変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

無題 No.966
ピーちゃんさん 岐阜県多治見 47歳 - 2020/02/08(Sat) 12:19
友達いません‼️付き合いもありません。長いこと....友達になってください又ここにきます


Re: 無題 No.972
るる - 2020/02/09(Sun) 19:22


私も友達があまりいなくて、親族とも疎遠。
一人暮らしで飼っていたチワワが亡くなり、本当に寂しいです。
今は猫三歳と静かに暮らしています。
休日や夜中、、明け方がとても辛いけど、でも猫の世話があるので、
一人で頑張って生きています。
今は結婚相談所に登録して、新しい出会いを探しています。
お互いにがんばりましょう。。まだ間に合うと思います。


長生きしたと言われけど.. No.970
ばくさん 長野県 54歳 - 2020/02/09(Sun) 19:07
愛猫享年19歳。
茶トラの女の子。キィーちゃんが亡くなり1週間が経ちます。愛猫との別れは2度目になります。2歳下の三毛享年13歳。女の子のチビを4年前に亡くしました。2匹はとても仲が良く癒されました。
チビが亡くなったあと酷いペットロスになり。『このままではダメだ。キィーちゃんもいるし先を見ないと』と思うようになり。キィーちゃんのため後悔がないようにと日記も書くようにしました。
今はキィーちゃんとの出会いから亡くなるまでを回想し涙を流す自分と向き合っている日々です。とても辛いですがで死について自分の心を納得させなければ先へ進む事は出来ません。少しずつですが前へ進んでいくつもりです。
愛猫を亡くし辛い思いをされている方。ゆっくりでいいので無理をせず愛猫との思い出を大切にし前へ進んでいきましょう。
今ネコちゃんと生活されている方。私の経験で感じた事を書きます。それは健康管理です。少しでも先伸ばしにしてあげる。辛さがあるならを少しでも軽くしてあげる。
経済的な面や幼少から与えるると問題があるかもしれないので何歳からとは書けませんが。ミネラル抜きの水や腸内環境を良くし抵抗力をつける。EPADHA等血流をよくしてあげる。抗酸化作用のあるものを与え少しでも老化を抑える。等です。
なってからでは遅い。それが私の経験でした。



悲しい No.792
しゅんたさん 愛知県尾張旭市 歳 - 2019/08/22(Thu) 18:44
大好きだったうさぎが亡くなり気持ちが落ち込んでいます
どうやって立ち直れば良いのですか?


Re: 悲しい No.968
るる - 2020/02/09(Sun) 18:17


私も一か月前に、チワワの女の子十四歳を亡くしました。
一人暮らしで、lineや電話はこちらが話せば話してくれる人が
何人か居ましたし、いとこはかけつけてくれましたが、
毎日独り、猛烈な孤独と犬への後悔に苦しみました。
家事もトイレも水を飲むこともできにくかったし、好きなものを買ってきて
食べても、美味しくなかったです。
私の場合は、心療内科の薬も合わず、やめてしまって、
五年前から犬好きのあまりにやめていた肉類をまた再開したため、
元気になってきました。
いまも会社の無い日曜や、夜、朝方など、寂しくて息が詰まりそうですが、
でも少しずつ元気になってきました。
猛烈なたんぱく質不足で、いろいろなことが少しずつうまくいかなくなり、
私は孤独だったのです。
犬が亡くなり、もっと孤独になりましたが、
犬が死んで、食生活の異常さにやっと気づき、やっと元気に
なりました。


わかります No.964
ピーちゃんさん 岐阜県 47歳 - 2020/02/08(Sat) 12:15
私もゴ-ルデンレトリバーや小桜インコ、ボタンインコ、おかめインコ、ウサギ等寿命でなくしました。今は小鳥たち6羽いますが、最後迄命全うするまで飼ってあげたいと思います。虹の橋渡りたいです。いつか


Re: わかります No.965
ピーちゃん - 2020/02/08(Sat) 12:16


又ここにきます


たんぽぽさん No.960
mamiさん 福島県 50歳 - 2020/02/01(Sat) 12:20
1月31日に、愛猫13歳を亡くしました。肝臓ガンからリンパにも転移し、手術も出来ず途方に暮れましたが、どうしても残り少ないである猫と一緒に居たくて仕事も辞めました。それからはインターネットで良いというサプリメントを片っ端から飲ませて、食欲がなくなってきたら点滴をして2度復活しましたが、今回はダメでした。亡くなる1週間前から、食欲がなくなりジャンプができなくなってきました。最後は歩く事も出来ずに横になるだけに。お外に散歩行くのが大好きな子だったので、歩けない子を抱っこして、いつも歩く散歩道を一緒に歩いてきました。
そんな事をしないで、病院に入院させたら良かったのか、何でもっと早く気がついてあげれなかったのか、悔やんでなりません。


Re: たんぽぽさん No.961
モグ兄 - 2020/02/02(Sun) 00:18


 mamiさんお悔やみ申し上げます。
13歳猫ちゃんとってもがんばったのですね。点滴やサプリメントで2度も復活するなんて本当にmamiさんの看病と猫ちゃんの生命力のなせる業ですね。
 病状について診断通りでしたら、mamiさんのとられた対処法は大正解だと思います。病院に入院させても、辛い治療が続くだけです。猫ちゃんにとっては大好きなmamiさんと最期過ごした時間が何にも変えようがない幸せな時間だったと思います。もっと一緒にいたいと猫ちゃんも思ったでしょう。でも最後は体がいうことをきかなくなってしまったのでしょうね。でも大好きなmamiさんと最後一緒に過ごした時間を胸に旅立ったのですね。幸せでmamiさんに感謝していたと思います。
 
 私も猫が調子悪くなってから旅立つまで仕事をセーブしてできるだけ一緒にいることにしました。その時は本当にうれしそうにしていましたね。
 どうかお辛いとは思いますが、たくさん思い出してあげてください。猫ちゃんの思い出がキラキラと輝いて悲しみを覆い尽くす時がいつか来ると思います。


ヒナちゃんありがとう No.959
ヒナちゃんさん 大阪府大阪市 59歳 - 2020/01/31(Fri) 15:04
あっけなくいってしまったヒナちゃん
心の準備もなく
たった5年のパートナーでも、なくてはならない存在だったのに
悲しすぎて涙が出ない
健気で可愛くて長生きしてほしかった
ごめんよヒナちゃん 寿命を全うしてあげられなくて
5年間、幸せをありがとう


無題 No.958
凛ママさん 福岡県 45歳歳 - 2020/01/30(Thu) 02:07
凛に、初めて会ったのは9年前の譲渡会でした。
私の中では、猫はしっぽがあるものと思っていたら凛には、ボブテイルでウサギの
様なしっぽが可愛かったの覚えています。
名前を呼んだら、返事をしてヘアゴムを投げたら取りに行ってまた投げての繰り返し
ウチのにゃんこの中で、私にべったりでいつも一緒に寝ていたね。
そんな凜が、急変してから丁度1ヶ月後に私の腕の中で天国に行ったのは忘れないよ。
凛が、居なくなってから2週間思い出しては泣いてしまうよ…
他のにゃんこ達は凛の代わりになれないよ…


クッキーありがとう。。 No.955
るるさん 兵庫県 50歳 - 2020/01/27(Mon) 19:43
私も十四歳と半月のチワワ女の子を、三週間前に亡くしました。
私は父母も亡くし、元彼も家を出て行っていません
ので、全くの一人ぼっちになりました。
猫も同時に飼っていたので、その子だけがいまは頼りです。
でも猫は姿を消す動物、とても静かですね。家がシーンと静まり返り、
犬のちょこちょこと歩く音もなく、本当に静かで寂しく、
夜は早く布団に入るようになったけど、息が詰まりそうになり、なかなか
眠れません。
タブレットや本でペットロスのことを寝ながら調べています。
朝も起きれないけど、会社に行かないといけないので起きます。
会社では気がまぎれますが、日曜には家に居られません。
日曜はよく犬と長距離の散歩に行っていたからです。
犬は居るのが当たり前になってて、居てくれるから自由に動けました。
食欲も物欲もあり、いろいろしたいこともたくさんある元気だった私は
もう居ません。
周りの人を見ていると、なんでそんなに食べれるんだろう、皆元気だなと
思います。
犬を亡くし、お子さんを先に亡くされたかたの気持ちがすごくよく
わかります。
心が重くて、犬のことを人に話してその言葉で傷ついたり、lineの
スタンプに雲の上に居る動物のスタンプを送って来る人に
きれたり、犬と猫は仲が悪いのですかといつも聴いてきた知人が、
犬が亡くなってからのlineで、最後まで仲が悪かったですか?
と訊いてきて、あり得ないと思って何故そんなことを?と
怒って、ブロックしたり。。
誰も解ってくれず、誰も助けてくれないんだなと思いました。
時間だけが解決してくれるのでしょうか。。


犬は昨年秋くらいまでは凄く元気で、死ぬなんて全く想像も
していませんでした。
ニ十歳まで頑張れるかな、十五歳で雑誌のご長寿犬のページに載れるから、
がんばろうと思っていた矢先の突然の別れでした。
私の先延ばし癖と、こだわりの強さのせいです。
病院へはなるべくかかわらないようにしていたし、自分なりの考えで、
犬を元気に保ってきたつもりだったのですが、もっと周りの人の手を借りて、
検診にも行って、犬の健康を保つべきだったのです。
年末に極端に散歩の量が減ってきたり、少し呼吸が荒くなっていたけど、
普通に家では歩いていたし、餌も猫の分までとって食べるくらいで、
散歩中すぐはぁはぁってなるのも、歳のせいと思い、楽観的に
考えていました。
眼のチェリーアイも秋に手術するつもりが、病院からの帰りがけ、
先生が、目ぇぐらいでとってもええやんとぼそっと言ったため、
全身麻酔も恐怖だったこともあり、そのまま相談もせずに、病院へは行かなく
なっていました。
チェリーアイは数年前に出てて、散歩中も皆に指摘されていたのだから、
出てすぐ、まだ犬が若いころに、手術すべきだったのに。
成人式前くらいに、心臓がバクバクしたり、肩で息をしているときが
あったので、休み明けに行こうと思って、やっと重い腰を上げ、連れて行きましたが、待合室で診察券を出そうと犬を下ろすと、ぐしゃって倒れ、
抱っこすると、首がだらんとなり、二度大きな息をして、亡くなりました。
クッキー、クッキーって呼んだけど、だめでした。
診察室では先生が胸をなでてくれたようですが、あれが
最期の息やったんや、もうちょっと早く連れてきていたら
、死なずに済んだのに、去年の夏から連れてきてない、眼のチェリーアイも治って
いないと。。
ペットロスを助長するようなことを言われ、放心状態のまま帰りました。
お寺でお葬式を済ませましたが、出席者はたった独り、私だけで見送りました。
亡くなったときのことを思うと、今でも動悸がし、涙が出ます。
亡くなる前の日と当日の私のとんちんかんな行動、小さいころからのこと、
全て事細かに思い出し、後悔をしています。
いつのまにか心が離れて、一緒の家に居ても、別々に暮らしてしまいました。
でも独占欲が強くて、他の人に犬を任せるのが嫌でした。
実際には目ヤニの目薬も怒ってできず、目をみただけで威嚇。
お風呂と散歩しかできませんでした。
ケアをしたら威嚇され、次第にあきらめてしまっていました。
病院で目薬と目を拭くくらいだけでもしてもらっていたら
よかったのに、そんなことを頼むという考えすら
ありませんでした。
もっと病院と密な関係を築かないといけなかったのです。

あのときこうすれば、ああすれば、もっと一緒に居てあげればよかった、
もっと話しかけて、もっとなでてあげればよかった、いつのまにか
一緒に寝なくなってしまったので、もっと一緒に寝ていればよかったのにと
思います。
犬は四十九日まで家に居てくれるのでしょうか。。
猫が私の頭の斜め上をじーっと観たりするのは、犬が居るからかなとか思います。
虹の橋があるのかどうか。。私が死んだら犬は迎えに来てくれるのかなと
思います。。あまり自信がないです。
犬に逢いたくてしかたがないです。


やっともう1ヶ月 No.954
普通の大学生さん 愛知県 歳 - 2020/01/27(Mon) 17:44
一人暮らしをしている大学生です。実家の愛犬のパピヨンが旅立ってからもうすぐ1ヶ月になります。ここまでいつも通りの変わらない生活を送ってきました。ですが春休みに入ったこともあってか最近やたらに悲しく寂しくなることがあります。私は一人暮らしをしていたからみみ(愛犬)とずっと一緒にいた家族に比べたら生活は変わらないだろうと考えていたのですが、他のわんちゃんを見るとみみのことを考えてしまったり、人が亡くなったというニュースを見てはみみのことを考えたりしてしまいます。
また、みみは体調が悪くなり3日で旅立ってしまったのですが母から体調が悪いと電話がきた日、私は電話を受けた後バイトがあったので終わり次第実家に帰ったのですが、その時の気持ちが最近またバイト中に感じられて涙が溢れそうになってしまいます。同じようなシチュエーションになるとみみのことを考えてはもういない、名前を呼べない、写真も増えないと悲しくなってしまいます。
こんなに弱い私はダメだ、亡くなったって話は周りが暗くなってしまうからダメだと思ってきましたがちょっと今日は久しぶりに涙腺が崩壊してどうしようもないので書き込みさせていただきました。
みみは迷い犬で届出も出しましたが飼い主さんは見つからず母の話によると捨て犬ではないかという疑いもある子でした。うちにきて幸せだったでしょうか。私のような未熟な者でも少しでも幸せをあげれたのでしょうか。寂しい、会いたい、大好き、、、。
もう一度会いたい、身体に顔に触れたい、名前を呼びたい、、、。
こんな拙い文章をここまで読んでくださりありがとうございました。


辛い思いをさせたうえ、死なせてごめん No.789
救いようのない馬鹿さん 岡山県 歳 - 2019/08/21(Wed) 06:22
今年に入って最愛の猫の家族、推定15歳♂を歯周病の悪化による口鼻漏管で炎症が脳まで達したことによる脳炎(推測)で亡くした。
生まれたのは我が家の押し入れで、当時いた子達の子。
同じく生まれた子達は皆、友人や知り合いに引き取って貰い唯一残った子だった。

甘えん坊でいつも家族の傍にいたね。
仏のような子で何をしても怒らなかったね。
若い頃に事故に遭って右足を怪我してからはいつも家にいたね。
慢性鼻炎?を患ってて家族の顔のところに来るとくしゃみをしてみんな笑ってた。
トイレをすると誰も襲ってこないのに猛ダッシュで逃げて二階に駆け上がったね。
2013年、ドライとウェットを混ぜたご飯をあげていたせいか歯周病の手術をしたね。
術後の死にそうな顔、今でも鮮明に覚えてる。
獣医がデンタルペーストを一日に数回塗ってあげるよう処方してくれたね。
でも、馬鹿な僕は所謂歯磨き粉だし、塗るだけじゃ効果ないだろうし、歯磨きなんて出来ないし、命に関わることはないだろうとやる前から諦めてしまったね。
今思えば、この甘い考えが全ての間違いだった。ちゃんとデンタルケアをしてあげればこんなに悲しい最期を迎えることはなかったのに。
2014年、病気で二週間入院した僕を、普段はしない怒った様な鳴き方で盛大に迎えてくれたね。着替えに二階へ行って戻ってきても同じ様に迎えてくれたね。
2015年、急激に痩せて病院へいったら甲状腺機能障害だったね。お薬で正常値に戻ったけど、体重が6kg→4.5kgになっちゃったね。
2018年夏、以前は慢性鼻炎のせいもあってか鼻水に稀に血が混じったけど、頻繁に混じるようになったね。
病院へ行き、歯周病からきているのか聞くと「歯から来ている可能性もあるけど、高齢だから手術はできない」って言われちゃったね。止血剤で食欲も回復するが体重は3.9kgになっちゃったね。
2018年冬、てんかんを2回起こしたね。一回目は見れなかったけど、二回目を見た時はすごく辛そうだった。病院で歯周病から来ているのか聞くと「その可能性もあるが、その場合(意識が)戻る事はない」と言われて、見当違いの安心をしてしまったね。
鼻血も出てたし、寒かったからだろうと、、、。
2018年年末、仕事から帰るとリビングのソファーに香箱座りしていたね。家族の馬鹿は僕が帰って来れないから薬をあげるようお願いしたのに遊びを優先して帰ってこなかったね。
薬をあげようと近づいて呼びかけるも舌を出したまま返事がない。叫んで呼びかけても返事がない。僕が帰る前に同じ部屋にいた馬鹿家族は「寝てるのかと思った」と異変に気付かず。
酷いよね。15年も一緒に暮らした大事な家族なのに。絶対許せないよね。
そのまま病院に行き診てもらうと瞳孔の反応を確認していて嫌な予感がしたね。
「てんかん後の症状に似ている。戻ってくるといいですね」
それでもどこか楽観視して明日には元気になって帰ってくるだろうと。
二日後、「危篤だから看取るなら連れて帰れ」と言われ、瞳孔は開きっぱなしで、寝たきりの状態で帰ってきたね。
もう、号泣だったよ。どうしてこんなことになってしまったのかってね。
翌日まだ頑張ってたから再入院したね。五日後、年が明けて帰ってきたら、数歩歩いて、数回鳴けるくらいまで奇跡的な回復をしてくれたね。
家に帰ってきて最後の力を振り絞って少しでも元気な姿を見せてくれたのかな。
翌々日、また馬鹿家族が泥酔して帰ってきてアルコール腐臭をまき散らしながら解放の邪魔をしたね。そしたら激しいてんかん発作起こしたね。また寝たきりに、、、。
翌日再入院するも、翌々日には「危篤だから連れて帰れって言われたね。」
この○○獣医!数歩歩いたり、鳴けるくらいまで回復したんだよ?他の病院だったら、、、。
全ては遅すぎたんだよね。そこからさらに四日間も辛い思いをさせちゃったね。
症状の緩和措置のため通院させるよう、言った、言わないで獣医と揉めたね。
脱水症状で2.9kgに、、、。骨と皮だけみたいで本当に見るのも辛かったよね。
でも、一番辛いのは本人だよね。最後は楽にしてあげようと、、、。
あげるご飯を決めてたのも僕だし、歯磨きをしないと決めたのも僕だよね。
こんな一番の大馬鹿な家族のせいで、本当にごめんよ。代わってあげたかった。


Re: 辛い思いをさせたうえ、死なせてごめん No.953
里親 - 2020/01/26(Sun) 23:13


救いようのない、おばかさん、、
すみません。ねこちゃんが五ヶ月前に亡くなられたとのこと心中お察しします。

今さら返信致しますことをお許しください。
私とかなり環境がにていましたから、思わず返信致しました。

わたしの、愛猫は2ヵ月前になくなりましたが、留守中に息子、シッターに任せたのが、一番の原因で、それに加えてわたしの病院選びのミスやいろんな判断ミス。
わたしも、毎日後悔と懺悔の気持ちが沸き起こり涙を流す日々を送りました。

体重が減り、本当に、弱りきった猫を5日も入院させてかわいそうなことをしてしまいました。
わたしも、かなり獣医を怨みましたが、自分の判断の甘さなどもかなり反省しました。

いまは、少しずつ、写真見たりできるようになりました。
はっきり言えることは、ペットの世話は、誰かに任せるのは危険性がかなりあるということで、かなり老いた動物ほど、飼い主がみないといけないということ、、
そして、獣医を信用せず、自分でしっかり勉強する。だと思いました。
今さらですが、、

少しずつ、前を向いて生きるしかないですが、忘れずに生きて行きたいです。


幸せでした No.951
ぴょんのすけ(ぴょの)親さん 静岡県 歳 - 2020/01/26(Sun) 22:24
 先日は駄文失礼しました。ちょうど死後2週間が経ちました。
自分の気持ちの整理のためまた投稿させてください。スレ汚しご容赦ください。

 夜はあいかわらずどっぷりと悲しみに浸かりますが、そのせいか昼は小康状態の日日です。
昨年12月、15歳になりましたと1人よろこんで電話したばかりの獣医さんに今度は逝去の報告。途中から泣き声になってしまった。
7歳くらいから通っていたがいつのまにかその獣医さんのとこで一番の長寿ウサギになっていた。その後お悔みのハガキが届いた。
診断に納得いかずもっとよく診ろと食ってかかったこともあったが一番肝心なところで命を救ってもらった命の恩人である。

 従来うさぎについての事柄はブログに記載する習慣を付けていたがブログが未来永劫存続するわけではないので
15年分漏れのないよう転記しまとめて永久保存版にした。大事な大事な思い出。
次いで 放し飼いだったウサギの定住場所が空いたのでそこに4匹分の祭壇を作ってみた。暦代のうさぎ達に仲間入り。4匹揃って結構圧巻。
でも先代達の横に置かれた骨壷と遺影にはかなりの違和感がある。
うさぎ関係のモノは再利用もできるモノもあるし、あまり触る気にもなれず放置で徐々に分別の予定。
形見とか小さな思い出グッズとかは祭壇に置いた。

 と、形だけは一区切り付けた感じです。

「長い間頑張ったねご苦労さん。辛かったね、もう楽になっていいよ」と涙ながらに送り出して2週間。
心の底から「ご苦労さん、そしてありがとう」今でも変わらない。
飼い主として理想に思えた別れだった。けどね、やっぱり悲しいよ。とてつもなく悲しいんだよ。


あと、
前のうさぎ達も絶対忘れないからね
その一生を自分に託してくれたうさぎ達、
そして家で飼った3匹の犬達、
絶対忘れないからね


いつもありがとうね、天国でも幸せに No.947
睡蓮さん 千葉県 28歳 - 2020/01/23(Thu) 20:54
だいぶ昔だけどゴールデンウィークの日に可愛がっていた猫が死んだ、父が猫が苦しがっていると言うので見に行くと何回も吐いていて苦しがっていた。でもいつものように僕は毛玉吐いてるんでしょと思ったけどいつもと様子が違くてパニックだった。そして動きが止まって目の前の光景を信じられなかった。慌てて動物病院に連れて行ったけど先生がすみませんがご臨終ですと言った。嘘だろと心のなかで思った。家に帰って猫の冷えた身体を撫でた。今にも目を覚ましそうだった。でももう起きないんだよね目から目ヤニの様なものが見えてお母さんが拭き取っていた。その後父親と気分転換にドライブに行ったんだけど心に空白というか寂しくなった。家に本当は帰りたくなかったけど帰ったらまたおかえりって駆け寄ってきそうな気がしてでも来なかった。人って悲しすぎると泣けないんだね、それ以来家にいるのが嫌になった。辛い事あっても猫がいたから大丈夫だったのにそれから昔の嫌だった事を思い出してイライラした。会いたいよでも会えないんだね、女々しくてごめんね


私の母のことです。 No.943
みいさん 富山県 42歳 - 2020/01/18(Sat) 04:05
去年の3月5日早朝、18年過ごしたM・ダックスのマロが亡くなりました。
マロが旅立った直後、しばらくの間は泣き暮らしていたようです。
私が県外に嫁いだため、月に2回ほどは電話していますが、やっと落ち着いてきたと思っていましたが、昨晩の電話でペットロスの症状が見受けられました。

特に休み明け(月曜日)は、仕事に行くまで気が重くやる気が出ない…
何もする気になれない…
人に会いたくない…
睡眠導入剤を飲んでますが眠れない・寝てもすぐに目が覚める…マロの鳴き声が聞こえた…
自分(母)が死ぬ頃には、マロは生まれ変わってしまっていなくなってるんじゃないか…
ニュースなので見ず知らずの方が事故などで亡くなったり、怪我をされたというのを見ても涙が溢れてくる…
確証はないのですが、睡眠時も涙を流してるらしく、起きた時に目尻が赤くただれてる…

私が県外にいる為、すぐに駆けつけることも難しく
何か少しでも和らげる方法などないかと探していたところ、この掲示板に辿り着きました。

3月の一周忌を前に、1年前の記憶がフラッシュバックしているみたいです。
毎日病院へ通ったことや、症状が進行したこと。
他に家族がいれば、頼れますが
母1人なのでどんどん悪い方へと考えそうで、私は電話で話を聞いてあげるしかできません。
どんなことでもいいので、アドバイスお願いします。


Re: 私の母のことです。 No.944
里親 - 2020/01/18(Sat) 11:33


みいさん、そしてみいさんのお母様、、お疲れ様です。そして心中お察し致します。
娘さんが離れていてもこんなに優しくて、、羨ましい限りです。

もうすぐ一周忌なんですね。月日は流れても、いろんな場面に遭遇したり、やはり18年共にしたペット、、いや子供みたいな存在を亡くしたわけですから、心がついて行かないです。わかります。
わたしも、11月に愛猫を亡くしましたから。

ペットロス協会に話を聞いてもらうか、本を読まれるか、、臨床心理カウンセラーに聞いてもらうか。
あと、ペットを亡くしたお知り合いはいらっしゃいませんか?
わたしは、知り合いに会って共有しようかと思っています。
誰に話しても、哀しみ、寂しさ、後悔は、消えないですが
一人で抱え込むと、同じ思考になり辛さが増します。

どうぞ、お母様にお伝えくださいませ、、
また、ペットショップに足を運んだり、新しいワンちゃん迎えるのは難しいでしょうか?

いいアドバイスをしてあげたいのですが、なかなか見当たりません。
ごめんなさいね、、わたしも、まだ、立ち直れてないです。



Re: 私の母のことです。 No.945
みい - 2020/01/18(Sat) 12:38


返信ありがとうございます。

新しいペットなども提案はしてみました。
でも、母は自分が年老いていき、愛犬を1人残してしまうのではという不安と
必ずやってくる別れの辛さに耐えきれないと言っていました。
今の状態などを考えると、中々強行突破もできません。

ペットショップには、たまに行ってるみたいで
ダックスを見かけてマロの面影を重ねたりしてるみたいです。

母が離婚してから20年以上経ちますが
そのうちの18年は、マロが母のそばにいてくれて
母の活力源となっていました。

今月そんな母の誕生日があるのですが
元々サプライズで直接渡しに行く予定でしたが
ペットロスのこともあるので、直に様子も見ながら
気分転換してもらおうと思ってます。


猫ちゃん亡くされたばかりで辛い中だとは思いますが
話を聞いて頂き、ありがとうございます。


いつかは必ず死ぬ No.938
ぴょんのすけ(ぴょの)親さん 静岡県 歳 - 2020/01/15(Wed) 12:56
 4匹目のうさぎだった。
前のうさぎは愚かにも自分の過失で3才、6才、2才と早く亡くしてしまった。ダメ飼い主。

 3度目の正直で飼ったのに一番のベタ馴れで溺愛したのに一番早く死なせてしまった3匹目。
死後に自分の過失だと知り、とりかえしのつかないことに途方にくれ教会に懺悔に行く程のひどい始末だった。
ペットロスを回避できそうもないので「死んだら再会できる」と自分を強引に納得させ、
1月と間をあけずに4匹目の犠牲者となるうさぎを買った。この頃はまだ頑迷な若さがあった。
選んだのは、売れ残りで客の目に触れない店の奥に1匹だけ追いやられていたうさぎだった。
先代の面影求め生き写しのような個体を探して都内、神奈川と車で探し回ったのに
店の奥に追いやられてぽつんと客の視界から隔離されていた毛色が全然違う売れ残りのうさぎに決めた。
なぜか迷いなく瞬間的に決めてしまった。
 
 飼ってみるとベタ馴れの先代とは違って適当に距離を置く気侭な性格だった。
でも、自分としては十分満たされていたし、先代への謝罪の気持ちも忘れずに微妙にバランスが取れて精神的には安定してた。

 実際は個体に恵まれていただけかもしれない。そして、恐ろしい程の時が順調に過ぎ去っていく。
何度か小さな危機はあったがなんとか乗り越え、当時限界説のあった10才がきた。が、死なない。
おかしいよオマエ、何で死なないの?特別なうさぎなのか?という位衰えた様子は全くなくすこぶる元気だった。
初めて長生きさせられて本当にうれしくてうれしくて堪らなかった。

 12歳のとき結石ができ1軒目の獣医で誤診され死ぬ危機があったが、翌朝別の獣医に行き当日緊急手術で生き延びた。
ここで死なしていたら一生の後悔モノだったろう。術後もさすがに白内障になった位であいかわらず順調であった。
しかし、13歳でエンセうんぬんに罹り弱度の旋回運動と眼振が残り歩行困難になった。
立っているときつそうなので徐々に寝かせるようになり、気が付いたら寝たきりになっていた。
が、食欲もあり反応もよく元気だったので特に心配はしなかった。
 15歳になった。寝たきりで肩や尻まわりの肉はごっそり削げ落ちていた。が、寝たきりも大変だけどまだ行ける。
あと半年は頑張れと励ました。

 でもとうとうその4匹目のうさぎが12日、24時間看病の果てに逝った。
最期を看取らなきゃと容態急変から寝ずに看ていた。
首、手足の力の抜け具合からもうダメだろうなと途中で悟りながらも、涙流しながら何度も名前を呼んだ。
生年月日はわからないが、買ってから15才と2ヶ月半だった。

 うさぎは恵まれた環境で十分過ぎる時間を生きれたのだから少なくとも不満はないと思う。
またこれだけ生きさせたことで過去の3匹のうさぎ達も少しは許してくれたかと思う。
自分としても後悔はあまりない。いつかは必ず死ぬのだしそれで死んだだけ
そう考えるとなんか落ち着いてくる。
しかし、もう2度と会えないのは寂しい、どうしようもなく愛おしい。泣ける。
日中は天気がいいので案外平静を装ってられるけど、夜になるとずっと涙が出る。
前回は死んだら会えると思い込んだけど今回もそう思うしかないかな。
 
 今回は堂々と次のを飼ってもいいと思う。
でも自分も15年年を食ってしまったし気力も体力も落ちて、死んだ4匹目と同じレベルで育てることはできないと思う。
なによりも燃え尽きてしまった。
今回初めて介護までやったが1匹を最後まで面倒見きるということがどれだけ大変なことかを身で味わった。
究極の無償奉仕である。おまけに最後は大変でめちゃくちゃ悲しい。
どうやら最後のうさぎになるのか?・・・少し頭を回してスムースな移行のために途中でもう1匹飼えばよかったか。


 





Re: いつかは必ず死ぬ No.939
里親 - 2020/01/16(Thu) 10:55


ぴょんのすけの親様

心中お察しします。大変な外語をされましたが、最後は生き絶えたということ、。
うさぎちゃんも、幸せでしたね、、淋しい、かなしいの感情はなかなか消えませんね。
わかります。いままでは、飼育に行き届かない側面があり、後悔もかなりあったとのこと。最後は、行き届いた飼い片手されましたね。素晴らしいです。

わたしも、猫に最後に辛い目にあわして、かなり懺悔していますが、なかなか
スッキリしない毎日です。

確かにこちらの体力もなくなりますから、次を飼うのは考えてしまいますね。

ゆっくり通常の生活に戻されて、ご無理されないでくださいね。
燃え尽きたあとは、かなり疲れや、悲しみが襲ってきますから。


Re: いつかは必ず死ぬ No.940
里親 - 2020/01/16(Thu) 10:57


大変な間違いしました。外語⏩介護です。申し訳ありませんでした。


Re: いつかは必ず死ぬ No.941
我が家の天使 - 2020/01/16(Thu) 16:25


ピョンノスケ様

もう、凄く共感でき読んでて私も涙が溢れそうになりました。

ピョンノスケの様が教会へ赴き、キリスト教の考え方である『天国での再開』「また天国で遇う」を信じてすがる考えも、同感です。私もピョンノスケ様と同じように「天国で再会し、ゴメンねと謝り、私と一緒に毎日は幸せだった?これからずっと一緒にいようね」と天国で直接言える日が訪れる時にすがり、今の悲しさや後悔や懺悔に向き合ってます。

4回目が長生きしてくれたのは、それまでの3回、育てた子達がきっと、憑いててくれずっと応援しててくれたのだと思います。きっとそうです、綺麗事や美談とか慰めでなく、本当にそうなんだと思います。


Re: いつかは必ず死ぬ No.942
ぴょんのすけ(ぴょの)親 - 2020/01/17(Fri) 20:59


 里親さん、ありがとうございます。

 もう少しで1週間ですがまだ、いなくなったことがうまく把握できていません。
過去に撮り貯めした写真や映像をみてみたら3000余ありました。
これらを整理のついでに見ていると死んだという事実から少し逃げられるような気がします。
そしてその作業を終え、ふとうさぎの名を呼んでみると反射的に涙が出てきます。
部屋もうさぎに関係のないどうでもいい掃除をしてると落ち着きますが、処分する気にならない遺品だらけです。
とりあえず依然わけがわからないパニック状態ですね。

里親さんも早く立ち直れますように。


 我が屋の天使さん、ありがとうございます。

 散歩大変でしたね。ウチはあまり外に出しませんでしたがいろんなシーンが思い出されるんでしょうね。
ウチも3年前家人の飼うダックスを亡くしました。たまにうさぎと遊ばせたりしていました。
ダックスはなぜか異常なほど家人に懐いており、私と遊ぶ時は仕方ないから感丸出しでした。
犬は家人とずっと一緒にいたかったんだろうけど、自分の最期を悟って無念に死んでいったんだろうな・・・と思ったら
涙が止まらなくなったのを記憶してます。

教会に行った時は「自分の子を殺してしまったのに、なんで処罰されないのですか?普通の生活をする資格がない」と問いました。
牧師さんは長時間辛抱強く話を聞いてくれ慰めてくれましたが、終戦という人間が生きるのも大変な時代を経験された方だからか、動物の命の重さをあまり重視してない感じで結局解決しませんでした。


 話は変わりますが、先日火葬している間、併設されているペット霊園を見て回っりました。
墓石は人間のそれと違って犬の顔を刻んでいたりやりたい放題で不謹慎ながら笑ってしまいました。
一家で4匹も5匹も犬の名を彫ってある墓もありました。
ざっと200以上の墓があったと思います。みんな愛されて死んだ動物でしょう。
自分は骨は持ち帰ったので2度と行くことはないと思いますが、あれは心安らかになれるな と思いました。


辛くて 苦しくて No.935
ゆりさん 群馬県吾妻郡 51歳 - 2020/01/14(Tue) 22:07
皆さんも 大切な我が子同然に可愛がっていた ワンちゃん ねこちゃんを失い とても悲しんでおられるのですね。心中お察し申し上げます。
私も 今月の12日に大切なねこちゃんを失いました。まだ5歳10ヶ月と言う早いお別れでした。10日の夜と11日の朝ご飯を食べなくて嘔吐がありました。主人が休みだったので様子を見ていて貰うように頼み 仕事に出掛けました。お昼過ぎに確認の電話をしたところ また嘔吐をしたと言うので直ぐに駆けつけてたところぐったりしていました。かかりつけの病院はやっていなくて やっている病院を探し1時間かけて病院に行きました。家のねこちゃんは 車も嫌いだし病院も大嫌いでしたが そんな事を言っている場合じゃない と車を走らせました。途中 ぐったりしているにも関わらず 私を呼んでいたので キャリーバッグのジッパーから手を入れ頭を撫でました。レントゲンや採血をしましたが 血糖が高いので直ぐに入院と言われましたが 診察をしているうちに 呼吸がとても早くなり 両足に麻痺もでてきました。医師はそれについては何も触れず もう帰って良いと言われたので後髪を引かれる思いで 診察室をでて振り返るとねこちゃんが私の方を見ていました。それが最後の別れになるとは思いもしませんでした。12日の朝7時前に病院から電話があり 危篤状態だから直ぐに来る様に言われ 病院までの1時間の道のりが何時間にも感じ 間に合って欲しいと涙が止まりませんでした。病院の玄関を入ったら医師が待っていて 間に合わなかった と告げられねこちゃんに合わせてもらいました。箱の中に入れられていました。その場で泣き崩れてしまいました。医師は心筋症で肺にも水が溜まりストレスもあり 蘇生をしても駄目でした と。後で調べたのですが 診察中の症状は肥大型心筋症じゃなかったかと思いました。家までの帰路 ずっと泣きながらねこちゃんの頭を撫でたり手を握っていました。帰って来てからお湯できれいに拭いてあげた後お花やお水を供えました。その日の夜は一睡もできず 生き返って!と泣きながら祈りましたが願いは届きませんでした。13日に火葬してもらい 骨になってしまいました。あの時早く病院に行っていれば助かったのかもしれない 一人病院で苦しくて寂しかったんじゃないか 年末に古いソファーを処分し新しい家具を入れた事で ストレスがかかってしまったんじゃないか ねこちゃんが寛げる場所を取ってしまったからじゃないか とか色々な思いが溢れて 申し訳なかったと言う思いと 寂しくて胸が張り裂けそうです。お骨を見ても もう帰って来ない と言う実感がなく 私のベッドで寝ている気がして 見に行くけど見当たらなく いそうな所を探してしまいます。もう 辛くて辛くて仕方がありません。虹の橋を渡り幸せな場所に行くといいますが ねこちゃんはどんな思いで私の側にいてくれたのだろう。幸せだったのかな と考えてしまいます。この思いを胸の内に留めておくのは辛すぎ投稿させて頂きました。


Re: 辛くて 苦しくて No.936
モグ兄 - 2020/01/15(Wed) 01:28


ゆりさん お悔やみ申し上げますとともに、心中お察しいたします。

 病院に預けるか、家で様子見るかは飼い主にとって究極の選択ですね。高齢の猫ちゃんの場合は、ある程度こういう状態になったら家で看取るとか獣医師と決めておいて入院させないとかありますけれど。ゆりさんの猫ちゃん場合は難しいです。緊急を要していてしかも若い子です。猫ちゃんのことを思うゆりさんの判断は正しかったと思います。ただ、行きつけの動物病院がやっていないなど不運が重なってしなったのですね。
 看取れなくて悔しいとお思いでしょうが、文章を読む限り仕方がなかったと思います。それでも悲しさは募ります。そしてご自身を責めてしまいがちですが、それだけはやめてください。
 猫ちゃん、大好きなゆりさんと一緒に過ごせて幸せだったと思いますよ。自分のことこんなに愛してくれてうれしくてうれしくて、  
そう、もう少しゆりさんのそばにいたかったと思っていたかもしれませんが、最後は体がつらくて、  動物たちは自分の死をそのまま受け入れるみたいです。
 元の生活にはもう戻れない気がするかもしれませんが、楽しかった猫ちゃんとの思い出が悲しさと共存できる日が必ず来ますので、無理なさらず猫ちゃんのこといっぱい思い出してあげてください。


モグ兄様 No.937
ゆり - 2020/01/15(Wed) 10:14


私の記事を呼んで下さり ありがとうございます。
暖かいお言葉も頂き 本当に嬉しいです。
昨日 仕事に行けば気が紛れるかと思い出勤したのですが 同僚の顔を見た途端に涙が止まらなくなり 年甲斐もなく人前で号泣してしまいました。まだ 仕事は無理だと思い暫くお休みを貰ってきました。
亡くなってから日が経つに連れ 悲しみやら喪失感が強くなっていくような気がします。毎日 一日中ペットロスのことについて見ています。
何でもない日常が幸せだった事に気付かされました。
ねこちゃんはきっと幸せだったんだな と思いたくても後悔やら悔しさで涙が止まりません。
モグ兄様もお辛いのに 暖かいお言葉を頂いたのにすいません。丸3日食事が喉を通らず 身体に不調を感じてきたので今朝食事を摂らなければ と思い少し食べてみましたが 駄目でした。
私もペットロスについての著書を読んでみようと思います。
本当にありがとうございます。


もう、ダメです No.900
我が家の天使さん 東京都 47歳 - 2019/12/23(Mon) 02:11
街中でクリスマスの装飾やBGMが辛くて辛くて辛すぎます、2019年11月15日に愛犬が突然体調を悪くして、あれよあれよと、あっという間に2週間で力尽き、死亡してまいました。エバンス症候群という、白血球を身体の中で作れないようにしてしまう恐ろしい病気にかかり、〜11月30日に力尽き、12歳4ヶ月の年齢で死んでしまいました。生活の、人生のあらゆるパターンが愛犬ありきでした。景色や、生活の中のすべて、愛犬がいないパターンがありませんでした、よくペットロスの克服方法で、"時間の経過"と云われてますが、私の場合は絶対不可能なのが解るんです、時間は何にも解決してくれないでしょう、確信できるんです。苦しいです、もうダメです。生きる気力、意味が無くなってしまいました。私にはすべてでした。私はもう何もありません、私は社会性も友達も財産もありません、てか そんなものへの欲求もありませんが、愛犬を大切に育てきた事だけは、私がこの世で出来たすべてでした。365日、雨の日も風の日も雪の日も台風や大雨の日は散歩コースをトンネルや巨大屋内施設に行ってでも12年間、1日も欠かした事はありませんでした、愛情の限り、人生のすべて注いだ存在でしたが、亡くなりました。もうダメです、もうダメそうです


Re: もう、ダメです No.902
里親 - 2019/12/23(Mon) 13:19


我が家の天使さん、、お辛いですね、、心中お察し致します。

ほんとに今年のクリスマス、正月は潰したい気分ですよ、、
歌なんか耳にしたらおかしくなりそうで。家族の理解もなく、わたしは、一人ペットロスに苦しんでおります。
主人のいうことを聞いて県外(義母の法事)にいかなければ、まだ長生きしてるかな?分からなけど。ほんとに時間経過しても、わたしは、無理そうです。

病気だから、仕方ないとか、寿命とか、思いたくないですよね。
動物の目線からしたら、苦しむことがへりほっとしてるかな?
私が寂しいだけなのかな?とか、、、

我が家の天使さんも、わんちゃんと、絆が深すぎたのですね。
慰めに、なってないですね。

動物は、旅立つ日を選ぶと言われていますね、、ほんとですかね?


Re: もう、ダメです No.903
我が家の天使 - 2019/12/23(Mon) 18:58


里親 様

お声かけてくださりありがとうございます。今は、誰からのどんな慰めや励ましより、同じ苦しみを共有してるペットロスの方々からの声しか聞く耳も、聞こうとする意思も思考能力や冷静さも客観さもありません。

里親様ならびに、この掲示板にペットロスの悲しみを綴られてる方々の話しか、聞けません。

本当に、絶望しかありません。

それから、里親さんがおっしゃれた、同じ事を、私も実はずっと考えてました。

もしかしら、愛犬目線で考えたら、犬である不自由さ、病気になって辛いときも、言葉では伝えきれない人間では無いが故の不自由さ、食べたいものも、自分では食べる事が出来ない不自由さ、動物が故での不自由さ、結局は"動物"扱いされてしまう不自由さ、産みの親元から離され、知らない処へつれられ、空気穴が開いてる箱に入れられ、ペットショップで知らない人間に抱っこされ、犬目線で考えたら、たしかに さぞ怖くて不安だった事だろう思います。

勿論、私自身は愛犬を我が子と思ってて、"我が子と同然"じゃなく、我が子であって、愛情の限り注ぎ慈しんで育て、一緒に生活をしてきました。

だけど考えてみたら、ウチの我が子(愛犬)は、産みの親と引き離され、それを私が引き取り、一方的に愛情を注いでたのかもしれません。

もしかしたら、生まれ故郷、産みの親と、今やっと、12年4ヶ月ぶりに里帰りし、産みの両親と再会し甘えてるのかもしれません...

飼い犬は、食べるのも外出も人間次第で、人間の顔色を見なきゃならなず、犬目線で見たら、とても不自由だったのかもしれず、私達がいくら愛情注いでも、本当の意味では自由じゃなかったものなのかも知れません。

けれど、ウチの我が子は、私が神様から授かった命でありました。

もしかしたら、愛犬からしたら。愛犬目線だと、天国に旅立ち、人間ありきでなきゃ生きてけない不自由さからの解放なのかもしれず、私達だけが一方的な愛情でペットロスになって苦しみもがいてるだけなのかもしれず、けれど辛すぎます、辛すぎます

段々、自分でも何を言ってるのかワケが解らなくなって混乱してるみたいです。

支離滅裂な返事となってしまい、大変申し訳ございません。

ウチの子に逢いたいです、ウチの子に逢いたい


Re: もう、ダメです No.934
里親 - 2020/01/14(Tue) 13:43


お久しぶりといいましても、まだ、一ヶ月経ちませんね。

少しずつ元気を取り戻されて生活されていらっしゃると願いコメントさせていただきます。

わたしは、まだまだ立ち直れませんが、あと三日で四十九日が訪れます。
早いものです。まだ喪に服しております。

写真や動画を観たら、やはり辛いです。

我が家の天使さんの、言われること、、共感いたしました。
人間のエゴも、あったのかなと考えてしまう日々です。
虹の橋で産みの親に逢えていたら、わたしも安心できます。

まだまだ時間が必要で、後悔と懺悔の念は消えません。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社