変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

死にたいくらい辛い No.694
シンさん 群馬県 歳 - 2019/03/09(Sat) 16:03
死んだ訳も分からないまま愛猫が死んでしまいました。子猫の時からずっと一緒で頭も良くて人見知りをしない可愛い猫でした。このままゆっくり寿命が来るまで一緒に過ごすんだろうなと思っていたら突然、こんなことが起きてしまい心が追いつきません。ひたすら泣いても心の穴は埋まらないし、お気に入りの玩具などもまだまだ家にたくさん残っています。ひょっとしたらまた窓から鳴き声がして帰ってきてくれるのではないかと思ってしまうくらいに現実を見れていません。死んでしまった悲しみと死んでしまった原因を作った自分を含む家族全員への怒りでどうにかなってしまいそうです。あの夜に外なんかに出さなければこんなことにはならなかったはずなのにそうしなかった後悔をずっとこれからも続けていくんだろうなと思います。こんな形で別れるくらいなら一緒にいたくなかったと思ってしまうほど辛く立ち直れる自信がありません。もう餌をねだる声も足にすり寄ってくれることも一緒に寝てくれることもないんです。これからどうしたらいいんでしょうか。


Re: 死にたいくらい辛い No.699
モグ兄 - 2019/03/17(Sun) 23:04


 シンさん わたしもどう生きたらよいのかわからず苦悩していましたが、悲しみそのものはなくなりませんでしたが、苦しいのは途中から薄らいでいきました。悲しみの正体は突き詰めれば、その猫を愛していたあかしなので、それがなくなってしまうことはもっと悲しいことのような気がしました。なので、あの子がいない悲しさとは共存しています。いまでも夢には出てきます。
 シンさん、猫ちゃんは絶対にシンさんに感謝でいっぱいだと思います。シンさんも猫ちゃんに感謝して、楽しかったこといっぱい思い出してあげてください。それでも悲しいですけれどね。


Re: 死にたいくらい辛い No.700
うさこ - 2019/03/18(Mon) 00:19


シンさん、もぐ兄さんのお言葉に共感し、涙が出ます。わたしも苦しいです。自分の心の余裕のなさで、遊びの時間を短縮したこと、ストレスを与えてしまったこと、悔やんで悔やんでいたたまれなくなります。愛していた証し。そうですよね(;_;)だからこそ、苦しみ、悲しみ、寂しさが消えません。なくなってから時間が過ぎるほど、とてつもない苦しみが和らぎますが、時間が経つにつれ、後悔や悲しみが深くなります。自分のせいだという思いが消えません。


ごめんね No.698
aa aさん 三重県 歳 - 2019/03/16(Sat) 23:33
私のせいでベランダの隙間からでてしまった、私の不注意
死のうとしたけど結局退院して一年がたちあなたと過ごしたこの部屋から引っ越すことになった
現実を受け入れたくなくて目を背け続けた一年
段ボールにいれるために再び向き合った
ごめんなさい


マリンへ No.697
m&mさん 福岡県 歳 - 2019/03/15(Fri) 03:33
マリン、今日も頭の中はマリンでいっぱい。涙が溢れて止まらないよ。いつもそばにいてくれたマリンがいないのは本当に辛くて苦しい。前向きに頑張らなきゃと思うけど、まだまだ無理みたい。こんなに愛おしいマリンがそばにいないから・・・でもね、マリンが病気から解放されて苦しくなく幸せであればそれが一番いいなって思うよ。いつかは、納骨しなきゃって思うけど、もう少しそばにいてね。


愛犬マリンへ No.696
m&mさん 福岡県 歳 - 2019/03/13(Wed) 19:52
マリン、お空で楽しく幸せに暮らしてる?マリンが虹の橋のたもとに行ってから1カ月ちょっと過ぎたけど、寂しくて会いたくてどうしようもなく涙が出てくるよ。出かけても、ここ一緒に来たなとかご飯食べてる時もマリンがいたら前足でちょんちょんとおねだりしてたなとか色々思い出して胸が苦しくなるよ・・・ただただ会いたい。いつかそっちに行ったときまた、必ず一緒に暮らそうね。マリン、愛してるよ♡


2019.3.11に永眠 No.695
さん 宮城県仙台市 38歳 - 2019/03/11(Mon) 08:36
9年前ペットショップでいつまでも売れず、8ヶ月になった時にあまりに不憫で引き取ったテンちゃん。その翌年、震災発生、全壊のマンションから見つけ出すのに3日かかったね。そこからは平穏で穏やかな日々を過ごし、私は離婚や、婚約者からの一方的な婚約破棄など紆余曲折があったけど、オカマのテンちゃんでいいかって寂しくはなかったんだよ。最近のあなたのマイブームAmazonの段ボールの切れっ端でボール遊びをするゲームが突然終わりを今日、さっき迎えることには夢にも思っていませんでした。今でも現実感がありません。3日前の嘔吐の繰り返しと倦怠感、オシッコはする素振りも見せない。翌日、獣医から急性腎不全、8割機能を失っている。治療不可 今心臓が止まってもおかしくない、覚悟をの知らせから夢が今も続いてる気がしています。
尿毒症からの痙攣がまるで陣痛のように定期的に、感覚がどんどん短くなる姿、シリンジで入れた水よりも多い量の胃液の嘔吐。消費カロリーを減らしたいから冷たい場所にフラついてでも行くけど、撫でろの催促の声。出会いから今日までのお互いの黒歴史や楽しかったことを話している途中で逝ってしまったね。ごめんだけど、冷静に目が開かないように輪ゴムで顔を少し固定させてもらうね、口からアンモニア臭強いからガーゼ入れさせてもらうね。少しでも長く痛いから保冷剤で頭とお腹を冷やさせてもらうね。
独り身だからさ、嗚咽を上げながら泣くのは多分、この部屋に君が居なくなってからだと思う。
不安にさせちゃ飼い主としてダメかなって強がりだな、これだから女性にはうまくいかない懲りない奴って笑ってくれよ。元男の子なんだから少しは私の気持ちわかるでしょうに。

君と過ごせた9年間は素晴らしい日常でした。私の責任で一緒に過ごすことを決め、私の責任の中で最期を語りながら終えたことは本当に誉れと思っています。

君が部屋から居なくなってから、何故異変に気付けなかったのか、予兆のサインなどネットなどで読み漁り自責の念に押し潰す罰ゲームをするので安心して欲しい。

今は体はまだ目の前にあるけど空、天から見ててな。そのためにテンって名前を付けたのだから。

そろそろ葬儀屋の営業時間か、まだまだやることあるから待っててな。


寂しい、寒い、辛い No.692
ネネさん 神奈川県 歳 - 2019/03/04(Mon) 10:55
3月1日に16歳10か月の愛猫が腎臓病の為この世から去りました。
去年7月に弟がたまたま実家に帰ったらグッタリしている愛猫の姿を見つけて、それ以降単に夏バテだろうと思っていましたが、様子がおかしいため病院に連れて行ったら腎臓病、余命は今年の夏までもつかどうかと診断されました。
それから仕事をしていた私は辞めて看病していました。一時期は危なかった愛猫も去年8月中旬以降から12月中旬までは元気になり、これは来年夏以降も生きてくれると思いきや、去年の年末近くからご飯の量が減っていき今年の2月中旬からご飯を一切食べなくなりました。12月中旬以降から点滴による栄養補給いわゆる延命措置で通院しておりましたがご飯食べなくなって先は短いのが分かったので通院もやめて自然に任せることにしました。
そして3月1日水も飲まなくなり吐きそうで吐けないようで苦しそうにしておりましたが、その日の夜落ち着いたと思いきや眠るように息を引き取りました。

最期の最期で眠るように息を引き取ったので苦しまなかったのかなと思うとこれで良かったのかな・・・と思いますが、やはり通院は続けるべきじゃなかったのかと後悔してしまいます。

愛猫が亡くなった日から泣いてばかりです。
もう寂しくて辛いです。そして寒いです。
やる気もなく・・・このままではいけないので愛猫の代わりじゃないけど新しい猫を迎え入れたい気持ちを持ってしまいます。
こんな私は薄情者でしょうか。
ですが母がもう猫を看取るのは辛くて嫌だと言っています・・・。
この寂しさ、辛さはどうすれば埋まるのでしょうか。
生きる糧を失ってしまった私はこの先どうすればいいんでしょうか。


Re: 寂しい、寒い、辛い No.693
モグ兄 - 2019/03/07(Thu) 00:45


 ネネさん、がんばった立派な猫ちゃんを看取ったのですね。
うちの猫も今から4年前腎臓病で、こちらが気づいて病院に行ったときには、もう手遅れで、生理食塩水の点滴と栄養剤の注射くらいしかできなかったです。それでも日一日と痩せて行く子を最期まで面倒見ようと決めて、途中からは《病院も嫌がるので点滴キッド受け取り、やり方を教えてもらって)家で点滴もしました。しかし、3か月後、最後は冬の寒い日に天に上りました。もっと早く気付いてやれればとそのことが一番悔しかったです。
 やさしいネネさんは仕事をやめて、猫ちゃんに寄り添ったのですよね。それは猫ちゃんにとってもはどんなことよりもうれしいことだったと思いますよ。猫たちは大好きな飼い主さんにかまってもらえるのが何よりもの幸せなはずです。そしてある程度治療した後は苦しまないように自然に任せたのもとても理に適っていると思います。
 私も猫が旅立って90日くらいは猫のいない生活をしましたが、やはり猫のいない生活はあまりにつらいので、後継猫を受け入れています。はじめは少し罪悪感もありましたが、本当に旅立ったあの子のことは別のところで後継猫を愛してあげることはできます。夢の中で旅立った猫と、迎えた子がいっしょに出てきて遊んでいたりもします。((笑))心に空いた猫の形をした穴は最終的には猫でないと埋まらないと思います。今はつらいと思いますが、さみしさに少し慣れることができたら、新しい子との出会いを求めてください。ネネさんの愛情を必要としている子たちを育ててあげてください。


マリンへ No.691
m&mさん 福岡県 歳 - 2019/02/20(Wed) 17:52
マリンと出会って約17年、どんな時も一緒だったね。マリンの為だったら何でもできると思って過ごしてきた。大事な大事な宝物。マリンが旅立って今日で2週間、こんなに悲しく辛いとは思ってなかった。マリンの存在がどんだけ大きなものだったのか改めて感じてる。毎日涙がとまらず何を食べても味がしない。マリンがひょっこり現れるんじゃないかと部屋を探す毎日。前に進まなきゃと思うけど・・・マリン愛してるよ。いつまでも・・・


リンクへ No.690
くろねこさん 千葉県 歳 - 2019/02/20(Wed) 12:16
14歳、ミニチュアダックス リンク雄 昨夜旅立ちました。家を出て二年。最後に立ち会えもしなくて。リンクが家に来たとき、先にいたライナス(ラブラドール)のお兄ちゃんへの傍若無人ぶりには呆れました。チビの癖に巨大なラブラドールをものともせずご飯を奪い、しかしお兄ちゃんはリンクが満足するまでお座りして待っていて。

 ワガママいっぱいで育ったおまえでしたが、お兄ちゃんが亡くなった時、リンクは家族みんなの悲しみを和らげてくれたね。

 傍若無人、ワガママいっぱいなだけだったけど、それこそが悲しみを和らげてくれた、やはりリンクも家族だったね。

 訳あって葬儀にも行けない。お墓参りにもいつ行けるのかわからないけどリンクの事は忘れない。

 私も、いい歳だから、いつか虹の橋のたもとで会おう。先に行ったライナス兄ちゃんと仲良く暮らしてくれ。
 


無題 No.689
mmkさん 北海道 歳 - 2019/02/19(Tue) 00:01
もうすぐお誕生日だなぁって思ったらまた。
体、しんどかったね。たくさんたくさん辛かったね。お薬もお注射もご飯も無理矢理あげてごめんね。
最近漫画を読んだよ。その中で愛されるために、大好きって言われるために生まれてきたんだって猫ちゃんが言ってた。それを見て、同じこと思ってくれてればいいなあって思ったよ。小さいなりに迷惑そうな顔するくらい大好きって言ってたから、伝わってたらいいなあって。短い一生のうち、辛いことばっかりだったけど、それでもその中で少しは良いこともあったって思ってくれたら嬉しいなあ。私はねえ、あなたが生まれてきてくれて、うちに来てくれて本当によかったってあなたに会った時からずーっと思ってるからね。泣いてばっかりだけど、これはあなたが悪いわけじゃないからね。まだ泣いててごめんね。
生まれてきてくれてありがとう。大好きだよ。


大好きなよーだへ。 No.684
K.Kさん 宮崎県 歳 - 2019/02/02(Sat) 20:46
よーだへ。

道端で小さな小さな黒猫に出逢ってから19年。
どんな時もいつも一緒に居てくれてありがとう。
いろんな事を一緒に乗り越えてくれてありがとう。
一緒に子育てしてくれてありがとう。

ツンデレなよーちゃん。
かくれんぼが得意なよーちゃん。
おもちゃで遊ぶのが大好きなよーちゃん。
かつおぶしが大好きなよーちゃん。
シーチキンが大好きなよーちゃん。
甘えん坊なよーちゃん。
しっかり者のよーちゃん。
人間みたいな事をするよーちゃん。
頭の良い賢いよーちゃん。
我慢強いよーちゃん。
飼い主思いの優しいよーちゃん。

本当に手のかからない子でした。

沢山の思い出をありがとう。
駄目な飼い主でごめんね。

あんなに泣いたのに...下を向くと涙がとまらない。
だから...上を向いて頑張るよ。

よーちゃん大好きだよ。

19年と3ヶ月支えてくれてありがとう。
よーちゃんに出逢えて良かった。


よーだ...もう一度会いたいよ。寂しいよ。


Re: 大好きなよーだへ。 No.688
陽子 - 2019/02/14(Thu) 23:44


よーだちゃん、道端で見つけられてK.Kさんと19年と3ヶ月も一緒に居られて幸せでしたね。
きなこママさんのところのきなこちゃんやみるくさんのところの子猫ちゃんも せっかく保護されたのに 長くは生きられなかった。それでも短いひとときでも とても愛されて幸せだったと思います。
よーだちゃんは19年以上も穏やかに過ごせて本当に良かったと思います。
ペットショップで何十万円もで買われて エアコン完備、美味しいご飯におやつ、ふかふかの寝床で暮らしてる子がいる一方で
この凍えつくような寒さの中、おなかをすかせ柔らかな敷物一枚もなく土やコンクリートの上で過ごすしかない外猫たちがたくさんいるなか、皆さんがその子を救って下さったことに心から感謝します。


何のために生まれたの? No.680
みるくさん 北海道 歳 - 2019/01/15(Tue) 01:28
生後一週間で捨てられて、半年間みんな愛情いっぱいで家族で過ごしてたのに、どうして逝ってしまったの?


Re: 何のために生まれたの? No.687
陽子 - 2019/02/14(Thu) 23:19


捨てられてた子、生後一週間で。みるくさんが拾ってあげなければ きっと生きてはいけなかったでしょう。
半年間でもみるくさんのご家族皆さんの愛情をいっぱいに受けて幸せだったと思います。


会いたい 抱きしめたいよ No.677
きなこママさん 石川県 歳 - 2019/01/02(Wed) 09:22
12月30日深夜 3ヶ月半の子猫を亡くしました。
お友達から 9月知人宅で4匹産まれたけど もらってくれる人が居ないと保健所行きになるとLINEメールをもらい 18年の老猫が居たけど 一緒に育てようと引き取ったのが10月20日。小さくて 先住猫と同じよもぎちゃん。かわいくてかわいくて 旦那は毎晩一緒に寝て 階段も上がれなかったのが毎日できることが増え 二階に上がる気配を察知して我先に駆け上がったり とにかく1匹運動会みたいに 走り回っていました。
体重も500グラムから 1.8キロと成長してたのに 12月後半辺りから 呼吸が早いのが気になり病院へ連れて行ったら 熱もあり 風邪かもと注射して帰り様子を見るも変わらず30日病院へ連れて行こうと抱き上げた途端 苦しみ出し 口呼吸になり レントゲンの結果横隔膜ヘルニアということで 即 手術。でも 夜中に呼吸不全で亡くなりました。
横隔膜ヘルニアは 先天性 事故が原因と聞き 階段踊り場で 外の音に驚いて抱いてる私から下まで飛び落ちたことがあったので それが原因かと自分を責めてます。
獣医さんの話では 横隔膜ヘルニアの穴は塞いだけど 肺に水が溜まっていて たぶん先天性肺疾患があったのだろうということでした。
でも もっと早く気づいて病院に行って手術していれば助かっていたかもしれないと また自分を責めています。
病院へきなこを引き取りに行くと あのやんちゃな子が 静かに眠っていました。
まだ柔らかくて 今にも指に噛み付いてきそうなのに…。
そこからは もう涙が止まらず ごめんねごめんね 戻って来てと泣き叫ぶしかできない自分がいました。
きなこに顔をこすりつけ 背中をさすり 頭を撫でても動いてくれない。
ただただ抱きしめることしかできなかった。
100日くらいしか 一緒に居られなかった。
もっと生きていて欲しかった。
悲しい 寂しい 辛い
会いたい 会いたい 会いたい。
手術前の やっと息をしていた姿が忘れられない。
もう 肺が限界まで来ていたのに 最後の朝 チュルチュルを二本も食べ 紙を丸めたおもちゃで戯れる姿を見せてくれたきなこ。
ほんと ごめんねしか浮かばない。
アニマルコミュニケーションできる人から きなこちゃんは 自分は短い時間しか生きられないとわかってて それでも私達の所へ来たかった 今度は元気な体で生まれてきて また会えるからと言ってると聞き 少しは救われた気がしています。
でも まだ きなこのいない空間は辛いです。
あの 階段を駆け上がる音や ふっと見るとそこにいた顔が思い出され 涙です。



Re: 会いたい 抱きしめたいよ No.686
陽子 - 2019/02/14(Thu) 23:10


きなこちゃん、百日しか一緒に居られなかったかも知れませんが きなこママさんが保健所にやられるのを救ってあげなかったら どうなっていたでしょう。
百日でも きなこパパさんや先住猫ちゃんと一緒に暮らし いっぱい愛情を注がれて とてもしあわせだったと思います。


無題 No.654
COCCOROさん 海外 40代歳 - 2018/12/03(Mon) 07:41
愛犬が亡くなってあともう少しで49日を迎えます。13歳と7カ月でした。
今まで信頼していた主治医の見落としと誤診で、これはただ事ではないと専門医に駆け込んだ時にはもう手の施しようのない脳腫瘍で、お空に送ってやりました。
無理な延命をして、もうこれ以上苦しめさせたくなかったからです。
彼女は子供が居ない私達夫婦にとって娘同然の存在でした。
何をするにも彼女を1番優先に考え、短い犬生を出来るだけ楽しく過ごしてもらいたいと願ってお留守番は最小限、どこに行くにもいつも一緒、私の横には彼女が居て当然のような生活をしていたので激しい虚無感と深い悲しみ、何よりも最期を苦しませてしまった自責の念で、やりどころの無い苦しみにもがいている状態で毎日を過ごしています。
山や川に出掛けて喜んでいた彼女の笑顔を思い出したいのに・・・。
こんな酷い思いは私の人生の中で経験したことがありません。
今は虹の橋の美しい詩すら心に響かない・・・。
彼女がもう居ない事は頭では分かっているつもりなのに、心が受け入れられないのです。
もう一度彼女を抱きしめたい!!!
読んでいただきありがとうございました。


Re: 無題 No.685
mayumi - 2019/02/04(Mon) 19:43


COCCOROさん
誤診で亡くなるのはどうしようもなく辛いですね
後悔してもしきれないと思います。
悲しいですね、

うちの子は10月30日に13歳7ヶ月でなくなりました。
亡くなる1ヶ月前位から頻繁に痙攣を起こすようになり、救急病院に行き麻酔で痙攣を止めて、翌日はかかりつけの医院に行き麻酔から覚めるまでの二日間入院し、その時は本当に悲しくて、心配で、泣きながら車運転して帰りました。
3日目に麻酔から覚めて退院することができたのですが、その一週間後に亡くなりまりした。
来週の10日で100日を迎えます。
納骨することに決めました。

COCCOROさんの悲しくて辛い気持ち、痛いほど分かります。
私も未だに泣いて過ごしています。
でも、毎晩愛犬の写真と一緒にベットに入って寝てます。
そのせいか夢みることが多いように思います。
火葬する前に、毛を少し切り、取っておいてます。
その毛を触るのが癒しになります。


あまりの寂しさからある方に助言をいただきました。
私たち飼い主は仮のお母さんなんだから、きちんと本当のお母さんの元へ返してあげようね、って
だからきちんと納骨してあげてって言われました。

COCCOROさん、寂しくて愛おしい時は思いっきり泣きましょ・・・
私もそうです。





大好きなよーだへ。 No.683
K.Kさん 宮崎県 歳 - 2019/02/02(Sat) 20:45
道端で小さな小さな黒猫に出逢ってから19年。
どんな時もいつも一緒に居てくれてありがとう。
いろんな事を一緒に乗り越えてくれてありがとう。
一緒に子育てしてくれてありがとう。

ツンデレなよーちゃん。
かくれんぼが得意なよーちゃん。
おもちゃで遊ぶのが大好きなよーちゃん。
かつおぶしが大好きなよーちゃん。
シーチキンが大好きなよーちゃん。
甘えん坊なよーちゃん。
しっかり者のよーちゃん。
人間みたいな事をするよーちゃん。
頭の良い賢いよーちゃん。
我慢強いよーちゃん。
飼い主思いの優しいよーちゃん。

本当に手のかからない子でした。

沢山の思い出をありがとう。
駄目な飼い主でごめんね。

あんなに泣いたのに...下を向くと涙がとまらない。
だから...上を向いて頑張るよ。

よーちゃん大好きだよ。

19年と3ヶ月支えてくれてありがとう。
よーちゃんに出逢えて良かった。


よーだ...もう一度会いたいよ。寂しいよ。


また来てしまいました No.682
mmkさん 北海道 歳 - 2019/02/02(Sat) 00:14
日常生活に戻ったつもりでしたが、色々重なりまたあの子に会いたくてたまらなくなってしまいました。
もう一度会えるなら病気になってしまってできなくなったこと、たくさんしてあげたい。おいしいご飯とおやつをあげて、たくさんのおもちゃで遊んで、たくさん治療頑張ったねってぎゅーっと抱きしめる。大好きってキスしまくる。大好きだったブラッシングもしてあげる。
先代の猫ちゃんも一緒に会わせてほしいなあ。そしたらお互いにこの子がお話ししてた子だよって紹介して。2人を一度に抱きしめて。虹の橋に行くまで会えないなんてつらすぎる。会いたいよ。寂しくしてないかな?2人とも甘えん坊だから心配だよ。


無題 No.681
丸子さん 大阪府 歳 - 2019/01/31(Thu) 16:12
記憶が有るときから一緒にいた猫が死んでしまいました。
その子は糖尿病を患っていてずっとお腹が空いていたらしく、ずっと鳴いていて声も嗄れていて、そんな状態でずっと鳴かれてしまい、
それに其処らで尿を漏らし、私は何時も後片付けをしていて、一時期は声を聞いただけでイライラしてしまうほどでした。
でも、いざ居なくなってしまうととても寂しくて辛いです。
今までの子達は死んでしまった時、それがわかった瞬間に涙が溢れましたが、その子の時は本当に実感が湧かず、「え?本当に死んだの?」という感じで涙も余り出なかったのですが、火葬するときに冷たくなった体を何度も撫でて、漸く「死んだのか」と実感が湧きました。

それからしばらくしてその子が居ない生活に慣れたのですが最近突然寝るときに涙が溢れて来て、どうして誕生日まで生きていてくれなかったのと考えてしまい、ずっと泣いてしまって眠れなくなってしまいました。
母は「ずっと苦しんでいたけれどやっと苦しい思いをしなくて良くなったの」と言いますが、それでも悲しいものは悲しいし、慣れたと思っていてもやっぱり全然慣れていなくて。
ふとしたときに、「あぁ、ここでよく寝てたなぁ」「これ好きだったなぁ」と考えてしまい、涙が止まりません

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社