変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

無常が人生さんへ No.16273
向日葵さん 北海道 歳 - 2014/08/05(Tue) 11:59
始めまして向日葵と申します。

チャオちゃん5月に帰ってきてくれたんですね。
無常が人生さん生意気を書いてしまいますがどうか御許し下さいm(_ _)m
私も良く本を読んだり、和尚様のお話を聞いたりしますが(耳が不自由なので後で主人に再度訪ねます)
動物達は成仏しないとかは無いそうですよ。
動物達は常にあの世とこの世を行ったり来たりしているみたいですよ。
チャオちゃんのお姿が見える事事態私には羨ましいです。
以前は良く私も亡くなった仔の事を感じては話しかけた物です。
しかしこの最近あの子を感じる事が無くなり帰って寂しいですね。
今では仏壇に飾っている写真に話しかけています。
チャオちゃんも初盆か近いので頻繁に帰ってきているのかもしれませんね。
良かったら話しかけてあげてくださいね。
無常が人生さんのご家族様とチャオちゃんのこころが穏やかに御過ごしされる事願っております。


Re: 無常が人生さんへ No.16274
無常が人生 - 2014/08/05(Tue) 12:45


コメント有難うございます。動物達の死後のことはあまり考えてはいなかったのですが、成仏しないとかはないそうなんですか。
 人間は、生きている時は、悟りにより煩悩を解脱できた状態が成仏で、死後は、自分が死んでいることを悟った時に成仏すると考えています。もし、動物に成仏することがなければ、魂の安住の地がなければ、いつまでも、自分が生きているものと思って、さまよい続けているものなんでしょうか。それも、飼い主としては、辛いものですね。


Re: 無常が人生さんへ No.16276
向日葵 - 2014/08/05(Tue) 13:59


無常が人生さんへ

すみませんm(_ _)m
私の書き方まずかったです。
動物達はなくなった時点で成仏します。
そしてあの世とこの世と言うか飼い主さんの所に帰ってくるそうです。
でもそれも何時までと言う事では無く
飼い主さんの心次第だと私は思います。
皆さんそれぞれに考え方捉え方が違いますので皆さんが皆同じでは無いと思います。
それに無常が人生さんが言われている様に確かに人間は自分の「死」を悟った時が
成仏だと言われていますよね。
しかし動物達にはその判断ができるのかどうか私にはわかりませんがお話の中には「虹の橋」に行くと言いませんか?
しかし動物達は暫くは飼い主さんが心配だからあの世とこの世を行ったり来たりしていると言うことを本で読んだり聞いたりで知りました。
本当に書き方が悪く申し訳ありませんでした。御許し下さいm(_ _)m
ちなみに「永遠の贈り物」ローレン・マッコールの本とっても良かったです。


無題 No.16246
きなこさん 兵庫県 歳 - 2014/07/30(Wed) 10:47
きなこ。もうすぐ49日ですね。時間が過ぎるのが、早いか遅いか分かりません。お母さんには、時間の感覚がないのです。何しても楽しくなくとても変なの。お母さんの頭がおかしくなってしまったのかな。昨日心療内科に行ってみました。とても変なお医者さんでした。      きなこあなたの妹分も元気がありません。まだ一歳なのに・・。   まるで老犬のようです。     初めて妹分が来た時覚えていてる?きなこは優しかったよね。赤ちゃん生んだ事がないのに、おっぱいでたよね。  可愛がってたよね。  お母さんきなことの、思い出を一つずつ紡いで幸せのポケットに入れていくね。又いつか逢えるよね。  お母さんの大事で愛しいきなこ。世界で一番大好きなきなこ。    お母さん、あなたの為にも、あなたの妹分の為にも、少しずつ前を向いていくね。きなこもそれが望みよね?愛しているよ。きなこ・わが娘  


Re: 無題 No.16251
くりん - 2014/08/01(Fri) 06:35


きなこさん。きなこちゃんに成り変わりますね。          お母さん私も、大好きだよ。愛してる。お母さんも妹分も!     いつか、きっと逢える。     だから、一歩を踏み出して。   楽しかったし、幸せだったから! 愛してる。ずっとずっと愛してる!必ず一歩を、踏み出して! 
  


Re: 無題 No.16252
ゆり - 2014/08/01(Fri) 11:39


はじめまして。
寂しくて、哀しくて、逢いたくて、本当にお辛い時間をお過ごしでしょうね。きなこちゃんを助けてあげたかったですよね。でもきなこさんは精一杯の事をして愛情一杯そそいだのですから、きなこちゃん、大きな目で笑顔で見守ってくれていると思いますよ。
私も愛猫を亡くしてから今も楽しかった事を思い出したり今すぐに逢いに行きたくなったりの繰り返しばかりです。
きなこさん、今は時間を気にせずにゆっくりときなこちゃんとの幸せな日々の思い出と共に過ごしてくださいね。涙がいっぱいあふれて来ると思いますが……
きなこちゃんとの生活、大切な大切な時間でしたもの、今の時間が何処かに迷い混んでしまったように感じるのも無理はないですよ。
そしていつか又きなこさん、きなこちゃん、妹ちゃん、きっと逢えますよ。愛で結ばれてますからね。

信じて生きていきましょう。


Re: 無題 No.16255
きなこ - 2014/08/01(Fri) 15:40


ゆりさん。有難う御座います!貴女もねこさんを亡くされたんですね。それなのに、優しいお言葉ありがとう御座います。うれしいです。  時間と共に、心が癒されるでしょうか?              一緒に、共に暮らせた事、同じ時間を共有出来た事を幸せに思わないといけませんよね。今生で、お互いに、出逢える事を夢見ましょうね。くりんさん。           きなこの言葉みたいで嬉かったです。ありがとう。  


無題 No.16257
にゃらん - 2014/08/01(Fri) 23:42


きなこさんへ

はじめまして。
きなこちゃんの闘病中からずっと読ませて頂いておりました。
きなこさんがきなこちゃんを愛して愛してやまないか…。
読んでいて胸が張り裂けそうです。
49日お辛いですね…
私も49日の頃までは人生の中でこんなに涙した日々を送ったことはありませんでした。
今は大きな声で泣くことはなくなりましたが、染み出てくるような
なんとも言い様のない悲しみにおそわれています。
私の子も悪性リンパ種でした。
脳にまで転移していたので、先生は痛みはそう感じないのがせめてもの救いだと 言われていましたが
やはり、闘病中は壮絶で…。
これ以上は辛くなるのでごめんなさい。
猫は毛皮を替えて産まれ変わるそうです。
でもワンコちゃんでもあり得ることです。
ひょっとしたらきなこちゃんも違う毛色で生まれ変わって、きなこさんの前に現れるかもしれません。
親子の絆で結ばれているので
絶対に再会できます。
妹分ちゃん、元気ないのが心配です。
再会に備えてご飯をしっかり食べてくださいね。


Re: 無題 No.16259
きなこ - 2014/08/02(Sat) 06:26


にゃらんさん。おはようございます。有難う御座います。憎っきリンパ腫、私の場合は、赤ちゃんの頃から、掛かり付けの動物病院があり、月一で必ず健康診断していて、少しいつもと違う、と私が感じて、しつこく先生に検査して下さいと、いったのですが、お母さん大丈夫ですよって・・。そこで違う病院を探したら良かったのに・・・     悔いが残ります。 首が腫れても、検討違いのパグは気管が弱いから、ステントを入れた方が良いから、それが出来る先生わ紹介しますね、と言って、その時もう、ステロイド飲まされていて。結局、上手な先生のとこに行ったのですが、すぐリンパ腫だと思いますって言われました。詳しくは、データが来るまでわかりませんが、とも言われたのですけど、もうその日から抗がん剤治療をしました。あれほど、パンパンに腫れていた喉の腫れがひいて、ようやく横になって寝る事が出来るようになりました。でも、抗がん剤の効きを悪くするステロイドを飲ませているので、すぐ再発するのです。  だから、私自身を責めています。自責の念にかられます。      もっと早く、病院から代えていれば、もしかすると、劇的に抗がん剤が効いてくれて、今も私の横にいてくれていたかも、しれません。  長々ごめんなさいね。      嬉かったです。にゃらんさん、ありがとう。貴女、お仔さんも、きっと貴女の所に帰って来ます!私のきなこもきっと帰って来てくれます。 それを信じて生きていきましょうね。嬉かったです。有難う御座いました!   


Re: 無題 No.16260
なお - 2014/08/02(Sat) 10:05


きなこさん、49日が近付くにつれて辛いですね…何だか、つい最近まで側にいてくれた事が
夢のようで日々辛く、寂しい思いを私もしております。
病院での事たくさん後悔がおありでしょうね、
リンパ腫は首のリンパが腫れる事で発見される事が多いみたいですが、コロ助もお腹の中の
リンパ腫が原発で首は転移でした。
特に何の症状もなく私も気付くのが遅れました。あの時どれほど自分を責めた事か…
ステロイドを使ってしまったら抗がん剤が
効きにくいんですよね…
コロ助がリンパ腫になった時、私はネットや本を読みあさりました。癌にいいと言われる食べ物、食べない方がいい物など調べて調べて
お願いだから抗がん剤効いて!!!と毎日毎日
必死だったのを思いだしました…
何も分からずスヤスヤと眠るコロ助を見て
何度も泣きました。
リンパ腫は無くなりましたが、結果、抗がん剤で無理をさせて心臓の方に負担を掛けてしまった…先生は、それは関係ないと仰ってくれましたが今も私は自分を責めています。

でも、あの時は抗がん剤をするしか手がなくて
何もしなかったら余命2ヶ月だったので
一緒に頑張って!!とそれだけでした。

きなこさんも、きなこちゃんの為に必死で
頑張ったんですよね。
あの子たちの治療も、やるかやらないかは
私たち次第だと思いますが、エゴだと分かっていても私は抗がん剤を選びました。
何もしないで、お別れをする勇気は私には
ありませんでした。
ずっと、きなこちゃんの頑張りを読んで来ましたが本当に本当にきなこちゃん頑張ってくれましたよね。しんどかっただろうにママの側に
もっといたかったから頑張ったんだと思います。そんな愛しい子を襲う病気…憎いですね

きなこさん、ご自分をあまり責めないで
下さい。後悔だけは、きっと一生消える事は
ないと思いますが、きなこちゃんの為にも
少しづつでも前向きになれたら…
私も、まだまだえらそうに言えないのですが
コロ助の為にも自分をしっかり持って
生きて行きたいと思っています。
あの子たちが少しでも安心できるように
少しづつでも笑顔になりたいですね。


Re: なおさんへ No.16262
きなこ - 2014/08/02(Sat) 11:36


有難う御座います。本当に抗がん剤の副作用は、あの小さな身体に負担をかけたのかもしれません。奇跡がおこるように、おきますように、とどれだけ願った事でしょう。   お互いに、辛いですね。コロ助ちゃんに、会いたいでしょうね。   貴女様が、知り合いだったら、抱き合って泣きたいです。      主人とも、周りの人も、分かってくれないと思っているから、余計に、籠ってしまいます。       気がすむまで、泣いてみたいです。ごめんなさいね。貴女の優しさにすがってしまいました。  


きなこさんへ No.16263
にゃらん - 2014/08/02(Sat) 13:51


きなこさんは本当にいいお母さんです。そんなにご自分を責めないでくださいね。

悪性リンパ種のことですが、
私の病院では先生が
高齢の子はまだわかるのだけど、近ごろ若い子が増えているですよ……。
と、ボソッと言った言葉が頭から離れません。
どうしてですか?とお聞きしたのですが口を閉ざしてしまわれました。
将来原因が解明されてくれることを心より願っています。

きなこさん、お体をご自愛くださいね。
妹分ちゃんのためにも…。



Re:にゃらんさんへ。 No.16265
きなこ - 2014/08/02(Sat) 14:05


有難う御座います。若かったら、進行も早いです。どうしても、亡くなる30分がフラッシュバックしてしまいます。苦しくなりますね。  辛くって仕方ないけど、にゃらんさん前進しましょうね。お言葉有り難かったです。  


きなこ様へ No.16266
のり - 2014/08/02(Sat) 15:20


私も最近、のりを亡くした一人です。
亡くなった時は本当に辛くて、辛くて毎日泣いていました。
ここの掲示版にも書かせてもらいましたが。

のりは野良猫で母親に育児放棄された子猫と言うより病気で成長が出来ず母親もこのまま子育てをしても無理と判断したと今は思えるようになりました。

後1日保護するのが遅かったらもうこの世にいない存在の子猫でした。

そののりが我が家にやって来て2ヶ月間だけでしたが今でものりは私の傍でいつも一緒にいてくれているんだなぁって感じてます。

亡くなってから絵馬供養に行くまでは本当に毎日が辛く、絵馬供養に行った時の住職さんの言葉で凄く救われました。

選ばれて来た子なんですよ。
その子の寿命と言うものは生まれて来た時から決まっているんです。

動物と言うのは時には飼い主の災いを自分が身代わりになったりするんですよ。
実際に住職さんの飼っていた犬も災いを全て自分が身代わりになり亡くなったそうです。

ちょうど、お寺の引越しを次に日に迎えていた時、その日の夜になんのまえぶれもなく亡くなったと言われてました。

その時はショックでどうしたらいいのか分からずでも引越しも待っている。
何とか次の日に引越しを無事終えたそうです。

お寺の引越しとなると必ず災いがつきものでそれを飼っていた犬が全て引き受けてくれたんだなぁって。

飼い主がいつまでの悲しんでいたらいつまでたっても虹の橋を渡る事は出来ませんよって。
一度渡れなくなるとこの先何千年先に渡れるかわかりませんよ。
渡れない子はこの世をさ迷う事になります。
そうならないようにその子の事を思うなら気持ちの切り替えをして下さい。
忘れろとは言ってません。
今まで一緒にいてくれてありがとう。
感謝の気持ちを持って供養してあげて下さいと。
49日までは傍にいてますから。
その間はお水と餌は切らさずに供えてあげてください。
餌と水をたっぷりもらえた子はあの世でも幸せに元気に暮らして行きますからと。

7月11日に永眠したのり。
明日はのりの札供養に行って来ます。

今は少しずつ気持ちは落ち着いて来てますが。
毎日里親募集を見ながらのり探している自分がいます。

49日まではのりの遺骨を自宅で供養してます。

最近では不思議な事がたくさん起こってます。
のりの恩返しかなぁって。

特に私の場合は自営業なんですが。
急に仕事の依頼が次から次へと舞い込んで来てます。
それも私がやっと気持ちの切り替えが出来てからなんです。

のりもきっとやっと気持ちが落ち着いてくれたんだ。
これで安心だと思ってくれたかも知れません。
私は自分でそう思ってます。

のりの恩返しと思って私自身、頑張って行こうと思ってます。






Re:のりさま No.16267
きなこ - 2014/08/02(Sat) 15:56


そうですね。産まれた時から、その人、その仔の寿命は決まっているのでしょうね。うちのきなこは5才10ヶ月でした。貴女ののりちゃんもうちのきなこも、この世に産まれて幸せでしたよね?人間の愛情に答を出してくれましたよね?     私もいつか行く道。       それまで寿命を全うした仔達の為に楽しかったよ。幸せだったよ。   有難う!って言えるように。   頑張ってみます!有難う御座いました。うちのきなこ、ねこさんに凄く興味津々でした!  


無題 No.16247
ちゃちゃ丸さん 愛知県 29歳 - 2014/07/30(Wed) 14:15
皆様はじめまして。

28日、愛犬のぶん太が虹の橋へ旅立ちました。14歳でした。
老犬だからいずれお別れの時は来るだろうなと覚悟していたつもりですが、あまりに突然の別れに現実感がまるでありません。

先週から何もない所でよろめくようになり、週末には散歩のために外に出ただけでパタリと倒れてしまいました。一時的に呼吸が荒くなることも。
獣医さんからは貧血気味だということで鉄分の薬を処方されていて、今回の症状も夏バテから貧血が悪化したものだとばかり思い込んでいました。
日曜日にはフードを食べなくなりました。何があっても食欲だけはあったのに、大好きなおやつのさつまいもも差し出しても顔を背けました。
何か栄養が必要だと思い、ゆで卵の黄身を半分と、豆腐を半分あげました。ちゃんと食べてくれました。
相変わらず散歩の時に倒れてしまうので、月曜日に病院に連れていこうと思っていました。

でも、月曜の夜中2時頃、突然「オエッ、オエッ」という声が聞こえて見てみたら横になって吐いていました。
今まで色々な原因で吐くことはありましたが、必ず立ち上がって吐いていました。起き上がる体力もなかったのでしょうか?
その後突然呼吸が荒くなり、ガクンと首から力が抜け、慌てて抱き起こしたら息をしていませんでした。
名前を叫びながら頭を揺り動かして、下に置いてさすっているうちに「フー、カハッ」と息をし始めて、びっくりしたように起き上がりました。
その後家族三人で優しくなでて、落ち着いてきた様子を見守って、今日の朝一で病院につれていこうと考えていました。
また呼吸が止まるんじゃないかとずっと目を開けて様子を見ていました。その時は横になって、穏やかな呼吸をしていたように見えました。

朝になったらぶん太を居間に連れていって、家族全員で見ていました。病院に行きさえすればどうにかなると思ってました。
病院の開く9時までの時間がとても長く感じられて、早く早く、祈るように頭の中で唱えているうち、また呼吸が荒くなって、徐々に力が抜けていくようにだらりとし、呼吸が止まってしまいました。
父が人工呼吸をすると、下半身がビクンと反応して、息を吹き返しました。
その後一時間くらいは安定していたと思います。でもだんだんその発作のような症状の周期が短くなってきて、もう待てないと、獣医さんに電話しました。
今出先なので8時半くらいになると言われ、もうちょっと頑張ってとぶん太に必死にお願いしましたが、4回目の人工呼吸で完全に呼吸が止まり、亡くなりました。7時40分頃でした。

最後に呼吸が止まる時、首をぐっと反らせて、前足をピンと張って、苦しそうでした。
最初に呼吸が止まった時に逝かせてあげれば良かったのかもしれません。
でもその時はとにかく生きて欲しくて、病院にさえ行けばなんとかなると思って、それまで頑張って欲しくて何度も蘇生させてしまいました。
余計に苦しめたでしょうか。かわいそうなことをしたでしょうか。今でも分からないんです。ごめんねごめんねって謝ってます。
3回目の人工呼吸をした後に、今度発作がきたらもうだめだと父が言いました。
なので、その後の発作の時みんなで必死に最後の挨拶をしました。感謝の言葉を伝えました。名前を呼んだら、黒目がこちらに動きました。聞こえたのでしょうか。

逝ってしまった後、ぶん太の体が痛まないように保冷剤をたくさん巻いて居間の中心に置きました。
しばらくの間、たくさん触って、たくさん話しかけていましたが、カチコチに冷たくなったぶん太を見ているのがあまりにつらくて、かわいそうで、
その日の夕方に動物霊園に連れていって、火葬してもらいました。集めた骨は信じられないくらい小さくなっていました。合同墓地に埋めてもらい、本当のお別れです。

家族全員で最後を看取ることができて、これ以上は贅沢なのかもしれないですが、悲しくてどうにかなりそうです。
霊園から帰ってきて、いつも耳をいっぱいに倒して喜んで出迎えてくれたぶん太の姿がなくて、涙があふれてとまりませんでした。
あれからずっと泣いて過ごしています。ご飯も喉を通りません。
父が遺影を入れる写真立てを作ってくれました。その前にお線香とお水、お菓子を置いてずっと話しかけています。

ぶん太には体のいろんな所に腫瘍がありました。良性か悪性かも分からず、でも、検査するための麻酔に耐えるだけの体力がなくて、見守るしかありませんでした。
膀胱の腫瘍だけは、月2回の尿検査で経過を見ていました。
後足は弱っていましたが、短距離ならまだ自分で歩けました。端から見たら元気そうでした。だからまさかこんな突然死んでしまうなんて信じられなくて。
でも気づかないうちに腫瘍がぶん太を蝕んでいたんでしょうか?
もっともっと前から苦しかったのに、我慢して、頑張って笑顔で居てくれたんでしょうか?
もっと早くに気づいてあげれば、もっと早くに病院に連れていってあげれば、助かったかもしれないと後悔が止まりません。

家のそこら中にぶん太の痕跡があって、思い出があって、なのにぶん太だけが居なくて、何をしていても悲しみに襲われます。ふとしたことでぶん太の名前を呼びながら泣き叫んでしまいます。
そんな様子を見て、父は私が壊れてしまうのではないかと泣いていた、と母づてに聞きました。
実際壊れてしまいそうです。でも、泣かせるほどに父を心配させてしまって申し訳ない気持ちとぐちゃぐちゃになって、体がふわふわ浮いているようです。

私がこんな風ではぶん太も安心できないと頭では分かっています。でも逢いたくて苦しくて胸が張り裂けそうです。


Re: 無題 No.16248
無常が人生 - 2014/07/30(Wed) 22:53


ちゃちゃ丸さん、はじめまして。
ぶん太ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
私も、半年前愛犬を12才で亡くしました。最後は、同じように、首を反らせて亡くなりました。その時の様子がよみがえりました。
 今は、大変苦しく、辛く、悲しい時だと思います。この時期、家内の前でめそめそできないので、車を走らせ、車の中で思い切り泣き叫びました。時がゆっくりと癒してくれます。そして、いつか、今の苦しみ以上のぶん太ちゃんとの思い出に喜びを感じられる時が来ますよ。


ちゃちゃ丸さんへ No.16249
青風 - 2014/07/31(Thu) 03:00


まずは、ぶん太くんのご冥福をお祈りいたします。

私も6/2、朝7:10に20歳の猫とお別れしました。

家のあちらこちらに思い出があって、見えるたびに苦しくなります。

テレビなど見てると、予告なく猫が出てきたりするとさっと目をそらせてしまいます。
まだ私も実感ないけど、苦しくて病もひどくなってきています。

会いたくて胸が苦しくなりますよね。

虹の橋で、病気もなく楽しく私を待っててくれてると信じています。


Re: 無題 No.16250
向日葵 - 2014/07/31(Thu) 12:40


ちゃちや丸さんへ
ブン太君の御冥福を心から御祈り致します。

ちゃちゃ丸さんの書き込みを見ていると全く同じです。
今はお辛い、苦しいとお察し致します。
でもブン太君の体はもう苦しみから解放されていて虹の橋を渡り始めていると思いますよ・・・・
でもまだちゃちゃ丸さんのお気持ちがあるのでブン太君はきっと「ママあまり悲しまないで僕はママのそばに居るんだよ」ってママのそばに居る事だと思います。
ブン太君が本当に虹の橋を渡るのはママの事見守ってからだと思います。
だから今は沢山泣いてくださいね。
ブン太君の事が想い出として捉える時が来たらブン太君も安心して虹の橋に旅立つて行く事でしょう。
此れからのちゃちゃ丸さんに穏やかな日々をお過ごしされる事を願っています。
言葉に棘がありましたらどうかお許しくださいね。


Re: 無題 No.16253
ちゃちゃ丸 - 2014/08/01(Fri) 13:38


ぶん太は出会うべくして出会った子だと思っています。
私が学生の時に犬を飼うと決めた際、はじめは柴犬を迎える予定でした。
でも、親と一緒に行ったペットショップで目にしたコーギーが可愛くて、一度帰って数日考えることにしました。
数日後、コーギーを迎えることに決め、再びペットショップに赴くと先日見た子は既に貰い手が決まり、姿がありませんでした。
その子はトライカラーだったのですぐに決まったのかなと今では思います。
店員さんから、別店舗なら居ますよ、見てみますかと聞かれたので、パソコンのビデオ通話を使ってその子を見せてもらうことにしました。
画面越しに見たその子は、顔の部分の白がほとんどなくコーギーらしからぬ色をしていました。
邪推、思い込みかもしれませんが、「ああ、この子は売れ残りなんだな」というのが何となく伝わってきました。
店員さんも、「この子でいいですか?」と聞いていましたし、その言葉の意味はそういうことなのかなと。
でも、色なんて関係ありませんでした。画面越しに見つめてくるその子がもう可愛くて可愛くて、即答して迎えることにしました。
勝手な思い込みかもしれませんが、私たちがこのタイミングで出会わなければ売れ残っていたかもしれないと思うと、
我が家に来るべき子だったのだと信じてしまうのです。

ようやく少し食事ができるようになりましたが、まだお菓子程度しかつまめません。
ぶん太が生きている時はあんなにダイエットダイエットと言いながらもりもり食べていたのに、
ぶん太が居なくなったことで3キロも減ってしまいました。本当に皮肉です。

ぶん太を迎えた2000年から、ずっと撮りためてきた写真を母と一緒に見ました。
そこにはぶん太のおかげで幸せそうな家族の姿がたくさん収まっていました。
最近ではもうそれが当たり前になっていて、ありがたみを感じなくなって居たんです。本当に馬鹿です。悔しいです。
でも、写真って残酷ですね。あんなに鮮明でくっきりと写っているのに、実際に触れられないなんて。
この悲しみ苦しみが癒えれば、笑顔で写真を見ることができるのでしょうか。

暑い日が続いていますが、クーラーをかけるのをためらいました。
ぶん太は最近主に居間で過ごしていましたが、隣にある寝室も大好きで、
クーラーをかけていない時は居間のドアがあいていたので自由に行き来していました。
だから、今でもドアがあいていれば、居間に姿が見えなくても寝室に居るんじゃないかという思いがわずかな支えになるんです。
クーラーをかけてドアを閉めると、確実にぶん太がここに居ないことを実感してしまうのがつらくて。
でも、ぶん太が側に来ているかもしれないなら、暑いのはかわいそうだと、昨日電源を入れました。涙があふれて止まりませんでした。


皆様、ぶん太のために祈ってくださってありがとうございます。

無常が人生さん
つらい記憶を蘇らせてしまって申し訳ないです。
私の父も、私の前では絶対に涙を見せませんが、自分の部屋で泣いているようです。
先日仕事で現場に出た時、事故を起こしそうになって危なかったと母に打ち明けていました。
無常が人生さんも、泣き叫ぶ程につらい時を過ごしたのですね。
実際に時間薬を体感された方のお言葉は、とても心強いです。

青風さん
一緒にいた時間が長ければ長い程、思い出も沢山ありますよね。
私も母も、毎朝欠かさずめざましテレビの「きょうのわんこ」を見ていましたが、今はまだとても見れる気がしません。
無理だと分かっていても、本当に逢いたくて逢いたくて苦しみに押しつぶされそうです。
私は6月の始めに業務のストレスからうつ病になり、仕事を辞めて、日中もぶん太と一緒に居られると思っていた矢先のことでした。
あつかましいですが、私との苦しみの共有が少しでも青風さんのご病気を和らげるよう、願っています。

向日葵さん
皆様が同じような苦しい道を辿られているのですね。
最後の数年はぶん太の体をためを思って色々制限も多く、不自由な思いをさせました。
自由な体になって走り回っているぶん太のことを喜びたい気持ちと、
たとえエゴやワガママであってもいいからまだ一緒に居たい、戻ってきて欲しいという気持ちが
ぐちゃぐちゃになって泣いては謝っての繰り返しです。まだしばらく見守ってもらわなくちゃいけないですね。


Re: 無題 No.16256
向日葵 - 2014/08/01(Fri) 18:49


ちゃちゃ丸さん

お辛い中でのご返信身に沁みる思いです。有難うございます。
ちゃちゃ丸さんの文面を読んでいると心にじ〜んとくるものがあります。
ちゃちゃ丸さんの今のお気持ちその当時の自分と全く同じです。
確かに人間のエゴかも知れませんがもっともっとそばにいて欲しかったですよね。
私の愛する我が子も虹の橋に行ってから1年以上が経ちますが未だに逢いたくて、恋しくて、抱きしめたいです。
まだまだ涙何か枯れそうに無いです・・・・
私も以前は時間薬があると思っていましたが中々それも効きそうに無いですね。
今はあの子の側に早く行ける事だけですね。
アッごめんなさいね慰めるつもりが愚痴ってしまいました。
ちゃちゃ丸さんここに来て自分の思いを沢山吐き出して下さい。
少しは気持ち的にも救われると思いますよ。
ぶん太君は必ずまだちゃちゃ丸さんのそばにいますよ。
何時かぶん太君からのメッセージがあるかも・・・・
どうか暑い時期お身体だけはご自愛下さいね。


ちゃちゃ丸さんへ No.16258
にゃらん - 2014/08/02(Sat) 02:10


はじめまして。

ぶん太君のご冥福を心よりお祈りさせていただきます。

私の子もぶん太君と似たような症状で病院に行きました。

ひと月に3例も悪性リンパ種の子達を診てきた病院だったので、即MRIとCTの予約を入れるように言われました。
高齢のため全身麻酔のリスクを考え一週間ほどステロイドで治療をしましたが悪くなる一方でした。例え全身麻酔で亡くなってもどうしても病名を知りたいとの夫の一言で紹介された二次診療の病院に行きました。

不幸中の幸いと言うべきか、先生方も稀だと言われてましたが
意識が混濁していて麻酔をかけずにすみました。
MRIに入るとき、生きては出てこれないかもしれないので覚悟はしてくださいとはいわれましたが…

結果、とてつもない大きな腫瘍が
見つかりました。そして、助手の先生が脳に転移してますね…
これが意識混濁の原因ですねと
言われました。

そのあとの治療や介護につきましては、あまりにも辛いのでご容赦くださいね。

あの大きな腫瘍の写真を見たときの絶望感はなんとも表現のしようがありません…。

49日まではこんなに涙というものが途切れることなく流れるもとなのかと…。

私も体重5キロ落ちました。
今は少し戻りつつありますが。

掲示板で皆さんの葛藤や悲しみ、苦しみ、そして励ましのお言葉を読ませて頂いて
どうにか今日に至っているところです。

これから、まだまだたくさんの感情が押し寄せて来ると思います。
お優しいご両親と掲示板の皆さまによって少しでも心が癒される事を切に願っています。


Re: 無題 No.16261
きなこ - 2014/08/02(Sat) 10:54


ちゃちゃ丸さんへ
ちゃちゃ丸君と、貴女と、貴女の家族様は、出会う運命にあったのですね。男女の仲の赤い糸よりも、強い絆で結ばれた縁。出会いを読んでそう感じました。私ときなこの出逢いと同じ。 胸が苦しくなりました。家族ですものね。愛してやまない仔だったのですね。        同じ世界に、同じ空間に、同じ時間に、一緒にいれた事を感謝しましょう。私もまだまだ立ち直れません。でも、少しでも前を向いて歩もうと、もがいています。      貴女の気持ち、心、本当によくわかります。私も、ちゃちゃ丸君の為に、そっと、手を合わせます。 


Reちゃちゃ丸さんへ No.16264
きなこ - 2014/08/02(Sat) 14:00


ごめんなさいね。ちゃちゃ丸君じゃなくて、ブン太君でした。ごめんね。


56日が過ぎました No.16240
青風さん 福岡県 45歳 - 2014/07/28(Mon) 02:50
みなさん、こんばんは

てとがいなくなって56日が過ぎました。
毎日リビングへ降りてくるのが苦痛でたまりません。
昨日は精神科の病院の日だったので、先生に「毎日が苦しくてたまりません。目の前で主人が、掃除をしたり洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりしているのを見ると、たまらなく悔しくなります。」と言いました。
双極性障害・パニック障害・記憶障害・摂食障害・不眠症・低血圧(血液をたくさん作れないそうです)、それに加えてのペットロス。
もうどうにかなってしまいそうです。

昨日夕方、てとと初めて出会った海へ行きました。
暖かい夏になったので、水辺で遊んでる親子やカップルの近くで、「てと、ままが見える?まま、もうどうしたらいいのか分からないよ。」
そして夕日が沈むのを見ながら、砂をたくさん手に取って「早く会いたい」と祈りました。
その砂は瓶に入れて持って帰ってきました。

それと毎日の日課はお花を生けること。
切り花だから長くは持たないので、ちょこちょこ茎を切って水をきれいにしてお花を活けてます。
でもあまり長く持たないので2〜3日に1回、お花屋さんへ行きます。
お花に詳しくないので、どの花がいいか、花の意味するものは何かなど、ちょっと勉強しようかなと思っています。
本当は仏壇をお花いっぱいにしたいんですが、スペースがないので今は猫ちゃん用の花瓶と、もう一つ大きな花瓶にお花を活けてます。
絶対花だけは欠かさないようにしなくては。


Re: 56日が過ぎました No.16243
ノラクロ - 2014/07/28(Mon) 15:35


青風さん、こんにちわ。
先日は、私の書き込みにお返事いただいて、本当にありがとうございました。
うちは今日でやっと一週間ですが、私もまだ霧の中という感じです。
じりじりと時が過ぎていく感じです。

私も、そばで夫がデレビを見て笑ったりしていると、なんとも言えない気持ちになります。
こんなこと思う自分がいけないと思うのですが、感じてしまうのはどうしようもないです。

でも、こちらで皆さんに共感していただいて、ずい分と気持ちが落ち着きました。
怖い妄想で息苦しくなるほどだったのですが、それも少し治まりました。

こちらの皆さんも、私と同じように大切なわが子を失って辛い毎日を送られているのに、私のつたない書き込みに共感してくださり、元気づけてくださり、本当にありがたいです。

私も青風さんはじめ、皆さんに寄り添い、一緒にこの辛い時間を乗り越えていきたいと思うようになりました。

もうあの子がいないのはわかっていても、つい、あの子がすきだった場所を見てしまいます、そこにいるような気がして。

お花は良いですね。
私は好物をお骨の前に供えています。
良い匂いがするのか、亡くなった子の兄弟が昇りついて食べてしまいますが、それも供養になるのかな、なんてボンヤリ考えています。

会いたいですよね、本当に。



無題 No.16244
とも - 2014/07/29(Tue) 10:39


ワタシは二ヵ月半が過ぎました・・・シゴトのときなどは忘れていることが多くなり、そのせいで少し楽かも知れませんが、遠くになっていくようでそれがまた辛いです。

部屋でずっと同居していたので、部屋に戻る度にいないことにがっかりしてます。

どうしてもキツイときには酒しかないです。未だに。

あるいは自分がしっかりしないとコータが怒る、と思ってなるたけしゃんとするようにしてますが・・・


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社