変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

亡くして2ヶ月 No.1304
みけこさん 佐賀県 歳 - 2020/07/02(Thu) 21:35
5月に愛猫を亡くしてこちらに一度書き込みした者です。
夜中の…痙攣で異変に気付くも病院にも駆け込めずの突然死で救えなかった悔いが今も…。
バルコニーの植木鉢の雑草を猫草のように食べる子なので、毒が無いか調べず今の家に越して10年間何もなかった…とはいえ死の原因が分からないので今更ごめんって空を見上げて…。
もっと質の良いご飯買って食べさせていたら…とか。
小柄な兄弟猫がくしゃみ鼻水が出るし体重も落ちたので、鼻の診察受けて体重を健康的に乗せたくて…
それと愛猫が亡くなったこともあってそれを期に穀物類の入っていない少々お高いドライフードにしたり…。
今更ながら、“みゅうみゅう”にも食べさせたかったなぁ…って。
ごめんねって…。

まだ四十九日の前に、旦那が子猫を事の成り行きで保護して今4週目。
亡くした子に顔の模様が似ていたら…即飼いたいと思っただろうなぁ…。
悲しみの中、パワー有り余る子猫のお世話。
咬みつき癖があって、猫用の檻もないので就寝時にじゃれて咬み付きに来るので睡眠の質が落ちて、気力もより下がり気味で…。

俗に猫を欲した猫好きの元にねこねこネットワークと言う秘密結社から猫が派遣される…
というような都市伝説がありますが…
愛猫亡くしたばかりで望むのはクローンの“みゅうみゅう”と暮らしたいとは思ったけれど…。

保護してすぐは早く貰われろ〜と言ったものの、色柄違えど情は湧く…複雑です…。
子猫だから落ち着きなく跳ねまわって游ぶ。
大人猫らもそうだったなぁ…。もう11年も経つのだなぁ…。子猫のみゅうみゅうも可愛かったなぁ、見た目も仕草も鳴き声も…。
動画をもっと撮っておくのだったなぁ。
すぐさま撫でて抱っこして話しかけて可愛がる事の出来た日々…突然絶たれるなんてさ…。まだ生きられたのに。みゅうみゅう何も悪いことしてないよ…。
突然死するような物口にしてしまったのかなぁ…ほかの兄弟猫は雑草食べなかったから…。

時間巻き戻して救って…。
いつもの みゅうみゅうのいる生活に戻りたい…。


ちゃぴーさんへ No.1300
コビビ達ママさん 東京都大田区 56歳 - 2020/06/30(Tue) 15:02
サクラちゃんと居られた2ヶ月、、
私も5月20日に15年前我が家で誕生し大切に育てた15才ダックスのビビアンを
亡くしました。コロナは家族みんなで怖がり不安ばかりで今に至りますが
憎きコロナはうちにもちゃぴーさんにも愛犬との密で濃い時間をくれましたね
私もロスが激しく考えてしまうと涙が溢れ、、
愛犬、愛猫達の喪失感は何度直面しても気丈にはなれませんね
我が家は闘病長く最後は多分リンパ腫が再発?転移、、しているのだろうと
全身麻酔でのCT検査を避けガンありきでの対処療法で自粛期間は
ほぼ毎日点滴、、生きていてくれる喜びでチャリで毎日病院に通いました。
サクラちゃん本当にママに楽になったよ!と伝えて行ったのだと思います。
うちには同じ様なシニアワンが3匹残ってくれて居るのですが
どの子にも残りの時間を考えるようになってしまい毎日心から笑えない、、
まだビビアンの写メも動画も見る強さもなくて封印。
しかし、虫の知らせか今回サクラちゃんのお話を読み
同じ寂しさ辛さ抱えている方が居られる現実を見て共有させて頂きました。
コロナ時間はサクラちゃんとビビアンが生まれ持った奇跡の時間でした。
ママを独り占めする時間をいっぱい持って生まれて来ていたんですね
持ってる子達だったんですよ!!
ママが社会の中で望んでもそう簡単には長期お休みは貰えませんから。
歴史に残る様な怖い疫病の今
私達の愛犬はこの先絶対記憶を間違えさせない歴史を残してくれましたね。
そうは言っても、あーー会いたくて会いたくてたまりません(TT)
因みにビビアンの49日は7月7日 七夕です。


コビビ達ママさんへ No.1301
ちゃぴー - 2020/06/30(Tue) 17:45


読んでくださって、そして返信してくださってありがとうございます。
コビビ達ママさんも大事なビビアンちゃんを亡くされてさぞお辛いことでしょう。
返信を読んで胸が張り裂けそうでした。コビビ達ママさんも共に同じ時に闘って愛する子を虹の橋に送ったのだと知り涙が溢れました。実はうちにもまだ14歳のトイプーと9歳のミックスが居ります。いつもどこか他の2匹に遠慮がちだったサクラは2か月間だけでしたがしっかり私を独り占め状態でした。
生きていてくれるだけで、お世話をさせてくれるだけで、私も幸せだった。
あの2か月は一生忘れられない奇跡の時間です。
コビビ達ママさんが同じ境遇にいて共感してくださった事は私にとって救いの贈り物です。ありがとうございます。
ビビアンちゃんもサクラも今は苦しみのない世界で私達を見守ってくれてるはず。
それでもこの寂しさ辛さからは当分抜け出せそうにありませんね。
コビビ達ママさんは3匹、私は2匹、残されたシニアワン達が幸せに長生きするように心から祈ってます。


サクラ No.1299
ちゃぴーさん 愛知県 50歳 - 2020/06/29(Mon) 23:25
11歳 雌のブラックのトイプードルでした。名前はサクラ。
心雑音があると言われてから進行が早かったようで、半年ほどで呼吸が荒くなりそこから入退院を繰り返しました。初の入院は世がコロナの緊急事態宣言が出され私も2ヶ月の休業になったその日でした。最初の入院は日帰りでしたが、呼吸困難が頻発しだし入院期間も増えました。
だいたい具合が悪くなるのは病院がやっていない深夜。
高速道路に乗り車で40分程かけて動物救急病院に駆け込んだ事も度々ありました。
心臓の弁幕は完全に断裂していたようで、それが原因で肺水腫を発症していました。
いつ死んでしまってもおかしくない。この子は今 正に生と死の狭間で闘っている。覚悟しておいて下さいとお医者様に言われ何時間も待合室で泣きながら待っていた事も。もうダメかもと宣告されても利尿剤の点滴と酸素補給を受けるとサクラはその度に一命を取り留めてくれました。頑張ってくれたんです。
でも何度サクラが苦しんでその度に生還してくれてもまた数日で肺に水が溜まる。結局、根治させるには外科的手術しかありませんでした。費用は150万円。成功すれば寿命が2年延びると。でも手術中に亡くなる可能性もあると。
私は地元のお医者さまにも相談して、外科的治療は受けない判断をしました。薬の量を増やして肺水腫にならないように気をつけていきましょうと。
いかに楽に逝かせてあげるか。
私はサクラが苦しんで死んでいくのだけは避けたかった。だから安楽死について検索したり安楽死を選んだ飼い主さんのブログを探しては読むようになりました。
そんな中、恐れていた肺水腫の症状が。それもまた夜遅くでした。
いざという時は安楽死をさせてあげようと思っていたのに、病院は留守電でした。
結局家にレンタルしていた酸素室の中に押し込め、出たがるサクラをなだめて腕だけ入れて背中をさすり、朝の6時過ぎまで。一晩中苦しみ最後外に出ようともがいてそのまま力尽き真後ろに倒れてピンクの泡を吐きました。
酸素室から出して私の膝に乗せると大きく2回呼吸のような仕草をして息絶えました。
私の休業中の出来事でした。たった2か月でしたが私はあの子の為だけに尽くした2か月でした。
楽に穏やかに逝かせてやりたいという願いは叶いませんでした。それが辛いです。
火葬の翌日、夢と現実の境にサクラがすごく元気に私の足元に現れ生前には見たこともないような陽気な雰囲気で私の体に添って駆け上がっていきました。その瞬間、辛くて心底疲弊していた私はとても暖かく思わず笑みがこぼれるほど幸せな気分になったのです。
私はもう苦しくないよ、こんなに元気になったよ
とサクラが伝えに来てくれたのでしょうか。
7月9日に四十九日を迎えます。まだまだまだまだ、あの子の事を思っては涙する日々です。


なつさんへ No.1294
tetuさん 東京都 57歳 - 2020/06/28(Sun) 23:29
悲しね、寂しいね。

写真や動画、いっぱい見て、いろんなこと思い出してあげてください。
頭をなでてあげた時の温かさを思い出して、体をなでた時の毛の感触
を思い出して、見上げてくれた時のかわいい目を思い出してあげて下
さい。
ショコラちゃんのかわいいところ、一番知っているうちの一人なんで
しょ。ショコラちゃんが生きてた証、意味のある一生だったと確信で
きますよね。しばらくは泣けるの仕方ないよ。泣くなったって無理だ
もんね。



Re: なつさんへ No.1298
なつ - 2020/06/29(Mon) 18:14


ありがとうございます。
本当に辛くて…悲しくて…
玄関を開けたら座って待っていてくれてるんじゃないかと思ってしまって。
家の中がまだショコラの匂いがして、余計に切ないです…
立ち直れる気がしないです。
会いたくて会いたくてたまらないです…


匡,幸せでしたか? No.1297
sherryさん 愛知県 歳 - 2020/06/29(Mon) 11:24
本当に突然でした。
6/8が愛犬匡(キョン)の10歳の誕生日。それからわずか4日。
いつものようにご飯も食べて,散歩もして,階段も自分で上がって,何も変わったことがない日常でした。
ただ,今思えば,主人が散歩に連れて行ったときは,帰ってくると,「帰ってきたよ」とわたしのところへ来てくれるのに,来てくれなかった・・・わたしも,その日に限って,気にもとめていなかった・・・

主人が横たわるキョンの異変に気付いた。
わたしも駆け寄り,抱きかかえると,目の焦点が合わない。
すぐ,病院に連れて行かなければと思いつつ,同居の父の夕食が気になってしまった。夕食を運んだ時間は,5分とかかっていないと言うけれど,
夕食を運んでいる間に,ほぼ吠えたことがない,キョンが2回吠える声を聞いた。
病院に行こうと抱いたとき,わずかな心臓の鼓動を感じた。
でも,病院に行く間に,心臓の鼓動がしなくなっていくのを感じた。
病院に着くと,「息をしていない」というわたしの言葉に,先生も最優先で処置してくれた。
でも,再び,元気なキョンを見ることはできなかった・・・

愛犬の死は,飼い主として避けては通れないことはわかっているけれども,
何か悪いところが出てきたら,看病してあげるものだと思っていました。
それなのに・・・看病さえもさせてくれず,いつもは吠えることもなく,在宅仕事のわたしの仕事の邪魔もせず,一緒に車で遠出するときも,いつもいい子で・・・
あなたはうちに来て幸せでしたか?
一度は気持ちが落ち着いたのですが,あるきっかけで,また悲しくなって・・・まだまだ愛犬の死が受け入れられないのかなあ・・・


感謝と後悔 No.1296
みきさん 愛媛県 33歳 - 2020/06/29(Mon) 08:41
27日、10年間一緒に過ごした猫が死んでしまいました。
26日の夕方、いつものように外へ遊びに行きました。
いつも飛び出して行くのですが、この日はトイレに隠れたりしてなかなか外へでませんでした。 雨降ってないから行っておいでー と撫でてやると、少ししてゆっくり出てきて遊びに行きました。
21時頃にいつも帰ってきますが帰ってきません。
名前を呼んで外を歩きましたがみつかりませんでした。
翌朝、大雨でした。近所を探しましたが居ませんでした。
10時30分頃、お隣の方から うちの庭でふぅちゃんが死んでいる と連絡がありました。
びしょぬれでもう暖かさもありませんでした。
歩きながら倒れたような姿勢で。

あの時しぶしぶ出ていった姿が浮かび、外に行かせなければ生きていたのかも、、、と思うと辛くてたまりません。
どんな原因で亡くなってしまったのかはわからないけど、家族の声が聴こえる所に居てくれたこと、亡くなってからも帰ってきてくれたこと、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

子どもがアレルギーになってからの数年間、家の中を自由に歩かせてやることができず、ケージの中で過ごさせていました。
それも思うとふぅちゃんは幸せだったのだろうか、、、と後悔しかありません。

骨になって帰ってきた今、同じ部屋で一緒に過ごしています。
抱いてやることも撫でてやることもできないけど、ずっと一緒です。

10年間。まだまだ寿命には早かったけど、辛いときも楽しいときも寄り添ってくれたこと
ありがとう。

出会ったのも、10年前の今頃でした。
大雨の日にうちの玄関前に座っていました。


後悔 No.1295
山本 桂子さん 石川県 50歳 - 2020/06/29(Mon) 05:49
昨日愛犬クルミが息を引き取りました。3才の時に病気を発症し、積極的な治療のおかげで落ちつきました。一年たったら50%が寛解するとの事だったのでこれからも一緒にいられると思ったんですが、また再発の兆しがありました。最初通っていた病院ではそのまま見守ってあげてくださいと言われましたが、納得いかずセカンドオピニオンへ。積極的治療を続けました。最後の方は息苦しそうで酸素ルームをレンタルしてほぼその中で過ごしていました。具合悪かったけど薬は飲ませてと言われ、無理に口の中に入れて飲ませました。その数分後に吐血し、息を引き取りました。積極的な治療が結局苦しめた事になったかもや無理に薬を飲ませた事で死なせてしまったのではと色々考えてしまい、涙が止まりません。まだ5才なので早すぎる死にも受け入れられなくて辛いです。


今までありがとうね No.1293
なつさん 北海道 歳 - 2020/06/28(Sun) 13:56
6月27日、愛犬が旅立ちました。

ずーっと病気もしないでこれたけど、最後の最後…辛かったよね…痛かったよね…
大好きなご飯も食べられなくなって…歩きたいのに起き上がる事もできなくて
でもちゃんと尻尾は振ってくれて。

何もしてあげられなくてごめんね

全く吠えないし、噛まなし、何されても怒らないし、人懐っこいし、甘えん坊だし、寂しがり屋だし、食いしん坊だし、飼い主に似て少しマヌケで。笑
そんなショコラちゃんが大好きです。

写真や動画を見る度、泣いてる。
また会いたい。良い子だねって撫でたい。また一緒に散歩したり、馬鹿みたいにはしゃいで笑いたい。

本当に辛すぎて…どうしたらいいかわからない。


寂しいけど今までありがとう、またねヽ(;... No.1292
まめさん 広島県 歳 - 2020/06/27(Sat) 22:35
推定17歳の♀ニャンコ、先月からほぼ飲まず食わずになり、骨と皮でまるで羽のように軽くなっても最後までしっかり自分の足で歩いていました。
毎日今日も生きてくれてた、とほっとしながらも、どこにそんな力あるの?と・・なんとか口に入れてもらいたくて缶詰やらスープやらジュレやらおやつガリポリやらを片っ端から試す日々、毎日ほんの数口で2ヶ月近くも生きてくれたのは奇跡としか思えません。ゆっくり心の準備ができるようにしてくれたのかなあ(T . T)

引っ掻きも噛みつきもせず、わがままも言わず、ホントに空気の読める優しい子でした。先代の猫が亡くなって10年、ずっと寄り添ってくれた。

最後の力を振り絞り出勤する私のお見送りとお出迎えをしっかりして、買ってきたペットスエットも飲んでくれて、ありがとうねと言って撫でた後、姿を消してしまいました。最後を看取れなかったのはすごく悲しいけど、それが彼女の望みなら何も言えません。どんな気持ちで去って行ったのだろう、1人で逝かせてごめんね、どうか苦しんでいませんようにと祈るばかりです。至らない飼い主のところに来てくれてホントにありがとう‼もう一度あの暖かく柔らかい身体に触れたい、声を聞きたい・・そう願うばかりです。家中の彼女の痕跡を見る度、涙が溢れます。叶うならもう一度会いたい。

長い間ホントにありがとう、ホントに立派なニャンコでした。大好きだよ、ゆっくり休んでね。そしてそして天国から見守っていてね。


楽しい思い出だけを  別冊 No.1291
PATTONさん 秋田県 歳 - 2020/06/26(Fri) 21:17
N.Kさんの返信に感じたこと。

 動物たち、犬やネコは切ない。つくづくそう思う。

20年以上前の事になるが、東京は綾瀬というところ、環状7号線を挟んで2つのペットショップが向かい合っていた。一つは大手のコジマ。問題はもう一つの方だ。コジマとは明らかに規模もつくりも見劣りする店内に入ってすぐ異変に気か付いた。コジマの仔達は皆元気で中には客に見向きもしない仔もいる。しかし、見劣りする店の仔達は私が入店するなり皆一斉に虚ろな目でこちらを見た。
 値段もコジマの半分、どこか瘦せていて毛艶も悪い。客に媚をうっているのではなく「助けてください!」私にはそう言っているように感じた。

 このまま売れなければ早晩どのような運命をたどるかこの仔達は知っているのだろう。後ろ髪を引かれる思いで店を後にした私はただ何とも言えない後味の悪い切なさだけが残った。あの仔たちの切ない目は今もハッキリ覚えている。

 動物の魂は輪廻しないともいうが、縁のあった仔たちには時々、語り掛けよう。どんな事があったとしても。そして今、目の前に別の命があるとするなら、ただただ全力を尽くそう。それでいいではないか。

         


楽しい思い出だけを No.1289
PATTONさん 秋田県 歳 - 2020/06/25(Thu) 19:36
 愛犬が逝ってから、そろそろ丸9年になる。この間、私はずっと苦しみ続けてきた。もちろん愛犬の死に対する呵責、後悔の念にである。

 夢にも幻にも一瞬たりとも出てこない。誠に悲しいのである。アニマルコミュニケーターも探した、動物病院のペットロスカウンセリングも受けてみた。しかしピンとこない。解決しないのである。

 そこで最近、考えついた事がある。そうだ、いつまでも私が悲しみ、苦しんでいるのでは、当の本人は成仏できない、うかうか寝てもいられないんじゃないかと。。。

 そこで私は愛しい愛犬との良き思い出だけを時々、ここに投稿させて頂きたいと思う。敢えて自分自身にも暗示をかけて。こう言ったスピリチュアルな事は電波に乗って来るという。本人いや本ワンコに届けば良いが。

 身を切るほどに切ない思いをされている投稿者の皆さんの一助になれば幸いである。
 
 


Re: 楽しい思い出だけを No.1290
N.K - 2020/06/26(Fri) 17:21


PATTONさんは愛犬がなくなって9年になるのですね。
私も猫をなくして7年になります。

私も全然猫が夢にも出てきません。6か月でペットショップから来て、人間不信のまま1歳で猫伝染性腹膜炎で亡くなりました。
PATTONさんの言われるように、猫が亡くなって7年になりますが、残っているのは自分の介護の後悔ばかり。人間不信のため、猫とのいい思い出がありません。

一緒に遊ぼうともしないで本気で噛むだけ。今いる猫たちみたいに、もっと寄り添ってあげればと7年たった今でも後悔しています。
いつでもここへ投稿してくださいね。
私もPATTONさん見習わないと。猫もうかばれませんよね。
PATTONさんと一緒に前に進めていけたらと思います。



保護犬チワワを引取って10年弱 No.1288
ちはるさん 北海道 歳 - 2020/06/19(Fri) 22:05
2匹飼っていて先に死んだ犬は、まだ雪の残る春先に亡くなり
大好きだった散歩に満足にいけないままだったので
残された犬に後悔したくなくて、散歩にたくさん行きました

もっともっと散歩に行きたかった
どんなに頑張っても寿命が延びないなら
もっともっと好きなもの食べさせたかった
アイスクリーム 生クリーム 焼肉 スポンジケーキ
いろいろ沢山病気にならない程度に食べさせて上げたかった

どうせ死ぬ1か月前くらいから徐々に食べられなくなって
1週間前には殆ど食べられなくなるなら
もっともっと食べさせてあげたかった
ちょっと太ったくらい良いんだよ
犬の寿命なんて どんなに努力しても長くならないんだよ
当時の自分に言ってあげたい
沢山好きなも食べさせてあげて
沢山撫でて 嫌がっても抱っこして匂いを嗅いで毛まみれになって
犬の嫌がる顔を愛でてあげて

何度も言って上げたい
犬の寿命はどう頑張っても10年ちょっとだから
犬の望むように、人間の生活に影響がちょっとしか出ない程度でいいから
犬を優先して欲しい
たった5分が 犬にとっては20分だから
7時間離れたら、犬には1日以上離れてると感じてるから

わかっていたのに
もっとできたと思ってしまう
お昼に自宅に戻って触れ合えていたら
もっと一緒に過ごせたのに
あれこれ後悔ばかりだけど、たぶんそれが良いんだろう
笑うより泣く方が簡単なら泣けばいい
いつかあの子の生まれ変わった犬に出会えるよう
お金貯めて自分も健康でいて散歩いっぱい行けるようにしたい

虫でもいいから側に来てほしい


モコへ No.1287
tetuさん 東京都 56歳 - 2020/06/19(Fri) 15:53
君が一緒だったから、あんなに沢山見つけられたみたい。
四葉のクローバー。
あの公園の小道を歩きながら、四つ葉のクローバーを
よく探したっけ。
君に全部持たせて見送った、あの時から一つも見つからないんだ。

一枚づつ使うんだよ!
いっぺんに全部使っちゃいけないよ!
一年に1枚づつ使ったら、丁度無くなる頃、俺がそっちに逝く
タイミングかも。
その時、また少し持っていくから。


悲しくて不思議な事がありました。長文 No.1285
果実さん 群馬県 歳 - 2020/06/17(Wed) 01:36
私の愛犬はトイプードルのマロンです。3歳になったばかりでした。突然具合が悪くなり、かかりつけ医からは、二時病院へ行くよう指示があり、家から高速で1時間半の日本小動物医療センターへ行きました。いろんな検査をしましたが、消去法で自己免疫性溶血性貧血という診断でした。今でもその診断が正しかったのか他の病気があったのかわかりません。私は少しでも早く退院させてあげたくて、数日後に回復傾向のマロンを退院させました。もちろん先生の許可がありました。でも、その時は確かに回復したのに、翌日嘔吐、下痢となり、その日から日に日に悪化していきました。入院中は注射だったけど、同じ薬を飲み薬であげていたのに、どうしつ悪化するのか、言われていた副作用で食欲が増すはずなのに、なにも食べてくれない。薬が効いてないんです。再診の時、入院させるか悩んで、断ってしまいました。あの時入院させていたら、輸血をしていたら、あの子は助かったかもしれないのに、それをしなかったから、私のマロンは昨日亡くなりました。具合が悪くなって10日しかありませんでした。
入院していたら、回復したのかもしれないし、結果は同じだったかもしれないけど、あんなに辛そうなマロンを見ているのが辛かった。何もしてあげられず、ただ傍にいただけでした。マロンは、家で家族と過ごせたけど、苦しかったのに、処置してもらえる病院なら、もっとラクにいられたかもしれません。でも、病院が遠くて、もしものときに間に合えずサヨナラだったら嫌だったから、私は入院させなかった、通院を選んでしまった。
私たちは、こんなに早く死んでしまうとは思っていませんでした。長い付き合いの病気になると覚悟はしてましたが、まさかあの日さよならするとは思っていなかったのです。最後は重度の貧血と異様なお腹の膨らみで、歩くこともできませんでした。
でも、亡くなる前日、力なく横たわるマロンに、うちに来てくれてありがとう、癒してくれてありがとうって、大好きだよって伝えたら、そっと私を見てくれてました。きっと届いていますよね?マロン、私を許してくれるのかな?ごめんねとありがとうばかりです。

ここからが、不思議な話です。
亡くなる前日、母が食事をした人が、自分の猫が前日に亡くなって、火葬をするんだと、場所や費用の事を話したそうです。私はそれを聞いて、縁起が悪いと思いましたが、その翌朝、苦しみながらマロンは亡くなってしまいました。うちの主人は普段は夜勤でいないのに、たまたまその日は夜勤の前日で、ずっとマロンに寄り添い、一晩中起きていてくれました、マロンは家族が揃った日を選びました。そして、昨日聞いていた火葬の話があったので、私たちは迷うことなくそこへ電話をし、予約をしました。その時にダンボールに入れて連れてくるように言われました。サイズの上限も言われました。そんな都合のいいサイズのマロンが寝かせられるダンボールなんて家にはないと思いましたが、何故か1つだけ捨てられていない、キレイなダンボールがあり、サイズが正にピッタリでした。
そして、亡くなった日と火葬の日は、梅雨の中晴で、晴天でした。火葬はあっけなく執り行われ、お経などなく、それでも私は少しだけ気持ちがラクになりました。今朝までは硬直して、保冷剤に包まれた冷たいマロンを抱きしめては泣いていたので、姿が無くなった事で、少し冷静になったのだと思います。
帰る時、私はマロンの遺骨を膝に乗せ、運転していましたが、ボーとしていて、曲がるところを通り過ぎてしまったため、いつもと違う道を走りました。その時、仲の良い友達のお寺があったんです。思わず、供養してもらいたい!と約束もなしに訪問しました。住職がいるともかぎらず、先客がいたかもしれないのに、たまたま住職も友達もいて、来客もなかったのです。急な申し出を心良く受け入れ、お経をいただきました。そしてまた私の心は落ち着いていったのです。マロンが全て、私たちが困らないように、導いてくれたとしか思えません。マロンが供養してほしかったのかもしれませんが、それより、私の心を助けてくれたんですね、葬儀というものは、遺族の心を整えるためにあるのかもしれませんね。どうしようもなく悲しみの中にいる私を、順に導き、お寺にたどり着かせる。マロンは本当に優しい子なんです。
父は仕事で火葬に参列できませんでした。その父が仕事から戻ると、また不思議な事を言いました。今日、10時休みに空を見ると、マロンが走ってる形の雲があったと。マロンは無事に空に行ったんだと。その時間、マロンの収骨が終わった時間でした。
そして、私にはずっと前に亡くなった祖父がいます。昔実家で祖父が可愛がっていた犬もいました。私たちは、祖父とその子に、マロンの事迎えに来てあげてねとお願いしていました。妹が昨晩祖父の夢を見たと、祖父は折り鶴を沢山作っていたそうです。そして、火葬した今日は、妹の家のワンちゃんの1歳の誕生日。

この出来事にどんな意味があるのかわかりません。ただ、3歳にして急死した愛犬の死と、私たちが困らないように導いてくれた事、もう1つ言えば、治療費がかさむ中、コロナの給付金が4人分入ったこと、これを治療費にあてろと言う事だと思いました。そして本当に40万が終わる頃、マロンは逝ってしまったのです。

この事で、私は何かに気づかなければいけないと感じています。マロンが教えてくれたこと、
大好きなマロン、優しいマロン、後悔ばかりです、もっと出来たことはあったハズなのにと。


心に大きな空洞ができたみたい No.1284
ねえねさん 北海道 歳 - 2020/06/16(Tue) 18:57
亡くなって火葬するまでは、なんとか看取ってあげられた安心感と、火葬とお骨あげに立ち会えて良かったという気持ちで少し落ち着いてたけど、
いざお骨になって帰宅してから、あのふわふわの毛並みを撫でられない、抱きしめられない、あのまっくろでつぶらな優しい目を見て褒めてあげることができない…その辛さが泥水のように湧き出てきて辛い
最高の次男だった。私たちきょうだいの一番下で、間違いなくかけがえの無い家族の一員だった。
あの子が我が家に来てくれた幸運を神様に感謝したい
正直いうと、もう少し早く病気に気付けたんじゃないかとも思う
あの時心臓エコーしていれば…
でもこんなに急変していたなんて、どのお医者さんも気付けなかったなら、これが寿命だったのかもとも…
家族みんなで可愛がって、亡くなってみんな声をあげて泣いて、火葬する直前までみんな代わる代わる撫でて、
あんないい子なかなかいない。かわいいかわいい子。大好き。どれだけ泣いても泣き足りない
私が死ぬまで、向こうで楽しく待っていてほしい
でも、幽霊でもいいから時々は会いに来てくれないかな


モコへ No.1283
tetuさん 東京都 56歳 - 2020/06/15(Mon) 15:06
2020年5月23日(土)14:40、15年連れ添った愛犬のモコちゃんと
永遠のお別れをしました。
 
モコ!ごめんね。いっぱいいぱい寂しい思いをさせてしまった。

最後に6日間も入院させ、退院して18時間しか生きられなかった。
食事もできず、点滴だけで生きてただけだったんだね。

なんとか良くなるんじゃないかと入院させたけど。

今、迎えに来てくれる、今か!今か!と・・・。6日間も。
午前午後の1日2回の面会は、「来た!連れて帰って!」とクルクル
回ってしまい点滴が絡まってしまうため、君の見えないところ
から黙って見てたんだよ。
それ以外にも夜中や明け方、病院の前のベンチで「モコ!お父さん
ここにいるんだよ!がんばれ!がんばれ!」とテレパシー送ってた。
決して6日間、君の事忘れてた訳じゃないんだ。

一旦退院しましょうと、家に帰ってきたモコチャン、
青い血止めバンドが痛々しくもあり、かわいくもあり。
嬉しそうに俺の後をトコトコついて歩いてた。
翌日死ぬなんて夢にも思ってなかった。

日曜日火葬して、モコチャンの体が無くなっちゃったけど、数回した
おしっこシートがさ、残ってて・・・月曜の燃えるゴミの日、捨てる
のが嫌で泣いてしまったよ。

いっぱいいぱい寂しい思いさせてごめね。今度は俺がいっぱいいっぱい
寂しい思いをする番だよ。君を忘れる努力なんてしないよ。
写真や動画をいっぱい見て、君と行った場所にもいっぱい行く。
そして君との思い出にいっぱい浸り、ああすればよかった、こうすれば
良かったと、何度でも後悔する。

モコ! 15年間本当にありがとうね。そしてごめんね。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社