変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

苦しいです No.599
S.さん 東京都 26歳 - 2018/03/22(Thu) 02:49
こんばんは。
半年前に、7歳になったばかりのポメラニアンの女の仔を亡くしました。
ある日の夜、乳腺に小豆位のしこりを見つけ、次の日の朝一で病院に行き、乳腺腫瘍の可能性が高いがかなり初期なので、今の内に取ってしまって検査に回す事をお勧めすると言われました。一応術前検査も含め全身を診てもらい、問題無く転移もありませんでした。今回はお腹は切らず皮下のみなので手術は1時間もあれば終わるとの事で、早目に気付いて良かった、と安心して預けました。
うちの仔は人が大好きで、看護師さんにもルンルンで付いて行きました。でもこれが最後の姿になりました。

帰って来たら頑張ったねと褒めてあげて、大好きな笹身や砂肝を用意していました。
病院から電話が鳴り、もう危ないと言われ、意味が分からず駆け付けました。
そこにいたのは、苦しそうで真っ青な舌をした愛犬でした。お腹は切らないと言っていたのに、何故か血を吐いてもいました。

沢山、名前を叫びました。涙が止まらないどころか、足も体も震えて呼吸が苦しくて、頭に亀裂が入った様に全身を叩きつけられた様な感覚でした。
何故、たった1時間前まで普通に元気だったのに、こんな姿になっているのか、訳分かりませんでした。

院長から説明がありました。
担当したのはまだ若いなりたての獣医、気管チューブ挿管時に何度も失敗し喉を傷付け出血をさせたそうです。それに気付かずに時間が経ち、術後に気管チューブを抜いた時には出血した血が血餅となり喉を塞いでいました。たまらず苦しくなった愛犬が、思いっきり何度も息を吸おうとして、肺の入口が傷つきました。更にそこから出血した血が血餅となり結果、気道が塞がり苦しみながら亡くなりました。
気道確保の為に再度挿管をしようとしましたが、傷付けた喉の腫れと血餅で隙間も無かったそうです。

何故、うちの仔がこんな目に合わなければいけなかったんですか。どうしてこんなに苦しみながら逝かなければならなかったんですか。
自分の子供の様に、大事にしてきました。この仔が来てから、何処へ行くにも一緒に行ける所が絶対条件になりました。大好きなんかじゃ収まらない位、大きな存在でした。

火葬した時、骨がほとんど真緑色でした。火葬の方から、緑は全部薬です、これだけ緑なんて…長く闘病されていたんですね、今はきっと天国で走り回ってますよと言われました。
うちの仔は、病歴なんて今迄一切ありません。手術も若い頃に避妊手術をした以外ありません。きっと焦ったのか、何とか状況を打破しようと沢山投薬されたのかなと思いました。

苦しい、そんな一言で片付く程の心情じゃありません。何故いないのか分かりません。沢山沢山探すのに、呼ぶのに、見つかりません。
ご飯もおやつも、あげてもあげても減りません。涙が止まりません。

亡くなった同時刻になると、毎回毎回フラッシュバックして、呼吸が苦しくなり頭がおかしくなりそうです。
街中で犬を見ただけで、勝手に涙が溢れてきます。毎日仕事に行くのがやっとで、1日の記憶はほとんどありません。最近では、同僚の名前さえもすぐに分からなくなってしまいました。

私が迎えなければ、もっと違う獣医に診てもらい、きっとこんな事にはなりませんでした。ごめんね、ごめんねと毎日泣きながら謝っています。こんな事では許されないのは分かっています。でも、謝る事しか出来ません。
また会いたい、もう一度抱き締めたい、また一緒に散歩に行きたい、沢山お話したいと何度も何度も思いますが、願う資格も私にはありません。

あの仔は私に、かけがえのない輝いた毎日をくれました。
でも私は、恩を仇で返した様な事をしてしまいました。一生償い、地獄に落ちても足りない位、申し訳ない事をしてしまいました。

あの仔を失った苦しさと、罪の重さの苦しさで、毎日が本当に苦しいです。

でもこれだけは伝えたいです。私はあの仔が宇宙一大好きです。とても大事な存在です。本当に本当に大好きです。


Re: 苦しいです No.600
おに - 2018/03/22(Thu) 21:50


 S.さん、S.さんは何も悪くないです。S.さんはS.さんの大切なポメラニアンの子を救おうと懸命になさったんです。悪いのはその動物病院とその獣医師たちです。
 
 奴らは本当に家族の大切な子を、軽く扱いますね。未熟な奴にペットを扱う資格なんてないですよ。

 動物や人の苦しみもわからないやつらは獣医になんてなるなといいたい。

 S.さん、どうか自分を責めるのだけはやめてください。大好きなS.さんと一緒に暮らしてきっと幸せだったはずです。その子に会いたいという資格はS.さんにだけには絶対にあります。

 

 


Re: 苦しいです No.602
とも - 2018/03/23(Fri) 00:00


S.さん
こんなお別れの仕方をなさって 本当にお辛いと思います。
でもどうかご自分を責めないで下さい。愛犬ちゃんの為にと思ってしたことがこんな結果になるなんて考えられないです。あなたに罪はありませんよ。
いつも 大好き大好き大好きだよって伝えてあげて下さい。


Re: 苦しいです No.603
のりピー - 2018/03/23(Fri) 17:43


Sさんお悔やみ申し上げます。
私も4年前に1歳の猫を猫伝染性腹膜炎という治療のない病気で亡くしました。
ちょうど去勢してすぐあたりから元気がなくなり、去勢した時に電話があり、猫がものすごく吐いたというのです。

引き取りに行った後は元気があったのですが、3日後に元気がなくなり、歩くのもしんどそうで食欲もなくなってきました。
病院には3か月の闘病で1週間に2回も点滴を打ちに行きました。
そのたびに病院嫌いだったので毛がごっそり抜け、点滴した時だけ元気で食欲があり、点滴しないと座布団で寝そべってトイレ以外は動きませんでした。食欲もありませんでした。だんだん痩せていき、私は何も餌を猫の口にもっていくことと、トイレの掃除しかできない自分を責めました。
こんなに苦しんているのに何もできない。
猫がなくなってからは、異常に食べたくて食べたくて仕方ありませんでした。
不眠にもなりました。

主人は病院が不衛生なのを気にしており、そこで病気を移されたのではないかと言っており、私も去勢のとき病院から電話があり、猫がものすごく吐いたというのです。体が弱かったので、多分去勢が耐えられなかったのではと思っています。体が弱いので去勢は1歳でしました。

それ以来私は病院というものを信頼していません。
猫がなくなって3か月後に新たに2匹3か月の子猫を引き取りました。
やはり6か月のときに2匹とも去勢したのですが、1匹が手術中に吐いたというのです。

その時もなぜ去勢しなければならないことはわかっています。
でも、手術する前に本当にその日に手術できる体調かどうか見てほしかった。
できないとわかったら手術しないはずです。人間ならしないですよね。
猫は言葉がしゃべれません。なので、手術できない体調でも人間にはわからないので、やってしまうのです。

私は、亡くなった猫に最初の猫だったので、飼い方がわからず、怖くてあまり接触しませんでした。病気になって動けなくなってやっと触れたのです。
主婦なので働いてないので、私一人は怖くてケージに入れてしまい、家族が帰ってきて2時間くらいしか出さなかった。反省しています。
それも病気の原因の一つ、病院も原因の一つと私は思っています。
今の猫たちは、怖くないのでケージには入れていません。

家で亡くなっても病院で亡くなっても悲しみは一緒だと思います。
ただ、なぜその病院は若い先生に任せたのでしょう。失敗したのなら、ベテランの先生に代わってするはずなのに、なぜ最後まで若い先生に任せたのでしょうか。そこがおかしいと思います。Sさんのお気持ちよくわかります。
私もなくなった猫の病院は嫌なので、今の猫たちは衛生的できれいなところで見てもらっています。
なくなった猫は公営の葬式屋さんだったので、お骨はありません。なので、生きていた時の写真を娘からもらって額に飾って、今もごめんねと誤っています。いまだに4年たってもなくなった猫のこと忘れたことありません。病院のしたことも、私のことも両方腹が立って後悔しています。
Sさんどうか自分を責めないでください。今は苦しいでしょうが、時間がたつと心の奥隅に置けるようになってきます。どうか自分を大切になさってください。亡くなったワンちゃんに話しかけてあげてくださいね。それが供養だと思います。今度新しいワンちゃんを飼われるなら、違う病院にされたほうが良いと思います。



Re: 苦しいです No.604
杏ママ - 2018/03/29(Thu) 01:41


S様お悔やみ申し上げます。
私も今月20日愛犬を失いました。死因は鎮静鎮痛剤注射による心停止でした。
15日からおう吐があり4日間吐き気止め注射に通院し19日突然痛みで鳴き出しリンパ球の下痢血便、呼吸も苦しそうになり、低血圧、低体温になり検査結果、リンパ腫性腸炎か腸管型リンパ腫との診断また別に肝右葉にしこりもあるとの診断でした。苦しみ出し先生は超音波診断、血圧、痛み軽減のモルヒネ注射効果なくセレニア皮下注射効果なく皮下注射2回、泣き止み、今夜が最後の夜かもしれないと。選択肢として家に連れて帰り鎮静鎮痛剤注射を自分でするか、入院させるかと。入院させても常駐ではないため、朝まで先生が病院にいる訳ではない
勿論連れて帰り一晩中2時間〜3時間おきに苦しむ愛犬に教えられた通りに注射しました。20日の朝病院に行き様子を話すと4種の鎮静鎮痛剤注射をされまた夕方来て下さいと4本の注射を渡されました。でも10時目覚める事なく永眠しました。先生に死因はって聞いたら黙ってしまい、リンパ腫ですか?って聞いたら詳しい細胞検査をしていないので解らないと。
多分鎮痛剤注射による心停止と言われました。15日の血液検査の結果C R P が異常に高く貧血状態で処置は吐き気止めの注射4日間の通院
13才の老犬の為年に3回シニア検診もしていました。その過程で血液検査の結果例えばリンパ腫の早期発見に至らなかったのか?疑問が残ります。血液検査の項目も沢山ありシニア検診では白血球、赤血球等は調べないのですね。先生を信頼していただけに今回の診断はショックでした。応急処置で愛犬を失ってしまったと後悔ばかりです。
‥S様は医療ミスで大事な愛犬を失われてしまわれて本当にお悔やみ申し上げます。
S様‥恩を仇で返す‥なんて考えないで、
あなたは悪くない。病院に責任がある、信頼出来る病院を探すのは大変なのかなってつくずく思いました。
まだ亡くなった事を受け入れる事が出来ない状態なのですが、
同じような気持ち立ったのでコメントさせてもらいました。


無題 No.598
ポメミさん 大阪府 歳 - 2018/03/21(Wed) 15:10
以前、愛犬が亡くなった時、元々いなかったような不思議な感覚と書かせていただきました。
(地域は間違えて北海道になってます)
あれから3週間がたとうとしています。
元々、犬は大好きだし子供の頃も飼っていたのに今は全く興味がありません。
散歩をしているのを見ても以前はあんなに微笑ましく思っていたのに…
ただ今無情に会いたくなり、昨日の夜も涙が出て眠れませんでした。
亡骸を寝かせていたマットも、散歩の時に着ていた私の上着も、ハーネスまでも匂いが無くなってます。
私は鈍感なのか、現実を受け入れてなかったのか、匂いを感じる事で錯覚をしていたのかどれかはわからないけど…
今はただただ会いたい…会いたい…会いたい…
大きな音がした時「何の音?」ってクリクリの目で私を見て「大丈夫」って言ってもらうのを待ってた目…昨日、風が強かったから思い出したのかな…


Re: 無題 No.601
とも - 2018/03/22(Thu) 23:38


ポメミさん
大切なたいせつな愛しい子を失うと 自分がおかしくなってしまいますよね。壊れてしまいます。
どんなに願っても叶わないと分かっていても 会いたい会いたい、ただただ会いたいですよね。


無題 No.595
ぴかきさん 東京都 歳 - 2018/03/11(Sun) 18:05
昨日、15年連れ添った愛猫を火葬していただきました。
慢性のじん不全、先週まで普通でした。だけど5日間苦しみ、なくなりました。
仕事で看取れませんでしたが、亡くなる前日、添い寝して、弱り切ったあの子は私の声に目を開け、顎を私の手のひらに乗せてきました。
「大丈夫。ありがとう、大好き」必死で、穏やかな声で語りかけました。
あれが、お別れだったかもしれません。
私は家族関係が波乱万丈の人生で、今40代、独身。子どものころから
いつも「しっかりしなくてはならない立場」でした。
だけど本当は甘えたかった。いやだ、逃げ出したいと言いたかった、
その思いを、愛猫によりかかって「依存」していたのだと、今痛感しています。
依存だけではない、あふれる愛情を分かち合えた、今本当に実感しているし、
婚活に奔走する私を、きっと彼女はあきれていただろうと苦笑。
今は悲しみの中にいます。悲しくなったら、「愛してる」とつぶやきます。
あの子はいつも凛としていました。私を「甘えさせてくれていた」。凛として生きた、あの子は今は私に「自立」という学びを、凛として、課してくれました。


ひがきさん No.596
とましな - 2018/03/13(Tue) 17:44


ひがきさん

私と状況があまりにもそっくりだったので、思わず返信させて頂きました。
15年間一緒だった最愛のご家族とのお別れ、受け容れ難い哀しみだと、痛いほど感じます。
私も問題のある家族に苦しめられ、今40代独身、うちの猫に依存している自覚があります。
そしてうちの子も今15歳、慢性腎不全末期の告知を、2週間前に受けたところです。
ひがきさんが辿られたのと殆ど同じお別れの道を、今私も追い駆けて行こうとしています。
どうかどうか、今はご自分を大切に、介護でお疲れの心と体をゆっくり休ませてあげてくださいね。
ひがきさんを支えて下さった愛する猫さんは、きっとひがきさんの側に居られます。
思いっきり愛されて、幸せな幸せな猫さんだったと思います。





とましなさん No.597
ぴかき - 2018/03/15(Thu) 18:46


そうなんですね。コメントどうもありがとうございます。
こちら、寂しい毎日です。なんか、仕事の忙しさが有難いくらい。
毎日お水や、好きだったものを部屋に置いています。
最初はため息ばかりついてましたが、
ちゃんと見送ることも家族のやるべきこと!と
気持ちを奮い立たせています。


無題 No.590
ナミさん 神奈川県 歳 - 2018/03/08(Thu) 17:02
来週49日なのに、悲しみと絶望感が和らぐどころか日に日にひどくなっています。
以前もここに書かせてもらいましたが、本当に何をしてもどこへ行っても自分の心が凍りついていて人生から色が消えてしまいました。

もう私を待っていてくれるあの子がいない現実、喪失感、あの子に会いたくて頭がどうにかなりそうです。

いい歳した大人が愛犬の写真の前で、声を上げて何時間も泣き続ける毎日が続いています。
最後まで癌と闘い生きることをあきらめなかったキックの姿を思い出し、なんとか今生きていますが、半面、もう何もかも疲れ果ててしまいあの子のところへ早く行きたい気持ちでいっぱいになる時もあり、この深い悲しみが少しでも和らぐのはいつなんだろうかと途方にくれてしまいます。


ナミさん。 No.591
しずく - 2018/03/08(Thu) 20:27


お気持ち良く分かります。
うちの子は亡くなってもうすぐ1ヶ月です。
6才10カ月でした。
骨肉腫でした。
51sもある大型犬でしたので居なくなると、人一人いなくなったような、半端ない喪失感です。
ナミさんとまったく同じ気持ちです。

毎日、何かで気を紛らしておりますが、不意に会いたい。抱き締めたいと想いが溢れ出し涙が止まりません。
あの日から生活に全く色が無くなってしまいました。

でも、最近、虹の橋と雨降り地区を読みました。

そこはいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、悲しみに打ちひしがれている。
そこに降る雨は残して来てしまった誰かさん、特別な誰かさんの流す涙なんだそうです。

私がいつまでも泣いていたら、あの子はいつまでも雨降りの中に居るのかと思うと、可哀想で申し訳なくて。
早く雨降り地区から抜けて、暖かく幸せな所へ行かせてあげたいと思いました。
そこで、私が行くのを待っていて欲しいです。
無理はしなくていいんです。
少しずつ、少しずつ、ゆっくりゆっくり歩いて行きましょう。
そして、いつか又、会える日が来ると信じましょう。
信じる想いが虹の橋を造るんです。

ナミさん、お身体には気をつけて、お大事になさってください。


しずくさんへ No.594
ナミ - 2018/03/09(Fri) 16:55


しずくさん
メッセージ本当にどうもありがとうございます。
ここへ来れば、深い悲しみを背負いながらも一生懸命前を向こうとしている皆さんに繋がれるので心の拠り所としています。

しずくさんの可愛い子は6歳10か月だったのですね…
まだまだもっと一緒に過ごすはずだったと、本当にとてつもない喪失感でいっぱいなお気持ち悲しみ…想像に絶するものがあります。

私も自分で産んだわけでもないのに、キックが本当に自分から生まれてきたかのような自分の命に代えてでも守りたい我が子のように接して生活してしまいました。
もちろん人間の寿命より遥かに短く、彼らは駆け抜けるように一生を終えることは分かって覚悟も十分していたはずでしたが、現実に大事な宝を失った今、この世にこんなにもつらいことがあるのか…とあらためて茫然自失の状態です。

 「雨降り地区」にあの子をずっと留まらせてしまい本当に申し訳ないと思います。それでもどうしても涙が止まりません…

そうですね、少しずつゆっくり歩いて前を向くしかないですね。
しずくさんのおっしゃるとおり、いつかまたあの子に会えるという事だけが私の生きる支えとなってくれそうです。
信じて毎日を過ごし、きちんと寿命を全うしなければ会えませんよね

しずくさんも大変つらい毎日をお過ごしだと思います。
お互いに体だけは気をつけてなんとか乗り越えたいですね!

この掲示板に訪れている皆様も、どうか少しでも気持ちが落ち着きますよう
お体ご自愛してください。

またつらくてどうしよもなくなったらここで書きこみさせていただきます。


無題 No.593
まこさん 埼玉県 歳 - 2018/03/08(Thu) 23:20
今側にいないのが寂しい。でもそれよりも天国に先に一人でいかせてしまった事が心苦しい。一人で大丈夫?友達と仲良くやれる?寂しくない?私はどうすればいい?私が何をしたら君が天国でも楽しく安心して幸せに暮らせるのかなぁ


無題 No.592
まぁさん 埼玉県 27歳 - 2018/03/08(Thu) 20:57
いつも散歩していた道をもう一緒に歩けない
帰っても会えない
子供の時からずっと一緒だったのに
辛い時も楽しい時もそばにいてくれたのに
自分の大切な部分がなくなってしまったよう
もう一度一緒に暮らせるなら他に何もいらないよ
あなたのいない人生をどうやって歩けばいいかわからない
もっと幸せしてあげたかった
あなたが天国で幸せに暮らせるように頑張ることでしか生きられないよ


無題 No.588
ボゥママさん 大阪府 歳 - 2018/03/06(Tue) 04:25
陽子さん、温かいお言葉ありがとうございました。
陽子さんもお辛い思いをされましたね、読ませていただいて涙が止まりませんでした。
我が子の苦しそうな姿を見ていて少しでも楽にさせてあげたい、と思う事は皆さん思う事なんですね…。
でも陽子さんにこんなに大事に思われて幸せだったと思います。

後悔ばかりで思い出しては泣いてばかりでしたが、その度に残されたもう1匹が心配そうにするので元気にならないといけないですね。


Re: 無題 No.589
陽子 - 2018/03/07(Wed) 23:41


ボゥママさん、本当に大切な大切な家族でしたよね。そんな子とまだお別れしたばかりでなかなか元気にはなれないと思います。もう一匹のワンちゃんがいるから 泣くだけ泣いてとは言えませんが ワンちゃんにいっぱい話しかけ撫でなでしぎゅっと抱き締めて下さい。ワンちゃんも安心し、そうすることでボゥママさんのお心が少しでも鎮まりますよう願っています。



無題 No.585
ボゥママさん 北海道 歳 - 2018/02/28(Wed) 04:02
2月20日にうちの愛犬ボゥが腎不全で亡くなりました。
子供のいないうちの夫婦には本当に我が子のようでした。
今月の初めもう1匹のお薬をもらう為に病院へ行く機会があり血液検査をしてもらったら腎不全の末期でした。病院へ行くのもお散歩がてら歩いて行っていつも通り元気なのに…全然実感がわきませんでした。
毎日の点滴と食事療法での治療が始まってからどんどん弱っていきました。
トイレまで間に合わずそそうをしては、申し訳なさそうにママの顔を見てました。
あんなに元気だったのに2週間で寝たきりに…最後の2日間ご飯も食べず一睡もせずに吠え続けてました。痙攣も続いてもう体力的にも限界だと思い、腎臓の悪い子にはあまり飲ませたくないと先生からは言われていた安定剤を飲ませました。少しでもゆっくり眠らせてあげたかった…私も限界でつい眠ってしまった…起きた時には冷たくなっていました。
横に付いていながら最期を看取ってあげれなかった、薬を飲ませてしまったからだと後悔でいっぱいです。
本当に優しい可愛い子でした。もう1匹がずっと姿を探しているのを見ると胸がつまります。本当に辛いです。


Re: 無題 No.587
陽子 - 2018/03/05(Mon) 00:41


うちの子も悪性リンパ腫の治療をしていましたが それまで普通にしていたのにしていた突然ハアハア言い出して 三日間何も食べず横になれず一睡も出来ませんでした。   
病院で酸素室に入ればだいぶ楽になると言われて 一晩預けることにしました。安定剤も使ってやって下さいとお願いしました。苦しむのを見てられなかったのです。

翌朝病院から亡くなったと電話がありました。もしかしたら安定剤が効きすぎたのかもしれないと思っています。
なんで預けて帰ってしまったんだろう。あんなに甘えん坊だったのに一人ぼっちで行かせてしまいました。なにがなんでも傍に付いていてやれば良かったとどれだけ後悔したかしれません。
ボゥちゃんはママの横で安心して旅だったと思います。今は本当にお辛いと思いますが もう一匹のワンちゃんもどうしてボゥちゃんがいないのか分からなくて戸惑っていると思います。たくさん話しかけてあげて下さい。


無題 No.586
ポメミさん 北海道 歳 - 2018/03/04(Sun) 15:47
昨日、愛犬の火葬をすませました。
もうダメかもと言われた時、亡くなった時、亡骸をいつもの布団に寝かせてる時、
火葬される時、泣いても泣いても涙がとまりませんでした。
具合が悪くなってたった4日だったしまだ8歳と若かったし…
骨を拾って少しだけ現実を受け止めた気はしました。
でも今日、まるで愛犬がもともといなかったような、いてたのがウソのような不思議な
感覚にとらわれています。
ネットで同じような人がいるか探していましたが見当たりませんでした。
そしてここにたどり着きました。
同じような経験をされた方はいらっしゃいますか?



救えなかった小さな小さな命 No.581
たまちゃんさん 千葉県 歳 - 2018/02/16(Fri) 12:38
母猫に育児放棄されてしまった1ヶ月未満の子猫を代理で育てることになりました。
放棄されてから4匹産まれた中で3匹亡くなり最後に残った1匹。体重も標準の半分しか無く
ミルクも思ったように飲んでくれない…。1番大事な時に減っていく体重…下がっていく体温。
どうして何も出来ないのと自分の力不足が悔しくて堪らない。
持ち直したかなと思った夜、何度戻しても寝床からよちよちと這い出して私の胸に寄り添って眠る小さな命。暖かかった…それだけで涙が止まらなかった。
朝になって急にぐったりして、あぁもう本当に死んじゃうんだって思った。なんでそんな事思っちゃったんだろう…生きて欲しかった。まだ生まれて1ヶ月も経っていないのに…まだ出会って4日目なのに、私の顔を見ながら手の中でゆっくりと虹の橋を渡って行った小さ過ぎる命。
何も出来なくてごめんね。お母さんの代わりになれなかったね。
君の使っていた君の匂いの着いたタオルが宝物だよ…。
もっと上手にミルクあげられたんじゃないか、私のやり方が悪かったんだ、と泣いてばかりです。お母さんが見捨てたのも、他の子もみんな死んじゃってるのも先天性の病気だったんだよと先生は言うけれど、預かったのが私じゃなかったらちゃんとおおきくなれたのかな…
もう1度だけ会いたいよ…



Re: 救えなかった小さな小さな命 No.584
とも - 2018/02/25(Sun) 01:21


たまちゃんさん
どうかご自分を責めないで下さい。
母猫に育児放棄されて 三匹は亡くなってしまったのです。
けれどその子は例え四日間でも 寝床からよちよちと這い出してたまちゃんさんの胸に寄り添って安心して眠り、温かい手に包まれて幸せな時を過ごせたのです。 
そして今はもう苦しいこともなく 天国で他の兄弟たちと花園を駆け回っていることでしょう。
たまちゃんさんの優しさに「ありがとう」って言っていますよ。


昨日うちのココは虹の橋に No.582
らぶままさん 千葉県 30歳 - 2018/02/16(Fri) 16:19
先週の金曜日、ココの元気がなく病院に連れていきました。血液検査をしたら、腎不全が起きていると。よく分からずネットで調べたり聞いたりと、しばらく点滴で様子をみると3日間入院させました、先生はいつ亡くなるか分からないもう治療では治らないとゆうので連れて帰りました。それでも諦めきれず他の病院に、そしたら腎臓だけではなく胆のうや肺にも悪い所がと、助かる確率は極めて低いとゆうのです。もう泣き崩れましたね、なんで!なんで治らない?今日あしたが山場?え?生きてるぢゃん。旦那さんと話しをすこしして、痛みを和らげてくれる注射と吐き気を抑えてくれる注射をうち家に帰宅しました。ずっとずっと一緒にいました、でもごはんも食べれないしフラフラだし涙が溢れてきました、それでもココは3日一緒にいてくれました。昨日は珍しく何回も立ち上がりわたしのお腹に顔をのせてきました、たくさんなでて泣いてばっかでごめんねと苦しいね頑張りましたねと声をかけてそれからすぐ、わたしを見ながら息をひきとりました。いきなりすぎてもう仕事も辞め、脱力感がすごいです。誰かに聞いてもらいたい、共感してもらいたい。


Re: 昨日うちのココは虹の橋に No.583
ママ - 2018/02/19(Mon) 22:45


らぶままさん、お辛いですよね。
ココちゃん、最後まで頑張りましたね。
どんなに辛いか私も経験し、8ヶ月たった今なおペットロスに苦しんでいるので分かります。
何か少しでもお気持ちを楽にしてあげられる言葉があればいいのですが、大切な家族を無くした今のお気持ちはきっとどんな言葉も癒す事は出来ないでしょう・・・
ただ、離れてはいますが同じ思いで今も泣き、悲しみの中にいる人達がいます。
辛い気持ちは、吐き出して下さい。
どうか我慢なさらないで下さい。
悲しい時は泣き、苦しい時は掲示板に書き込んで下さい。
私は、そうして8ヶ月乗り越えてきました。
どんな気持ちでも聞きますから


後悔しています。 No.579
モモさん 宮城県 歳 - 2018/02/10(Sat) 12:23
病気の猫が逃げ出して2週間後、国道の歩道で、似た猫が倒れているのを見ました。
確認しようと思い傍迄行ったのに、出来なくて警察に電話しました。

後悔するとは分かっていたのに、出来ませんでした。
毎日、後悔しています。
逃げた時点で、いつ死んでもおかしくないと言われていました。
家の近くだったら逃げた猫だと断定できたのですが、3キロも離れた
場所だったので、違うという思いもありました。

場違いな話だとは思いますが、後悔が深いので書かせて頂きました。


Re: 後悔しています。 No.580
とも - 2018/02/15(Thu) 22:57


みんな後悔しています。 
どのようなお別れの仕方でも 
大抵の方は後悔しています。
苦しいですね。
このような掲示板にでも思いを書いて 
何度でも書きたければ書いて
少しずつ前に進んで行って下さい。


元気だったのに No.578
stさん 北海道 歳 - 2018/02/09(Fri) 17:01
2/1に愛犬のダックスフンド♂が15歳で息を引き取りました。
小さい頃風邪をこじらせたり3年前に肝臓を悪くしたり危ない状況になったことも何度かありましたがどうにか元気でいてくれました。特に3年前は覚悟しながら日々を過ごしていましたが動物病院を変えたところ薬が合ったのかそれ以降はずっと元気で2/1も普通に散歩に行って普通にごはんを食べていたようです。
私は仕事から帰っていつもより少し適当に接してお風呂に入り、髪の毛を乾かそうとしていたら母が血相を変えて連れてきて「様子がおかしい、だめかもしれない」と言うのです。ついさっきまで普通だったのでそのうちまた元に戻るだろう、早くしてくれないかなくらいに最初は思っていました。
ところが状況は悪くなる一方で妹が私の後にお風呂に入っていたので急いで呼びました。妹もその時は軽視していました。父も上の階にいましたが騒ぎを聞きつけて降りてきました。
一度落ち着いたのでまだお風呂から出てこない妹にもやっぱり大丈夫かも!と伝えたのもつかの間、徐々に足がだらんとして力が入らない様子で再度急ぐように伝えました。
母に抱かれたまま力なくだらんとして舌も垂れて呼吸が苦しそうで涙が止まりませんでした。その内に妹が来てみんなで撫でてやりました。うんちがどっと出て、何かつかえているように見えたのでつかえが取れれば収まるかもしれないと祈るようにさすっていましたが徐々に力も鼓動も弱くなっていきました。
私たちは覚悟を決めてありがとうと大好きを伝えながら順番にだっこしてお別れしました。
つい1時間前まで普通だったので未だにどうして?から抜け出せません。仕事から帰ったときもっと撫でてあげれば良かったと後悔しています。
私は普段夜遅いことが多く、あの日は雪の予報だったので本当にたまたま早めに帰宅しました。前の日でも次の日でも家族4人揃わなかったでしょう。優しい優しい子でした。
あまり苦しまずに最期を迎えられて良かったのかなとも思いますが、やはりもっともっと一緒にいたかったです。長々とすみませんが、あの日のことを忘れないために、自分の頭を整理するためにこちらに書き込ませていただきました。


寂しい No.573
rikaさん 埼玉県さいたま市浦和区 48歳 - 2018/01/27(Sat) 01:33
去年の12月6日の深夜1時30分に愛犬ベルが亡くなりました。2年前突然肺水腫、心臓肥大と診断され、毎日の投薬、血液査、レントゲン本当に注意していました。それまで本当に元気で私の周りにまとわりついて、散歩も朝夕逝っていたのに急にいなくなってどうしていいかわかりません。心の整理が出来ません。いなくなって2ヶ月もたつのに受け容れられません。毎日ないてます。普通の生活に戻せるのにどうすればいいのでしょうか。教えてください。


私も生活ができないほど憔悴しています No.574
ナミ - 2018/01/28(Sun) 21:02


rikaさんはじめまして。
本当に同じ気持ちで身の置き場がないつらさにまいってしまいここへ来ました。愛犬キック15歳は先週24日の深夜に旅立ってしまいました。癌とわかってたったの2か月であっという間にお別れが来てしまい、心の準備や覚悟をしていたはずが全くそんなの意味がなく、未だあの子が旅立ったことが信じられない気持ちと、もう二度とあの子を抱きしめることができない絶望とで頭がどうにかなりそうです。
わが子も心臓病と気管虚脱が分かってからは今まで以上に気をつけ、何より本当に大切に宝物として毎日一緒に生きてきました。
私自身、独身で家族はこの子だけ…生活のすべてがキック中心でした。今、正直言って生きる意味が分からなくなってしまい歩いていても食べていても何をしていてもふわふわと心ここにあらずな状態です、本当に心の整理できませんよね。
顔が変わるほど毎日泣いて過ごしています。
飼い主が泣いていると成仏できないよと言われても、どうしても涙や絶望が止まりません。ごめんなさいね、rikaさんの問いかけに答えられず…
同じくもがき苦しむ者として思わず書きこんでしまいました。


Re: 寂しい No.575
さはら - 2018/01/29(Mon) 17:36


うちの犬も2018.1.28の深夜に亡くなりました。死因はトピ主様のわんこと同じく、心肥大に起因した肺水腫でした。純血種ということもあり元来病気も多く、毎日てんかんを起こしていました。それが負担になっていたのだろうなと思います。亡くなるたった2時間前までは元気な姿だったのに。ストーカーのように家族周りを付いて歩き、ピンポンにはうるさいくらい吠えていた愛犬、日常に溶け込んでいたその姿がぽっかりと無くなり、虚無感でいっぱいです。私も毎日泣いています。でも、何匹か飼った経験上、この悲しみは時間が必ず解決してくれます。一緒に、思い切り泣きましょう。


Re: 寂しい No.577
ママ - 2018/02/05(Mon) 23:21


はじめまして。
私も息子同様の子を癌で七ヶ月前に亡くしました。
お気持ちわかります…
私は、いまだにペットロスの症状が酷いです。
いまだに泣きます。
あの子を亡くして3か月は、仕事終わりに真っ直ぐ家に帰ることが出来ませんでした。
いつもうちに帰るとあの子が1番に出迎えてくれていたからです。帰るといないという現実を受け入れられなかったのです。
いまだに、あの子の姿を求めては泣いてしまいます。
周りは、もう半年以上経ったのだからと言いますが、私にとっては昨日の事のようです。
本当だったら、その悲しみはだんだん癒えると言って差し上げたいのですが、私の場合癒えることはなさそうです。
ただ、ほんの少しだけですが、あの子がいないという現実を理解出来るようになった気はします。
ただ今でも毎日会いたいですし、後悔も襲ってきますし、悲しいし寂しいです。
いつか会える!その為だけに生きてる、そんな生活になっています。
慰めてあげることが私には出来なくてごめんなさい。
でも、今その悲しみの中にいるあなた様の気持ち本当にわかるので・・・
どうか、お辛いでしょうが、あなた様のその心の痛み、悲しさ、辛さを同じ空の下で感じて理解出来る人がいるということをお知らせしたくて書き込みさせていただきました。




覚悟したけど No.572
社長さん 大阪府 歳 - 2017/12/27(Wed) 10:33
17才の猫が昨日旅立ちました。寝たきりのときは本当に涙がでていたんですが、何時間かして涙は止まり、覚悟しました。でも、いざ埋葬してへやにもどってみると、悲しい気持ちでいっぱいになります。昨日の夜は眠れませんでした。今でも悲しいままで、何もやる気が起きません...。


とびへ No.568
たつさん 宮城県 歳 - 2017/12/26(Tue) 07:57
21年前我が家に生まれた愛猫が一昨日旅立ちました。大往生です。歳のわりに先月まではヨタヨタしながらも歩き、ご飯も食べ、ちゃんととは言えないまでもトイレの近くで用を足していました。すごいことですよね。なので今まで゛死≠ニいうことをあまり考えていませんでした。

とびが旅立って2日目。とびの事を思うと胸が苦しくなるよ。最期の夜帰宅した時タイミング良く起きてて「ニャア」って鳴いてくれたね。牛乳あげたら飲んでくれたし顔を拭いてるときも気持ち良さそうにこっちを見ててくれたよね。寝る前に「おやすみ、また明日ね」って普段言わないこといったの聞こえてたかな?数日前に突然とびが歩くのが困難になったとき、心配で調べたら最期が近い時になる症状にすごくにてたから、そろそろ覚悟しないといけないのかなって思い始めたところだったんだ。まだもう少し先、明日も会えるって思ってたから次の朝いつもの場所いつもの寝姿まま天国に旅立ったとびをみたときは信じられなかった。さっきまで生きてたのに!急すぎるよ!
寒くなかった?一人で逝かせてごめんね。昨日の夜帰ってきたとき生きててくれてありがとう。臆病な僕に最期の瞬間を見せないでくれてありがとう。自己中でごめん。もっと一緒にすごしたかった。もっと優しくしてあげればよかった。最後頭を撫でることしかできなくてごめん。とびは幸せだった?いつも傍にいるのが当たり前すぎてこれから先とびにさわれない、とびの声が聞こえない暮らしが全く想像できないよ。がきんちょだった僕と21年間一緒に過ごしてくれてホントにホントににありがとう!うちに生まれてきてくれてありがとう。昔のこと過ぎて生まれた日は曖昧だけど12月24日は絶対忘れないよ‼大好きだよ。
とら母ちゃんとは会えたかな!?
まだ気持ちの整理がつく気配がないから
いつでも会いにきていいからね!






Re: とびへ No.571
おに - 2017/12/27(Wed) 02:03


 21年ですね。本当に長寿で素晴らしいですね。うちの子は20年と約8か月でした。とびちゃんは21年もたつさんのそばで幸せだったと思います、それでも悲しいですよね。幸せだったからたつさんと最期までいっしょにいたんですよね。
それでも大往生と思っても悲しいですよね。寂しいですよね。思い出もいっぱいで、覚悟ができていたと思っても、そんなことは関係なくなってしまいますね。
 私も2か月前同じ経験をしました。次の日からどう生きたらいいのかわからない思っていましたが、こちらの悲しみに関係なく時は流れて行きました。
 でも、一つだけわかったことはこの悲しさや寂しさはなくならないけれど、慣れることはできるということです。そして悲しさや寂しさの正体は、その子を思う強い愛情であったので、それがなくならないということはその愛情もそのままであるということなので、それに気づいたとき、いつまでも愛するあの子を思い続けていられる気がしました。そして、ほんの少し気持ちが楽になりました。その日が来るまでたくさん泣きました。 
 やさしいたつさんの心にいつまでもとびちゃんがいると思える日が必ず来ると思います。
 

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社