ3カ月です... No.3077
S - 2021/04/30(Fri) 16:35


ペットロスがきっかけとなり、メンタルクリニックなどに通院されるようになる方も多いようですが・・・、
もし、今、Yさんが、何とか睡眠が取れているならば、あえて、病院へは行かれないほうがよいのかな〜?っと、私は思います。
なぜならば、精神安定剤であったり、睡眠薬であったり、薬の力に依存してしまう可能性が高いからです。

私は、メンタルクリニックに通院したことはありませんが・・・、
主人は鬱病をきっかけに大学病院のメンタルクリニックに15年位通い続けましたが、
患者さんの数が多いため、ほんの少ししか話を聞いてもらえず、ひたすら大量のお薬を出されるだけで、
全く完治しませんでした。
今は、個人経営で、お医者さんとは別に、心理士さんにきちんと話を聞いてもらえるメンタルクリニックに替え、
双極性障害という診断結果のもとにお薬も変わり、以前よりは、良いのではないかと思っていますが、
それでも、日々の気分に波があり完治しているとは思えません。

いったん、お薬を飲み出してしまうと止めることが困難になってきてしまいます。
でも、あまりにも辛すぎるなら、じっくりお話を聞いて下さるメンタルクリニックを探されて、
深い部分までお話を聞いてもらうことは良い治療になるのかもしれませんが、
できるならば、お薬には頼らないで欲しいな〜っと思ってしまいます。
実際に、ペットロスによってメンタルクリニックに通院されていらっしゃる方がおりましたら
参考までにお話を聞かせていただけると有り難いですね。

お薬ではなく、大文字英字3文字の化粧品会社の健康食品の中に、
セントジョーンズワートなど気分をリラックスさせてくれるものがいくつかあって
口コミを参照に試されてみるのも良いかと思いますが、私自身が試したことがないので、紹介だけでスミマセン。

それから、今は無き掲示板のほうで教えて頂いた本の中に【永遠の贈り物】ローレン・マッコール著や
今は電子書籍版しかありませんが、【ありがとう。また逢えるよね。 ペットロス 心の相談室】横田晴正著があります。
私が自分で探して購入したのは
【ペットがあなたを選んだ理由 犬の気持ち・猫の言葉が聴こえる摩訶不思議】塩田妙玄著でした。
もし、御興味があれば、○○ブックスの口コミなどを参照に購入してみてもよいかもしれません。

それから、Yさんのどうにもできない日々のお辛い気持ちを、
愛猫ちゃん用のノートに綴ってみるのも、心の整理に繋がるかも?しれませんし、
こうして、このような場でお辛い気持ちを書き込むことによって、少しでもお辛さが軽減されればよいな〜っと願っております。


Re: まだ3カ月です... No.3080
りん - 2021/04/30(Fri) 20:05


初めまして

目覚めなければいい
私も同じでした

虹の橋へ行って二年になります
当時
愛犬ダックスですが
色々なもの買いました
それでも心が満たされる事なかったです

やはり
つらい気持ち吐き出して
少しずつ気持ちが楽になってきました
ネコちゃん
ワンちゃん
亡くした方達に聞いてもらい
共感してもらい
助けられました

Y様も
まだまだ
猫ちゃんの居ない部屋
音のしない部屋
お一人の時はたまらなく
寂しくて会いたくて
だと思います

今は
ずっと病気と戦い
余命宣告受け
でも頑張ってくれた愛犬にありがとうという気持ちです
私の腕の中で旅立った
病院で亡くなった子達もいるなかで
私は幸せだったと思えるようになりました

悲しい時は
泣いていいと思います
いまだに私は亡くなった子思うと
涙です
それだけ一緒に過ごしたんですもの
きっと
虹の橋で元気に走って
美味しいもの沢山食べて
お友達と遊んでいると信じています
お母さんがそこに行くまで
待っててね
ちゃんと匂いで見つけて迎えに来てねと
声をかけています

また
お話し聞かせて下さいね


Re: まだ3カ月です... No.3082
Y - 2021/04/30(Fri) 20:47


皆様本当に、本当に....
こんなに優しく労わって下さり
どう感謝の気持ちをお伝えしたら良いかわかりません
この想いを理解してくださり、お言葉を下さり
今日も、今度は嬉し涙を流せています

今はまだ
どんなに時が経とうとも
この苦しさが消えることなどあるのだろうかという思いしかありませんが
...
あの子の写真を見ることが出来るようになりたい
沢山ある動画を笑顔で懐かしんで見られるようになりたい

今は...時という薬が少しずつ効いてくれることを信じて
耐えて生きていきます

また...耐えられなくなったら吐き出させてください
聞いてやってください
どうか、また助けて下さい
本当に本当に、皆様の温かいお心に支えられます
心から....ありがとうございます


人もペットも同じです No.3068
猫友さん 北海道 歳 - 2021/04/26(Mon) 16:47
人は、魂からの警告で、自分が死ぬことを、無意識の内に、分かっているそうです、そういう風になると、今まで、やらなかったことを、やるようになったり、言わなかったことを、言うようになりますが、ペットにも、それがあります。


Re: 人もペットも同じです No.3070
S - 2021/04/28(Wed) 19:30


我が家には、同居の母がお世話をしている16歳のワン君がおりますので、
猫友さんが教えて下さったように、お別れのサインを見逃さないように注意してみますね。

猫友さんも、愛猫ちゃんとのお別れから、まだまだ日が浅いですよね。
長年の心の支えを失ってしまったようで、とってもお辛い時ですね。
できるなら、もっともっと一緒に過ごしたかったですよね。

私の従弟が、かなり高齢のおばあちゃん猫と暮らしていますが、
いつかおばあちゃん猫が旅立った時、ペットロスにならなければいいな〜っと
今から心配しております。  


無題 No.3063
ママさん 愛知県 歳 - 2021/04/25(Sun) 00:17
初めての月命日。
マロニーが亡くなった日の事は時が経つにつれ不思議と細部まで思い出され、まるで昨日の事のよう。
 
他人(ひと)はマロニーは幸せだったよ。
ママに感謝しているよ。
恨んでいるはずなんかないよ。
そう言ってくれるけど、私もその人達も最期の瞬間を見届けていないから本当の事は誰にも分からない。

今日も病院に連れて行かれるのか…と絶望したかもしれない。
キャリーバッグに入れた直後に私はバッグを置いて娘の部屋に行った。
これから病院に行く事、帰ってきたらやる事などを話した。
たったそれだけの時間だけど、その時に苦しんでいたかもしれない。
にゃーん(ママ!)って呼んでいたかもしれない。

バッグに入れてから病院までの約10分。
でもきっと出発前に亡くなっていたと思う。
どうして病院に行ったんだろう。
何の為に?

恨んでないかもしれないけど、寂しかったんじゃないかな?
抱っこしていて欲しかったよね?

毎日午前中に病院に行ってたけど、ある時午後に行ったら先生がアレ?って顔をした。
「先生、私は毎日通っているけど急に来なくなったらマロニーに何かあったと思うんでしょうね」と話したことがあった。

マロニーは担当医がいる日に、その手でエンゼルケアをしてもらった。
だから急に来なくなって安否を気遣われるような心配もなくなった。

毎日マロニーと通院した道。
今は足を怪我して松葉杖の娘の通学で病院の前を通る。
同じ道を通るのはツラい。

霊と交信できる人にマロニーの最期の様子を教えて貰おうかと思ったけど、知るのが怖い気もするし、きっと優しいことしか言わないんだろうな。

毎日が忙しく何となく過ぎていくけど、やっぱり私はまだマロニーがいない生活に慣れる事ができない。
逢いたいよ。


Re: 無題 No.3064
tetu - 2021/04/25(Sun) 15:24


一か月・・・辛い時ですね。一か月前の同じ時間の事を考えちゃいますもんね。
お気持ちお察しいたします。
私もそうですが「後悔しないで」と言われても次から次へと後悔の芽がでて
きてしまいますもんね。後悔は尽きないので。
「いつまでもメソメソしてると成仏できないよ」っていう人いますが、そんな
事ないですから。簡単に忘れちゃったら、もっと可哀そう。気が済むまで泣いて
あげましょ。「逢いたい」って言ってあげましょうね。


マロニーちゃんのママさんへ No.3065
S - 2021/04/25(Sun) 15:46


今日は、マロニーちゃんの初めての月命日とのこと・・・。
本当は、この1ヶ月間、マロニーちゃんのことだけを考えて、ずっと泣き続けていたかったことと思います。
けれど、日常生活をストップしている間はなく、娘さんの新学期も始まり、御家族の生活のリズムをいつも通りに維持していくことは、
精神的にかなりお疲れになったことでしょうね。
御家族の前では、なかなか、思いっきり泣くこともできず、
家事の最中も、ずっとマロニーちゃんのことが頭から離れなかったはずですものね。

マロニーちゃんのママさんが想像している通り、
私が紹介させていただいたスピリチュアルカウンセラーの方も御自身の動画の中でおっしゃっていましたが、
スピリチュアルガイドさんとの交信によって得た情報であっても、真実は伝えないことがあるそうです。
今は真実を伝えないほうが、その人のためになる(学びとなる)と考えた場合、
スピリチュアルガイドさんから真実を伝えることを止められるそうです。
なので、もし、霊視される方がマロニーちゃんの魂と交信ができたとしても、
ママさんが落ち込んでしまうようなことは、あえて伝えないで欲しいとマロニーちゃんに懇願されることでしょうね。

だって、生きている人間同士、家族であっても、本音ってなかなか言いづらいものですよね。
「大丈夫?痛くなかった?」って聞かれても、心配かけたくなくて「大丈夫だよ。」って返事してしまうことってありますものね。
だから、もし、マロニーちゃんのママさんがマロニーちゃんの魂とお話ができたとして、あの時に苦しかったとしても、
「あの時は、苦しくなかったよ。」って、お返事が返ってきそうですものね。
自分を心から大切にしてくれた相手を悲しませたくないのは、
人間でも猫ちゃんでも、同じ感情を持っているのではないかと思いますもの。

最期のお別れの仕方が辛い結果となってしまいましたが・・・、
マロニーちゃんの体調が崩れ始めるまでの時間の流れは、マロニーちゃんのママさんにとっても、楽しい時間だったと思います。
今は、会えない寂しさで苦しく、楽しかった思い出さえも思い出すことが辛い時期ですが、
何年後かには楽しかった思い出で微笑みがもどってくるように願っております。

マロニーちゃん、四十九日前だから、まだお空に昇っていないかな〜? それとも、もう、お空に旅立ったのかな〜?
初めての月命日の今日、マロニーちゃんの魂が安らかでありますようにとお祈りしております。

以下、余談になりますが、
私は、愛猫の死因が全くわからなかったので、その死因だけが知りたくて、電話鑑定による霊視を数人の方にお願い致しました。
何故、数人になってしまったかというと、鑑定される方によって鑑定結果が違っていたからでした。
誰の言葉を信じてよいのかわからず、途方に暮れてしまいましたが、
結局、鑑定して下さる方の霊視能力の差、視える次元の違い、繋がっている次元の相手の性格や能力など、
かなり差があることに気付かされました。
なので、霊視結果は参考にしつつも、最終的な心の落し所は、自分自身で決めるしかないと思ったのが本音でした。


Re: 無題 No.3066
Y - 2021/04/25(Sun) 19:57


私も、あの子は幸せだったのだからと
病が発症して、ずるずると闘病生活が続いていたら
辛い思いだけを重ねさせてしまったのだから
苦しむ期間が短くして逝けて良かったのだと言われました。
また、もしあの子を置いて自分に何かあって残してしまうよりも
看取れたことがどれだけ良かったかと
.....頭では十二分にわかっています
あの子にしたら
長の闘病で苦しむよりもと....

でも、どうしても私の心が、あの子がいないことを受け入れられない
ただただそれだけなのです
苦しませて延命のほうが良かったのか?と
勿論そんなこと思いません
でもでもでもでも余りに急過ぎて
心だけが置き去りなのです

ママさんもたった一カ月...
私も29日でやっと3カ月です
お気持ち、重なりまくっています
毎日毎晩どう頑張っても涙を止められない日々です
辛すぎて、どうやって一日乗り越えているのかも自分でわからない感じです
それでも...時は過ぎていきますね......


Re: 無題 No.3067
ママ - 2021/04/26(Mon) 12:11


皆さんからメッセージを頂けて本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

同じ経験を、同じように受け止めている方の共感がとても心強いです。

夫はマロニーを失った心の隙間を埋めるには新しい猫を受け入れるのが一番だと言います。
私も猫の癒しの力を借りたくて愛護センターを覗いたり、近所の保護猫カフェに行ったり野良猫に話しかけたりしました。

カフェのオーナーさんも私の状況を知って、子猫を保護したから20日に見においでと誘って下さりまし
20日はマロニーの誕生日。
(公園出身なので私たちがその日と決めただけですが)
何か運命を感じて出向き、可愛い子猫が私の指をチューチュー吸って身体によじ登って元気に鳴いていたけれど、まだ我家の子として迎える気持ちにはなれずにお断りしてきました。

猫は毛皮を着替えて生まれ変わるから見つけてあげてと言われたけど、私にちゃんと分かるかな?

今更だけどマロニーの病気は治らないと言われた時、私は怖くて余命を聞くことができませんでした。
毎日病院に通っていたけど、私が前日のお水の量、食事の量や内容、トイレの回数やオシッコの色、マロニーの様子を報告して質問するばかりで先生からは日々の病状を聞く事はありませんでした。
亡くなった日も、病院に着いた時の様子も聞きませんでした。
あの時は泣いてしまって、もう今さら何を聞いても取り返せないと思ったし、頭がちっとも働かなかった。

マロニーの病状として1ヶ月は長かったのか、短かったのか?

本当に私は弱虫です。
余命を聞いて、病状を聞いていたらもっと違う最期があったかもしれない?
 
まだまだ後悔の日々が続きそうです。


マロニーちゃんのママさんへ No.3069
S - 2021/04/28(Wed) 18:57


誰だって、余命を聞くことは怖いですものね。 
お医者さんから治らないと言われた時は、それだけで、かなりのショックを受けられたことと思います。
それなのに、泣きたい気持ちをこらえながら、毎日、動物病院に通い続けたマロニーちゃんのママさんは
最期の最期まで、本当によく頑張られたと思います。立派だったと思います。

もしあの日、午前中に用事があって病院に連れて行けずとも、おそらくマロニーちゃんの命は尽きていたのだと思いますし、
そうしたお別れの仕方だった場合「もし午前中に病院に連れて行っていたのなら、まだ命があったのかもしれない。」っという
後悔になってしまいますものね。
だから、結果として、ママさんができる最善のことをやってあげられたのだと私は思います。

マロニーちゃんも、そんなママさんの気持ちに応えたくて、残された命を、1ヶ月間、懸命に生き抜いたのだと思います。

以前にも記したかもしれないので恐縮ですが・・・、私は、この夏、愛猫とのお別れから3年という月日が経つにもかかわらず、
心の底から別の猫ちゃんを迎え入れたいという気持ちには、まだなっておりません。
ただ、鬱的症状のある主人にとっては、心の治療のために別の猫ちゃんを迎え入れたほうが良いということと、
世の中には新しい家族との出会いを待っている保護猫ちゃんや保護犬ちゃん達がたくさんいるという現実を踏まえて
私も一歩を踏み出さなければいけないと思っております。
私の本音の本音は、突然旅立ってしまったあの子のことだけで私の心は満たされておりますので、
他の猫ちゃんのことを考えることは、むしろ辛く感じてしまうという次第です。

なので、いくら可愛い仔猫ちゃんであっても、まだ迎える気持ちになれなかった、
そのお気持ち、とてもよく分かる気が致します。
我が子の変わりは、どこにも存在しないですものね。
でもまたいつか、自然の流れの中で、お互いに良い出会いがあるといいですね。


モコへ No.3045
tetuさん 東京都 57歳 - 2021/04/20(Tue) 21:48
さざ波がザワザワと・・・。
11回目の月命日が目前だからでしょうか。
この11回目の月命日が過ぎると、次回は一周忌。
昨年の5月は、辛い辛い月日でした。「ヤバい!」と
入院してからの毎日が思い起こされます。
あの時の心配な気持ち・・・。居てもたってもいられずに
病院の前のベンチに座り、「モコ!頑張れ!お父さんここ
にいるんだよ!」ってテレパシーをおくり続けた日々が、
嫌でも思いださせられるでしょう。
この道をまっすぐ進むとモコが居る・・・私の迎えを今か
今かと待ってくれていると思うと自然に足がそっちへ向か
い、足の裏にマメがいっぱいできたっけ。
君に会いたい!


Re: モコへ No.3046
S - 2021/04/21(Wed) 16:15


tetuさんと親しく会話させていただくようになったのは、別の掲示板の終了間際のことでしたので、
実は、モコちゃんが旅立たれた経緯について、詳しいことは何も理解していない私です。
この掲示板を2020年の5月まで遡れば、きっと、tetuさんの投稿を拝見することが可能なのだと思いますが・・・、
来月で、一周忌を迎えられるとのことなので、あらためて、少し、お伺いしてもよろしいでしょうか・・・?

モコちゃんとの出会いは? 可愛いお名前は、誰が名付けたのですか? 
モコちゃんはどんなふうに体調を崩されて入院されることになったのですか?
もし、お話されることが辛すぎたら、この投稿はスルーしていただいて構いませんので。
何も経緯を知らずに、モコちゃんの一周忌への想いに寄り添うことも、かえって失礼な事かと思いましたので、
お伺いしてみました。 


Re: モコへ No.3047
tetu - 2021/04/21(Wed) 18:30


鳥が好きだった私は犬を飼うなんて概念はありませんでした。
朝の情報番組で妻が可愛いワンコを見ながら「犬飼おうか」って
言い出したのがきっかけで、妻の気持ちが変わる前にと、その日のうちに
ペットショップへ。思いっきり可愛いポメの子と巡り合い、即決!
家に戻ってリビングを大掃除してゲージが置けるようにしてからすぐに
迎えに行きました。モッコモコだったので「モコちゃん」。私がつけました。
丁度、迎えに行ったときに近所に住む次男坊の同級生一家が、契約していて
「買っちゃったの!」って互いにメロメロでした。その方はコーギーでした。
偶然、同じ日に同じペットショップでワンコを迎えた同士、家族ぐるみで
お付き合いするようになり、初めての遠出も群馬にキャンプに一緒に行きました。

モコとコロ(コーギーちゃん)もしょっちゅうお散歩で会う仲でした。

「こいつが居なくなったら、俺、どうなっちゃうんだろう」と互いに散歩で
会うと言い合ったものです。互いに相手のワンコが元気だとうちもまだまだ大丈夫と安心してたんですけど。

10歳を超えた頃から定期健診で血液検査をするたびに、薬が増え始め、最後の
方は毎月3万円近くかかってました。「高いなあ」って思ってました。

コロちゃんとも同じ病院で時々会ってましたが、互いに元気に見えてましたが
同じくらいお金がかかっていたみたいで「高いよね」なんてよく話してました。
血液検査の結果は次第に悪くなるのですが、8種類もの薬を飲むのを嫌がり、
どんな手を使っても薬だけ出すようになり、でも元気で食欲があったものです
から、なんとなく大丈夫なのだろうなんて思ってました。去年の今頃から
おしっこの回数が多くなり、病院に連れて行ったのでっすが「血液検査の結果
は今までとかわらい」といわれ安心して帰ってきたのですが、翌日、食べたもの
全部吐いてしまい、水を飲んでも吐いてしまうように・・・。すぐに病院に
連れて行くと昨日の検査結果の数倍わるくなっており、このままだと1日2日
の命と言われ、即入院となったのです。
それからは毎日心配で心配で・・・。「今日は食べましたか?」と電話して
がっかり・・・昼に見舞いに行ってまたがっかり、夕方のお見舞で更にがっ
かりの連続でした。点滴だけで生きてたのです。
毎晩、夜中に病院の前のベンチに座って祈ってました。
それ、ばれてたみたいである日の夜中、丁度忘れ物を取りにきた看護師さんが
私の性を言いながら「〇〇さん、よかったら会っていかれますか?」なんて
中に入れてくれたこともあったんですよ。
でも金曜日の夜に週末一旦帰りましょう、と退院させてくれたのです。
「食毛はあるので、なんでもよいので口から食べさせて」と。
もーう、渾身の力を込めてモコが大好物だったものを作りましたよ。
手羽のロースト、豚軟骨の柔らか煮・・・4時間以上煮込んで。
帰ってきて大はしゃぎするモコ。私の後をずっとついて歩いてました。
大好物の軟骨を出すと、大喜びで来るのですが、匂いをかぐだけで、横を
向きます。がっかりしてその晩は寝たのですが、翌朝は旨そうに食べて
くれたんです!少しでしたが。「これで大丈夫、持ち直すかも!」と思っ
たのですが、その後14:40・・・天国に旅立ちました。。
自分で歩いてハウスに入り、ハウスから私の事をずっと見てたのですが
急にそっくり返るようになって・・・慌てて抱き上げたのですが、モコの
身体はフニャフニャで・・・。「モコ!モコ!」って何度も声をかけたの
ですが、3回ほど胸の中で痙攣をしたのがわかりました。目が開いてたので
亡くなってると思えなかったのですが、何の反応もなく、確認するのが怖く
て30分くらいそのまま抱いてました。
コロちゃん家族がお花を持ってきてくれましたが、ボロボロに泣いてる姿を
みられたくなく、2階に隠れてましたが挨拶しないわけにいかず、結局ボロボロの泣き顔見られてしまいました。
その後もしばらくモコ散歩は続けていたのですが、コロちゃんに会うと、先方
さんが気を使ってすーっと気が付かぬふりして逃げていくのが分かりました。
なので最近はモコ散歩はあまり行ってません。どうしても波が来ると、たまに
出てしまいますが。
金曜の夜に退院して、土曜に亡くなり、日曜に火葬したのですが、翌日の月曜
が燃えるゴミの日、気が付いたらモコのオシッコシートが残っていて・・・。
身体が無くなってしまったのに、モコのオシッコが残っていて、クンクンと
匂いを嗅いで泣いてしまった。

当時、書き込みながらポタポタと涙流してましたが久々にPCの上や床に涙が
が落ちました。
思い出すと泣いちゃいます。
15歳、今思うとしょうがないかって思えるのですが。薬をきちっと飲ませられ
なかったり、おしっこの回数が増えたと思った時点でなんとかする方法があったのではと、後悔に後悔を重ねてました。

月曜に再びモコを入院させる予定で予約を入れてあったので、菓子折りだけ
を持っていき、受診したのですが、私が一人で入っていくなり先生が「あれ
モコちゃんは?」と。ご挨拶する途中で看護師さんが部屋を出ていき、戻って
来たときは目を赤くされてました。我慢してたのにもらい泣きしちゃいました。動物が好きなんですね、彼等。こんな事、日常茶飯事だろうに・・・
でも有り難かった。



Re: モコへ No.3048
Y - 2021/04/21(Wed) 20:45


モコちゃんとのお話し、お聞かせくださってありがとうございます
本当に、私とあの子の繋がりと重なりまくり
私も...キーボードに沁みたら壊れちゃうかと思う程
号泣してしまっています。
私も29日で3カ月....全然、あの日から変わりなくの虚無感で
霧の中を漂っているような....毎日が砂のように流れています
朝、いつも私が起きるまで、なんとしても待っていたあの子
目を開ければ覗いて『まま起きた!』
それがないことが怖くて、あの日から一度もベッドで寝ていません

時が....癒してくれるのでしょうか....
でも、涙が零れることが少なくなっていったら
それもまたあの子への想いが薄まっていっているのかと
自分を責めてしまいそうです

会いたい、会いたい、抱きしめたい、
ままって目を細めて寄り添って
お膝に乗るってわがまま言って欲しい

ごめんなさい
tetuさんのところで、また吐き出させてしまいました
モコちゃん、早く転生してパパのところへ帰っておいでね
私も毎日、一日でも早く戻っておいでと懇願しています。



tetuさんへ No.3049
S - 2021/04/21(Wed) 21:10


お仕事でお疲れのところ、たくさんのお話を聞かせて下さってありがとうございました。
私がお聞きしたかったこと以上に、御丁寧にお伝え下さって恐縮しております。

やはり、1年前のこと、思い出させてしまいましたね・・・。
tetuさんの涙でパソコンや床を汚してしまったこと・・・、夕食前にtetuさんの目を腫らしてしまったこと・・・、ごめんなさいね。
奥様が心配されたかもしれませんね。

tetuさんにとって、モコちゃんの存在が、どれ程大切な存在であったのかが、とてもよくわかりました。
まさしく、もう一人の娘さんを突然失ってしまったような心の痛みが、ずっと続いていらっしゃるのですね・・・。

モコちゃんの異常に気付かれて、きちんと血液検査もされていらっしゃるにもかかわらず、
血液検査の結果というのは、あっという間に変わってしまうものなのだということを知り、驚きました。

入院中だったモコちゃん、何とか一時帰宅でき、さらに手作りの御馳走を食べさせてあげられることができたことは幸いでしたが、
そんなに突然急変してしまっては、心の準備をする間もなかったことと思います。
入院中からの時間の経過も含め、とてもお辛い時間を過ごされたのですね。

私も愛猫とのお別れから1年目の季節(夏)がやってくるのが、とても嫌でした。心がざわつきました。
tetuさんにとっては、春の訪れから初夏にかけてのこの季節が切ない季節となってしまったのですね。

モコちゃんの命日には「モコちゃんがお空で安らかに楽しく過ごせていますように」っと、私も手を合わさせていただきますね。


Yさんへ No.3050
S - 2021/04/21(Wed) 22:14


よかったです、また、お気持ちを吐き出していただいて。
実は私も、愛猫とのお別れから、まともな睡眠がとれなくなってしまい、居間のソファーで朝まで過ごしてしまう日々でした。
しかも、真っ暗にしてしまうと、愛猫のことしか考えられなくなってしまうので、TVをつけたまま自然に眠りにつけるのを待つ日々でした。

愛猫がいた時は、私が夕食の洗い物をしていると、台所にやって来て「ママ、早く寝ようよ〜。」って、
愛猫がコックリコックリしながら鳴くもので、私も急いで片付けてベッドに行き、そのままバタンキューの状態でしたのに・・・。

お別れから3ヶ月は、まだまだ辛すぎます。涙も毎日溢れ出てこられることと思います。
それでいいのだと思いますし、それが普通なのだと思います。こんなに辛いこと、経験してみなければわからないですものね。

私は今年の7月が来てお別れから3年になりますが、
最近はイヤホンでスマホのYouTubeの動画の音を聴きながら寝付けるようになりました。
本当は、以前のように無音の中で寝付けるといいんですけどね・・・。

とにかく、心が疲れていらっしゃると思います。目に見えない心の修復は難しいですよね。
時間はかかると思いますが、いつかまた、ベッドで寝られるようになるといいですね。

そういえば、今は無き掲示板の中で、愛猫と寝ていた2階で寝ることができなくなり、1階で寝ているという方もいらっしゃいました。
睡眠に障害が出てしまわれる方も多いようです。それだけ、辛い悲しみだということですよね。 


ありがとうございます No.3051
tetu - 2021/04/22(Thu) 09:22


ご両名様、私のつたない話し、また感情にまかせ一気に書いてしまった
ため乱文で読みづらかったとおもいますが、読んでいただき、暖かい
メッセージまでいただき、本当にありがとうございました。
モコとお別れして早くも明日で11か月。よくもまあ、彼女と会わずに
1か月も我慢が出来ていると我ながらに感心する毎日です。
彼女が私と同じように、11か月も会わない状況で、今会えたとしたら
彼女はいったいどんな反応をすることでしょう?私の方はそんな彼女を
見て抱き上げて号泣間違いなしです。「もう勘弁してよ」って困惑する
仕草まで想像できちゃいます。
会いたいですよねえ・・・本当に・・・。


Re: モコへ No.3052
S - 2021/04/22(Thu) 14:01


実際に対面できたら、モコちゃんは、ちぎれてしまうのではないかと思うほど尻尾を振って、tetuさんに飛びついてくることでしょうね〜。
ワンちゃんも猫ちゃんも、それぞれの表現方法で「会いたかった〜、大好き〜」という気持ちをちゃんと表現してくれますものね。


Re: モコへ No.3055
Y - 2021/04/22(Thu) 20:10


tetuさん
私も、私もです。
たった3カ月かもしれませんが
3カ月もあの子のいない部屋で
よく生きていられていると....
涙で体はカラカラに乾いて枯れているのに
それでもなお涙は枯れない....

Sさん
全く同じです
毎晩、ママ寝よう寝ようと呼ばれ続け
夜更かしなど出来ませんでした
あの、全身で大喜びを表して
まるで私にはスキップしながらのように見えるほど
ベッドへ私がついてくるのを振り返りつつ見つつ走っていくあの子の姿

会いたいです。夢でもいい。幽霊でもいい。
会いたい。
会いたい。
会いたい。
どれだけ祈ったら転生して帰ってきてくれるでしょうか


Yさんへ No.3058
S - 2021/04/23(Fri) 22:02


魂だけの存在になったとしても、その姿を目で確認することができたなら、心で会話することができたなら、
どれほど嬉しいことなのなのだろうかっと、考えてしまいますよね。
YouTubeの中に、現実主義スピリチュアルカウンセラーのKIKOさんが【霊視で○○○○と会話してみました】
っという最近の動画があり、KIKOさんは、亡くなってしまったワンちゃんや猫ちゃんの気持ちもわかるそうで、
御自分のペットのワンちゃんの気持ちも生前からリーリングしていたので、亡くなった時もあまり悲しくなかったそうです。
約16分の動画の14分位から、そのことが語られています。
なので、KIKOさんの感覚では、肉体という乗り物は無くなっても、魂は生きているということになりますので、
きっと、Yさんの愛猫ちゃんの魂もいつもYさんのことを見守ってくれていて、目には見えなくてもYさんと会っているのでしょうね。

そして、次回はどんな生涯を過ごしてみたいか、どんな経験をしてみたいか、大体の指針が決まったら転生して、
また次の経験を積む旅に出発するのでしょうね。

幼くして亡くなった純粋な子供の魂は、この世への未練も少ない分、早く浄化して、
その分、生まれ変わってくるスピードが早いとお聞きしたことがありますが、
Yさんの愛猫ちゃんは、15年という歳月を通じてYさんに愛され、心は十分に満足しての旅立ちだったと思いますので
そのぶん次の旅のプランの熟考には、それなりの時間を要するのではないかと、私が勝手に想像しております。

またいつか、目に見える世界で魂が再会できる日を願っております。


Re: モコへ No.3062
tetu - 2021/04/24(Sat) 22:55


「赤い首輪」って曲に、「またいつか、必ず家族になろうね」
って歌詞があって、今でもそこの節で熱いものがこみ上げてきます。
もう一つ、「また明日、会う為の、今日のサヨナラ」ってとこも。


モコへ No.3057
tetuさん 東京都 57歳 - 2021/04/23(Fri) 06:38
11回目の月命日だね、あれから11か月。来月は一周忌だって・・・。
君と過ごした15年よりも、君とお別れしてからの1年が長い様です。
君と会えない絶望感の波が・・・ごめんね、心配するよね。
君に会いたい。本当だよ!何年経っても君の事は忘れないからね。


Re: モコへ No.3059
S - 2021/04/23(Fri) 22:12


時間の流れの感覚って、時々よくわからなくなりますよね。
信号待ちの2分はとても長く感じるのに、何か楽しいことに夢中になっている時の2時間は、
あっという間に感じますものね。

きっと、モコちゃんと共に過ごされた15年は、とっても楽しい時間だったからこそ、あっという間に感じられ
この11ヶ月の重い足取りでの歩みのほうが、とても長いものに感じられるのでしょうね。
時間だけが過ぎても、気持ちは思うように前に進まず、あの日に置き去りされているような感覚になりますものね。


Re: モコへ No.3060
Y - 2021/04/24(Sat) 20:38


私も、この3カ月の異様なほどの長さに
唖然としています。
一日に
どれだけあの子に話しかけていたことか
今...無言ばかりの日々が
途方もなく長く長く
尽きることのない時間が恨めしくなります

生きることがこんなに辛いなんて
...多種族の生き物と暮らしたことのない友人知人たちには
到底理解できないことなのでしょう
ココでしか本音を吐き出せない
でもこうして分かち合える方々がいる今
日々を乗り越えていけていると思います
tetuさん、Sさん、私もいつかあの子が帰ってきてくれることを信じて
頑張ります


Re: モコへ No.3061
tetu - 2021/04/24(Sat) 21:53


モコの最後は凛としていました。
キュンの一声もあげずに黙って逝きました。
まるで、生きる者は最後にこのように逝くのだと教えてくれた様。
立派でしたよ。
見習わないと。天寿を全うして最後まで諦めずに、愛する者を見守り
ながら、最後まで弱音を吐かず。
モコのお蔭で死ぬことが怖くなくなりました。私が天寿を全うした時
家族は言うでしょう、「お父さんモコの所に行ったんだね」って。
最高の相棒です。


23日愛犬を失いました No.1436
もーもさん 北海道 歳 - 2020/07/25(Sat) 19:22
7月23日愛犬を見取りました

当方動物病院勤務、愛犬は他院にて治療していました。
愛する家族を失う事は悲しい当たり前と思い頂いた休みを泣きながらたまに我に帰り過ごしております。

やはり寂しい。元人間の福祉の仕事をしていました、現在動物病院勤務
沢山の死をみてきましたが我が子となると違いますね

ひたすら泣き怒り落ち着きを繰り返すのみ
余った時間をどう使おうか…


Re: 23日愛犬を失いました No.2326
狂気爛漫 - 2020/12/07(Mon) 22:24




ここのみんながいるし、ひとりではないので大丈夫です。


Re: 23日愛犬を失いました No.3054
おにぎり - 2021/04/22(Thu) 19:44


動物病院の実状、知りたいです。


悲しみ、疲労、混乱 No.2136
rmeさん 東京都 歳 - 2020/10/27(Tue) 21:36
愛犬の死が目前に迫っています、仕事を休むことは非常識でしょうか? ※ペットの飼育・離別経験のある方からの回答をお願いします。 ※至急の回答を希望しています。 ※心身共に疲弊していま す、厳しいご意見や心ない発言はご遠慮ください。 15年以上連れ添い、可愛がってきた愛犬がいつ亡くなるかわからない状態です。 大腸、そしておそらく脳にも癌が転移しており、今朝からは痛み止めと睡眠薬の点滴が始まりました。 これまで出来る限りの治療を施しましたが、愛犬の苦痛がひどく、安楽死に近い対応です。終日眠り続けるため、いつ亡くなってもおかしくないと獣医師からは言われました。 悲しみで胸が張り裂けそうです。身体も、連日の介護疲れで体調が良くありません。食事も睡眠もあまりとれていません。。 明日、明後日と仕事にでた後はもともと取っていた連休が何日かあるのですが、 明日、明後日の2日間、とても仕事にいける気持ちになれません。。。 最後を看取りたい気持ちが1番ですが、とてもじゃないですが仕事に集中できる状態ではありません。。。 悩んだのですが、結局とりあえず明日1日は休ませて欲しい旨、職場に連絡してしまいました。 家族の体調不良を理由にしてしまいました。。しかも場合によっては明後日も休むかもしれない、とも言ってしまいました。 嘘をついた罪悪感はもちろんあります、でもやっぱり愛犬の側にいてあげたかったんです。。 両親からは叱られてしまいました。。 やっぱり私は間違っているのでしょうか?働きに行くべきだったと思いますか? 悲しみ、疲労、混乱で乱文になってしまいました。。。 申し訳ありません。 ご意見お願いします。


Re: 悲しみ、疲労、混乱 No.2143
ゆりゆり - 2020/10/27(Tue) 23:29


心中、お察し致します。
先月、23年間、幼い頃からずっとずっと一緒に成長して、姉妹のように育ってきた最愛の愛猫を亡くしました。
わたしもその子が亡くなることをなんとなく察知し、丸一週間(月~金)お休みをもらいました。元々土日が休みなので、かなりの連休をいただきました。
お休みの期間は、病院に連れて行ったり、そばに寄り添ったりし、最後は腕の中で看取りました。そして、お休み期間中に葬儀と火葬も行い、ほんの少しですが、落ち着きを取り戻して仕事に復帰しました。
動物だって家族以外の何者でもありません。家族の体調不良に間違いはないため、わたしは「家族の体調不良です」と伝えて休みをもらいました。
有休は職場に理由を言う必要がないですし、私用です、とかでも何一つ問題はありません。
会社に迷惑をかけるなんて社会人として失格、と言う人もいるかもしれませんが、そんなことを言う人の方がどうかしてると思います。こんな言い方するのもあれですが、たった1人が数日抜けたくらいで、会社、社会はどうってことありません。
職場にはとてもご迷惑をおかけしたとは思いますが、休みをもらって、最後の時間を一緒に過ごすことができて、本当に良かったと思っています。
社会でのあなたの代わりは見つかりますが、家族の代わりはいません。
誰に何と言われようと、ワンちゃんのそばにいてあげて下さい。
ワンちゃんもきっと、大好きな家族の温もりの中で、旅立ちたいと思っているはずです。
少しでも、ご飯食べて、睡眠とって下さいね。


Re: 悲しみ、疲労、混乱 No.2145
tetu - 2020/10/28(Wed) 09:33


昔よりかなり、ペットロスという言葉も知られてきてはいますが、
まだまだ、会社を休むとか、友達との約束をペット(ごめんなさい
嫌いな方もいる表現ですが)を理由にキャンセルするとか、理解が
いただけないですよね。たかが動物でしょ!って声を想像してしま
うから。人と動物とどっちを優先?って。
人の価値観ってそれぞれですし、そうした家族との生活をした事の
ない人には理解できないことです。
会社を休んでよいですよ。嘘ついて。嘘つくのは心苦しいですが、
それで波風がたたないのなら、方法の一つじゃないですか。
風邪ひいて休んだり、今ではインフルやコロナなどでは会社休んで、
当たり前です。計画的な有給休暇でも旅行や楽しみの為に、優先順位
を仕事以上に設定して休むことには変わりないですもん。
私の愛犬は15歳でこの5月に亡くなりました。亡くなる1週間前か
ら、もう居ても立ってもいられませんでした。死んじゃう・死んじゃう
って。日中も夜間も無意味に病院の前に行ってベンチに座って、「モコ
!お父さんここにいるんだよ!頑張れ!頑張れ!」って。
家に居ても何も手につかずタバコばっかり吸ってました。あの頃、タバコ
の本数、尋常ではなかったですよ。
あくまでも一個人の意見ではありますが、嘘ついて会社休みましょう。
波風立たてる必要なんてないから。病気でいきなり休むことなんて誰に
でもあることです。
気になるなら、後で、「実は・・・・」って正直に言っても良いと思う。
嘘ついたことを謝っても休んだことは誤る必要ないと思います。


無断転載です。 No.2158
名無し - 2020/10/31(Sat) 22:15


これ、Yahoo知恵袋からの無断転載ですよ。
なんて不謹慎な事をするのでしょうか?
真剣に返信してくれた人、知恵袋に投稿した方に対して大変失礼な行為です。
ここはペットロスを経験した人たちの癒しの場所です。
荒らしはやめて下さい。


: 悲しみ、疲労、混乱 No.2301
- 2020/12/05(Sat) 16:54




自覚がないどころか「当然のことをした」と思っているかもしれない。


皆様へ No.1819
hopeさん 愛知県 歳 - 2020/10/01(Thu) 19:45
人の葬儀屋さんのコラムでたしか読んだことが、あったような…
「どう生きるかで、死に方が決まる」
だったでしょうか

動物にも通じるものがあるのではないでしょうか?


皆様へ No.2305
礼子 - 2020/12/05(Sat) 21:38




私も動物にも通じるものがあると思います

全ての命は同じですからね

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社