変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

ペットロス励まし合い掲示板


[ペットピアに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
パスワード (記事の修正・削除に使用。英数字で8文字以内)
文字色

無題 No.1033
まあさん 埼玉県 18歳 - 2020/03/02(Mon) 18:06
はじめまして。今朝、愛犬のマロンが11歳で急に冷たくなってしまいました。
朝、母が号泣して私と祖母を起こしにきて、驚いて階段を5段飛ばしで降りると、マロンが、舌を出して、固まっていました。
そのあと、泣いたり、自分なりに気持ちを整理したつもりでしたが、悲しくてたまりません。いつも、布団ごしに、私の間で一緒に寝たり、そばにいてくれました。大人になるまで、ずっとずっと一緒だと思っていました。
一週間前程からなぜか急に甘えてくるようになったのですが、2年ほど前から多頭飼いをはじめた影響かな?と思い、見過ごしていました。
そして昨日、いつものようにおやつを食べ、スマホをいじる私の膝に乗り、あまえてきました。
「重いよーマロン」と、そのまま膝にのせておいたのですが、今思えば、その時、ちゃんと撫でたり、抱きしめたりすればよかった。
突然のことに、何も信じられません。
今、落ち着くためにベッドで横になっているのですが、マロンがまだ足の間で寝ているように、生きているように思えます。
もっと可愛がればよかった。
熱を失った体を前に、初めての大切な存在が息を引き取った後の体に恐怖を感じて、あまり触れられなくて、罪悪感を感じました。そのあと触れられるようになると、失ったことを信じられずに号泣して嘆きましたが、その後は頑張って笑って話しかけたり、感謝を述べました。
だけど、1人になると、マロンの思い出を、沢山思い出して悲しくなってしまいます。マロンと過ごした日々、とても楽しかったです。こんなに急にいなくなるなんて思ってませんでした。信じられないです。

友人や親戚にも言おうかと思いましたが、皆受験が終わり、合格通知が来たばかりなので、その雰囲気を壊したくなくて連絡できません。悲しくてネットを見ているうちに、この場所を見つけました。
ここまで一気に書いてしまったので、誤字脱字あると思います、長文乱文失礼しました。


逢いたい No.1026
ゆりさん 群馬県 52歳 - 2020/02/29(Sat) 13:37
愛猫が旅立ち、今日は49日です。仏の世界では、49日にあの世に行くと言われていますが、違う説ではペットは亡くなると、虹の橋のふもとに行き飼い主が来るのを待っている、とあります。どっちを信じて良いのかわかりません。苦しんで大変な思いを
したあの子には、苦しみもなく、穏やかにいて欲しい、と願うばかりです。
先日、あの子の仏壇と仏具を購入しました。可愛いハウス型の仏壇です。写真もまた一枚増やして飾りました。少しでもあの子が喜んでくれたらいいな、という思いで。


Re: 逢いたい No.1028
モグ兄 - 2020/02/29(Sat) 23:53


 ゆりさん お久しぶりです。もう49日になりますか。
ペットロスの苦しみはいくらかは和らぎましたか?ゆりさんの猫ちゃんの仏壇拝見したいです。
いつまでたっても寂しさはありますよね。 
 私も写真4枚飾りPCの壁紙にしてあります。最近よく夢に出てきてくれるようになりました。
夢でも会うと、なんだここにいたんだ。なんてね。なんかうれしいですね。


 


Re: 逢いたい No.1029
ゆり - 2020/03/01(Sun) 12:18


モグ兄様
お久しぶりです。いつも心温まるコメントをありがとうございます。
時が経つのは早いものですね。
大分気持ちは落ち着いてきていますが、寂しい、あの子に逢いたい、という気持ちは変わらないですね。
モグ兄様の猫ちゃんは夢で逢いにきてくれるのですね。羨ましいですね。私の所にも夢で逢いにきてくれる日が来ればいいな。
他の家族は あの子の足音を聞いたりしているのですが、私には聞こえません。寂しいですよね。
ペットロスの本、読んでみました。本とモグ兄様のお陰で重いペットロスにならなくて済んだのかもしれませんね。
モグ兄様、ありがとうございます。


無題 No.1023
マリンのママさん 福岡県 歳 - 2020/02/28(Fri) 19:44
クさんのパパさん

こんばんは。私は、一周忌の法要を終えましたが、毎日愛犬に会いたいなと思う日々です。亡くなってすぐは水も食事も入らず無気力になってしまいました。ただただ1日1日が過ぎて行く日々でした。今は、愛犬が居ない生活には慣れたものの寂しさはつのるばかりです。これマリンに食べさせたいな、ここ一緒に行ったな、この道よく散歩したなと・・・
たくさんのワンちゃん、たくさんの人が居る中、マリンに出会えたこと、家に来てくれたこと本当に奇跡だと思います。ともに過ごしたくさんの事を教えてくれ、たくさんの楽しい思い出をくれました。クさんのパパさんのおっしゃる様に本当に感謝です。

きっと今はクさんのパパさんの愛犬と初めましてなんて言いながらお空で楽しく過ごしてくれてると思います。マリンは、食いしん坊だったから生前よりもまるまる太ってるかもなーなんて妄想したりしてます(笑)


1年前、私もこの掲示板にお世話になり自分の気持ちを綴る事でずいぶん救われました。外国では、ペットロスは深刻な問題とされペットロスカフェがあるようです。日本では、まだまだ浸透していないようですが、ペットを亡くした本当の悲しみ、辛さは経験した人にしか分からないけど涙することや悲しさ辛さは正常な感情だと思います。自分のペースで焦らずゆっくり受け入れていければいいなと感じています!


Re:マリンのママさん No.1025
クさんのパパ - 2020/02/29(Sat) 12:18


マリンのママさんへ

ご丁寧にありがとうございます。

ママさんはお水も食事ものどを通らない...、
まさに「ペットレス症候群」だったのですね。
本当に「限界を超えた状態」だったのだと思います。

私は、と言いますと一昨日.突然過呼吸に陥りました!
幸いにも数分で治まり大事には至りませんでしたが...。

更に昨日の夜中、突然.左薬指が激痛に襲われ腫れてしまい、
自宅で何をやっても結婚指輪が外せなくなりました。
耐え難い痛みのため、最寄りの消防署へ直行して
特殊工具で何とか外してもらいました。

過呼吸も特殊工具も、もちろん初めの経験ですので
何だかアトラクション! みたいになってます。
笑うに笑えませんが....。

これも全て、あの子の存在の大きさだったのだと
改めて実感(体感)させていただいてます。
本当に唯一無二の存在だったのだと...。

同時に、こうして自分の体験談や想いを綴らせていただける
こちらの掲示板には私も本当に感謝をしております。

マリンのママさんと交流が出来ますのも
お互いの最愛の愛犬のお蔭だと...。

また、こちら東京にはペットロスカフェが
数軒ありますが認知度は低いようですね。
訪問したことはありませんが。

ペットへの愛情の度合い、愛情表現の仕方、
悲しみの度合い、悲しみの表し方、どれも千差万別だと思います。
ママさんが仰るとおり「正常な感情=限りない愛情」だと実感してます。

たとえ何年かかっても、たとえ一生かかったとしても、
この悲しみを乗り越えるまでが飼い主の役目だと
私は思うようにしております。

ママさんの言葉には、いつも救われています。
心からの感謝と御礼を申し上げます。

また、お話し出来ましたら嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

〜追伸〜

うちの子も食欲旺盛(とりささみ)で
やや太り気味でした!笑


マリンのママさんへ No.1024
るるさん 兵庫県 50歳 - 2020/02/28(Fri) 21:19
マリンのママさんへ

私の犬も四十九日になりました。
まだ哀しくて寂しくて、毎日もう一度会いたい気持ちで
一杯です。
本当に、このような哀しみは他には体験したことがなく、
助けるモノのあまりないなか、独り苦しみました。
私もただただ時が過ぎるのをじっと待つだけ。。
犬が亡くなり、お散歩も行かず、時間がゆっくり過ぎていきます。
犬が好きだったそら豆の季節になりましたが、
高価で犬と二人、取り合いしながら食べていたので、
独りで食べるのが寂しいですが、お仏壇にそら豆をお供え
したいと思います。
そら豆の皮を器用に剥いて食べていた私の犬はもう居なくて、
すごく哀しいです。
でも前を向いて歩いて行かないといけないのですね。


ペットロスは本当に深刻な問題ですね。
日本でも何か取り組みをしていかないといけないのではとほんとに
思います。
特に、高齢の一人暮らしのかたで猫ちゃんを飼っていたかたなどは
ひきこもりになったりして、重症化すると思います。
私も五十代で今は猫三歳と、独り暮らしです。
私もいつかそうなるのかなぁと思っています。


クさんのパパさん No.1021
マリンのママさん 福岡県 歳 - 2020/02/27(Thu) 04:17
はじめまして。私も去年2月に17年間ともに過ごした愛犬を亡くしました。同じようにてんかん発作から夜間救急にかけこみ、鎮静剤を打ち、そのまま意識戻ることなく病院で2日後に旅立ち看取ることが出来ませんでした。そのことが悔やまれ今でも思い出すたびに涙してます。愛犬が亡くなることがこんなに辛くて悲しくて気かおかしくなるんじゃないかと思う日々です。愛犬の存在がとても大きかったと感じています。唯一無二の存在で家族そのものです。色々な考えの人がいますよね、愛犬が亡くなり寄り添ってくれる人もいればなんでそんなに泣くん?犬やろ?いつかは死ぬんやけと笑う人もいました。考え方は人それぞれだし分からない人は分からなくていいやって思います。大切なのは、飼い主のワンちゃんへの気持ちだと思うからです。クさんパパさんの愛犬もクさんのパパさんの気持ちは十分に届いてると思います。あの時こうすれば良かったとか後悔するのは、それだけ愛情かあっだからだと思います。救急病院へ運んでくれたこと、住みなれた自宅に連れて帰ってくれたこと、最期は奥さまの腕の中だったこと、ありがとうって言ってると思います。今はすごくお辛いと思いますが、愛犬たちは虹の橋のたもとで何不自由なく駆け回り、お腹いっぱいにご飯を食べ、いつか飼い主さんと会う日まで待ってくれています。
私も先週一周忌を終えまだまだ涙が止まりませんが愛犬に心配かけないよう前を向いて進んでいるところです。
愛犬は亡くなってもずっと側に居てくれます。ずーっと家族です!

同じような境遇だったので書かせてもらいました。読んでいただきありがとうございます。


Re: クさんのパパさん No.1022
クさんのパパ - 2020/02/27(Thu) 16:58


マリンのママさんへ

早々にご返信くださり
ありがとうございました。
心から感謝を申し上げます。

まさに「同じ境遇」でいらっしゃたのですね。
何度も読み返し、何度も涙が止まりませんでした...。

私は愛犬を溺愛していたので
ペットロスは覚悟しておりましたが、
想像を絶する「喪失感」に襲われました。
(恥ずかしながら、情けなくなるくらいです...)

マリンのママさん、が仰るとおり
愛情が届いていたら嬉しい限りです。
暖かいお言葉をありがとうございます。

正直、愛犬へ愛情を与えていたつもりでも、
本当は愛犬から愛情を与えられていたのかも...と。
一緒に暮らした日々に感謝するよう心掛けております。
自分のことは後回しで「ペット最優先」の生活でしたので。

今日、ペットロス経験者の知人へも相談しました...。

泣きたいだけ泣け、悲しみに期限などない、
何を言われても説得なんかするな、自分が納得することが大切、
魂は全てを見て全てを聴いている、動物が旅立つ時は必ず動物の
家族が迎えに来るから大丈夫、心配なんか不要だから安心しろ...、と。

あるDr(愛犬家)は、風邪薬を飲んで3日で治る人もいれば
月単位、年体位で苦しんでる人もいる。

苦しんでる人へ勝手な意見を言う人もいれば、
苦しみを共感して助けようとする人もいる。
人は動物と違い本当に千差万別なんだ、と。

悲しみの辛さ、悲しみを乗り越える大変さを
今更ですが経験させていただいています。

ありがとう=有り難う=困難への感謝。
この言葉の意味からも学ぼうと思っています。

今頃、虹の橋で「マリンちゃん」と元気に遊んでくれていたら...
本当に嬉しく、本当にそうであることを信じております。

一周忌を無事に終えられまして、何よりでございますね。
同時に、新たな涙もおありかと...。
充分に共感させてください。

マリンのママさん 、本当にありがとうございます。
ママさんの優しいお言葉(言霊)に救われました...。
心からの感謝を申し上げます。

私もこの経験を乗り越え、愛犬と笑顔で再会できる日まで
前を向いて進んで行こう、と思えるよう努力します!
本当にありがとうございます。

今後も交流が出来ましたら幸いでございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。


毎日寂しい No.1016
げんこさん 東京都 歳 - 2020/02/23(Sun) 23:53
先日の18日に17歳の愛猫ウニが消化器系リンパ腫で亡くなりました。
診断されてから一ヶ月ほどでした。
日毎に弱る体調に本人も戸惑っている様子で、立てなくなった時も、必死にトイレに這って向かう姿は私達も見ていて切なかったです。
年齢もあるし体がもつかわからないと言われ、手術はしませんでした。
最期の30分はとても苦しそうに息をしていて、亡くなる2時間前に経鼻チューブからあげた液体ミルクも吐き出していて、とても苦しめてしまいました。それが心残りです。
あんなに苦しめるならあげなければ良かったと悔やんで涙が止まりません。もっとこうすれば良かったああすれば良かったと後悔に襲われています。
亡くなってまだ数日なのですが、
私は自営業でずっと家でべったりと過ごしてきたので、
これからも居ないことに耐えられない日々が続きそうです。
時が癒してくれると理解はしていても、
今はただただ寂しくて辛いですね。
春のベランダで日向ぼっこをさせてあげたかった。。


Re: 毎日寂しい No.1019
モグ兄 - 2020/02/25(Tue) 01:01


げんこさん お悔やみ申し上げます。
毎日弱っていく猫ちゃんと最後までいっしょに頑張ったんですね。
ミルクをあげて苦しませたと後悔されていますが、それで命が長らえる時もあるので仕方がないと思います。最後の看取りを大好きなげんこさんにしてもらって、ウニちゃんはきっと幸せに旅立ちましたよ。17歳、本当に立派な猫生送られたと思います。げんこさんとウニさん、きっと楽しい時間をたっぷり過ごされたのかなと思います。
 最期の瞬間があまりにつらい別れなのでしばらくつらいと思いますが、きっとその悲しみと共存し、楽しい思い出とともに大切な宝物になる日が来ると思いますので、その日までたくさんウニちゃんのこと思い出してください。


覚悟したけど No.572
社長さん 大阪府 歳 - 2017/12/27(Wed) 10:33
17才の猫が昨日旅立ちました。寝たきりのときは本当に涙がでていたんですが、何時間かして涙は止まり、覚悟しました。でも、いざ埋葬してへやにもどってみると、悲しい気持ちでいっぱいになります。昨日の夜は眠れませんでした。今でも悲しいままで、何もやる気が起きません...。


Re: 覚悟したけど No.751
- 2019/06/06(Thu) 19:44


2年前の自分へ。
今、また、一匹の犬の命が旅立っていきました。でも、悔いはありません。あのとき、社長を見送れたから。あなたがあんなに社長のことを悔やんだから、麦のことは生きているうちにたくさん話せたから。社長には生きているうちに思出話できなかったけど、あのとき学んだから、麦と亡くなる直前まで話しできたから。ありがとう。2年前の自分。ありがとう、麦、社長。


Re: 覚悟したけど No.1015
自分!誰がなんと言おうと。 - 2020/02/23(Sun) 22:47


1年前の自分へ
よく頑張ったな。
俺は今自分のことで手一杯だけど。
俺も死に対して寛容になってきたよ。


Re: 覚悟したけど No.1018
るる - 2020/02/24(Mon) 20:09


そうなんですよね。。
犬にいっぱい話しかけることが私も出来ていなかったから。。
今居る猫さんには、悔いの残らないように、
犬に出来なかったことをしてあげたいです。
いっぱい話しかけて、いっぱいなでて、いっぱい美味しいものを
食べさせて。

健康に悪いからとか、関係無く、
好きだったものをわかっていたのだから、
たくさんあげるべきでした。
残り時間がわからなかったから、、わかっていたらあげたのに。
一か月経ってもまだ後悔が。。
今は仏壇に好きだったものをお供えしています。


気づいた No.926
りゅうさん 愛知県 歳 - 2020/01/08(Wed) 08:52
愛猫を亡くして、自分が壊れてしまいそうなくらい、
寝込んで、思い出して、悲しんで、胸を痛めてやっと気づいた
この辛さや、痛みの正体こそが「幸せ」なんだと
だって、失って気が狂いそうになるくらい愛しい日々が、
不幸なわけがない
苦しければ、苦しいほど、あの子からもらった愛しい日々は大きくて幸せなんだと
愛猫は死ぬ前にとても辛くて苦しんだかもしれない、
でも、同じくらい自分も辛くて苦しんだ
だから、もういいんだよ自分を責めなくても
「自分が生きている意味」を確かに私はあの子と共有した
もう、それだけで誰よりも充分に私もあの子も幸せなんです
あの日々を台無しにする様な生き方はしたくないとあの子に誓った


Re: 気づいた No.927
モグ兄 - 2020/01/08(Wed) 19:38


りゅうさん、それでもつらかったですよね。頭でわかってもなかなか心がついていかないですよね。私は半年くらいして、悲しさと共存できるようになりました。
いっしょに生きた時間がとても大切というりゅうさんに共感します。


Re: 気づいた No.1017
げんこ - 2020/02/24(Mon) 00:25


読ませていただいて涙が止まらないです。
本当にそう思います。
気がつかせていただき感謝でします。
ありがとうございました。


FIPを克服させたい No.1011
おもちさん 愛知県 29歳 - 2020/02/22(Sat) 21:58
はじめまして。

現在、FIPという難病と闘っているおもちの飼い主でございます。

2度と、救えない命を出さない為に、奮闘しております。
よろしければ、お力をお貸し下さいませ。

https://camp-fire.jp/projects/view/238252


Re: FIPを克服させたい No.1014
N.K - 2020/02/23(Sun) 17:36


私も7年前に1歳の猫をFIPでなくしました。

治療のない病気で、抗生剤と点滴に1週間に2回うちに行き、打ったときだけ元気に食べ、動きましたが、薬が切れると食べない、座布団にうずくまったまま。それが続くため、主人がどう延命治療なのだから病院嫌いだから、かわいそうだ。もう連れて行くのやめようといったのですが、私はあきらめきれませんでした。猫は病院に行くと病気が発覚するまでは、診察室に入ると逃げ回りみんなで取り押さえ、帰ると毛がごっそり抜ける子で、病気が発覚した時は、入院を勧めたいけど、これだけ病院嫌いなら、入院したら短命になるかもしれないから、と通院にしてくださいました。

見ていてつらいですよね。何もできない自分。日に日に弱っていって、それでも頑張ってトイレに行って。3か月つらかったです。

なんで、FIPの治療進まないのでしょうね。
早くうちの猫みたいに苦しむ猫居なくなってほしい。
今どういった状況でしょうか。餌とかトイレとかできてますでしょうか。

うちは尿ばかり出て、便は出ませんでした。まだ元気なのであれば、食欲があるのであれば、なんでもいいので、高たんぱくのものあげてください。
うちは、缶詰のウエットしか食べられなくなっていました。それも日に日に食べなくなってきて。もし、ウエット食べられるのなら、高たんぱくのもの食べさせてあげてください。もしくはささみを湯がいてペースト状にして食べさせてもいいみたいです。私はそこまで気が回らなくて、スープとか、ウエットしか頭になくて。脱水症状も出てくるので、水もシリンジなどで飲ませてあげてください。(もし自力で飲めない場合)
いろいろ書いたけど、実際私は何もできませんでした。後で調べてわかったことです。どうか頑張って、FIP克服できるといいですね。おもちちゃんが元気になられることお祈りします。看病は疲れるけど、頑張ってくださいね。
応援しています。


突然すぎて No.962
さん 大阪府 25歳 - 2020/02/07(Fri) 00:14
今日散歩に連れて行く時にカバンから出したとたん
急に亡くなりました。去年の8月に迎えてずっと子供の時から飼いたかったので
初めて出会った時に運命を感じて家族に迎えました。
赤ちゃんだったのでしつけや、寂しくさせないようにずっと側にいて親と世話を
してたのでほとんど1人にしたこともなく、仕事に行く前は朝も早く起きて遊んでから
仕事にいき、休みはきてつと一緒にいて
存分に甘やかして育ててました。昨日は散歩に行けなくて今日連れてってあげてたら
急に倒れて。原因は不明です。
すごく甘えたえたで、寂しがりやで、かまってちゃんで、私のことと母親のことが大好きで。
今日外に出さなかったり、昨日もう少し遊んであげたり、倒れた時に心臓マッサージや
後悔しかないです。まだ8ヶ月でこれから沢山遊びに連れていったり旅行いったり沢山まだまだ喜ばせてあげたかったです。こんなに早く亡くなることとがあるんでしょうか。信じられません。家にはきてつの匂いや、おもちゃや、服や思い出がありすぎて
こんなに可愛い子が信じられないです。
今日が、きてつの8ヶ月目の誕生日です。


Re: 突然すぎて No.971
るる - 2020/02/09(Sun) 19:15


うちも状況が似ています。
鞄から出し、床におろした途端にばたんと倒れ、
抱っこすると首がぐらんとなり、大きな息を二回して
亡くなりました。
亡くなってから、ネットで突然死のことを調べると、
チワワによくあると。。
犬についてもっといろいろと。。と思い、後悔と犬に対して
申し訳ない気持ちとで、本当に長い間苦しみました。
散歩には、玄関でリードを持って待って、犬が行きたいと言った
ときだけ、、すればよかったのに。
もう散歩も行きたがらなかったのだから、おうちで安静に
して、おうちのなかだけで歩き回らせていたら、今も
生きていたのではと。。
亡くなって一か月経ちました。
三か月経ったら、ペットロスは一応は落ち着くみたいなことをよく
ネットには書かれてあるので、早く時が過ぎてくれるのをただ
待っています。


Re: 突然すぎて No.976
さち - 2020/02/10(Mon) 21:31


ゆ さん るるさん  
同じようにチワワを突然亡くしたもの同士似てますね。
チワワに突然死が多いと、私もこんな事になって初めてネットで知りました。
それまでは、チワワの病気の事とか、調べたりもしなかった。だって元気だったから。
だけど、突然死で、なんでこんなことに?がずっと頭の中にあり、いろいろ自分を納得させるために調べました。でも、今更なんです。いつかまた、新しく迎える時の参考に、なんて思ってもないですしね、、、無くさないとわからない。無くしてはじめてわかる大切さ。今はまだ、ごめんね...としか言えない。


Re: 突然すぎて No.977
るる - 2020/02/10(Mon) 22:38


さちさん
そうですよね 元気だったから私も。
愛犬問題というホームページがあるのですが、
いつも参考にしてたのに、もう何年もみることなく
過ごしてしまいました。
亡くなってから見てみると、、
お散歩は子犬のときには社会性を養うため
必要だけれども、あとは家の中で自由にさせていれ
良いとあり、玄関で待って犬がきたときだけ散歩を
するように、特に高齢になってからなぜできなかったかと。。
心臓病の薬の危険性についてのページも。。
あの日無理に病院に行ったりしなければ。。
家でゆっくりさせていればと思います。


Re: 突然すぎて No.1012
- 2020/02/23(Sun) 14:47


るるさん
すごく似てますね。いつも通りに鞄から出しただけなのに。
本当に今でも頭から離れません。散歩に、いかなければ、家でいてたら今も
帰りを待ってくれてたのかと思うと気持ちがつらいです。
私も突然死について、調べました。
何か身体が弱かったのかなと思います。本当に突然のことだったので気持ちが
ついていかないですね。


Re: 突然すぎて No.1013
るる - 2020/02/23(Sun) 17:20



ゆ さん
返信ありがとうございます。
とてもお辛い気持ち、お察しいたします。
私も以前とは人が変わったように自分では思っています。
それくらい衝撃的な出来事でしたが、色々と気づかされたこともあり、
犬が死を持って教えてくれたのだと思い、これから先の人生を
歩んでいきたいと思います。犬が居なくて寂しいけど、生きるしか
ありません。
 
愛犬問題のHPでペットロスの記事をお願いしていたところ、
昨日アップしてくださっていました。
ruminaという名前でコメントを書いたのですが、少し編集し、ほぼ全文
記事に乗せてくださっています。
愛犬問題の管理人さんは、
天地が逆になるくらいパロちゃんが亡くなったときにはなったけど、
一週間もしないうちに次の、二代目パロちゃんを迎えておられ、
ペットロスにはならなかったそうです。
私は今は犬を観るのも辛いのですが、いつかまた飼ってみたい気持ちでいます。
保護犬のことを調べたり、犬の生態について調べて観たりすることで、
気持ちもまぎれてきました。



https://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/202002220000/


愛猫ももちゃんの死から1ヶ月 No.1010
あーちゃんさん 愛媛県松山市 40歳歳 - 2020/02/22(Sat) 08:49
先月、20日13歳で愛猫ももちゃんが旅立ちました。
2019年4月に乳がんになり、ももちゃんもシニアになっていた事や経済的な理由で、無治療で今までと変わりない生活をさせてあげるという選択をしました。
乳がんから1ヶ月くらいゎぐったりしているような感じでした。でもそのあとからは、また元気を取り戻したように食欲も行動も元気な頃と変わらずでした。正直、ガンになっている事を忘れてしまうくらい。
でも、腫瘍ゎ少しずつ大きくなり、ももちゃんも違和感があるのか腫瘍を舐めて血が出たり、乾いたりを繰り返していました。
2020年に何とか年を越せて良かったねって、ももちゃんに。
でも、旅立つ3日くらい前から、急に寝るばっかりでご飯も食べれず、排泄もできなくなり、とうとう口をパクパクあけて呼吸するようになり、内心もうお別れする時がきていると思っていたけど、私は息子と2人で、生活をして私がパートに出て生計を立てているため、仕事は休めず旅立った日も夕方5時まで仕事をして、帰ってきたら、相変わらずももちゃんはこたつの中で、口呼吸でぐったり、大好きだった、ちゅ〜るを指先につけてももちゃんの口元に。すると舐めてくれたんです。嬉しくて、もう一口もう二口と三口目を拒んだあと、ずっと歩けなかったももちゃんが急にこたつの中から出て、歩きだしたと思ったら、今まで聞いた事のないような声で鳴きだして、最後に大きな声で鳴いて私も怖くなり、すぐにももちゃんをひざの上に、抱きしめました。目を思いっきり開けて私を見ていたので、ももちゃんもうラクに
なっていいよと声をかけてあげました。
すると、足の痙攣も止まり、私の太ももがあったかいのに気づき見たら、ずっと出ていなかったおしっこをしていました。そのあと、ももちゃん静かに目を閉じて夕方、6時に旅立ちました。
1ヶ月経ち、ももちゃんの居なくなった生活にも慣れてきました。


ふわふわの毛をまた撫でたい。 No.1003
さん 和歌山県 歳 - 2020/02/19(Wed) 21:08
うちの猫は元々野良猫で母親が家の外から家の中に入れ、飼う事になりました。
うちに来た時は18年の9月ごろ、生後半年程だったでしょうか。小さい体でした。
ソマリのような柄で、毛がふわふわで尻尾もふわふわ。雄猫でした。
小さい身体ながら少しずつ成長していき生後1年ほど経ちましたが身体があまり成猫のように大きくなりませんでした。もしかしたらこの頃からこの子は短命だったのかと思います。
ある日貧血を起こし脱水症状も出てみるみる内に弱っていきました。すぐ病院に連れて行きました。献血もして、色々薬を投与し、なんとか身体が元気になっていきました。この時本当にもう無理なんじゃないかと思っていたので毎日地獄でしたが、救われました。
ですが血液検査をしてもなんの病気かわからず、お医者さんも試行錯誤してくださり、体重が1.9kg程でしたが3.2kgにまで大きくなる事ができました。
その後も薬を定期的に飲み、通院しながら元気になっていきました。けれど元気だった期間なんて一瞬でした。半年ぐらいしか病院に通院しない期間を過ごしていなかったんじゃないでしょうか。
2週間前ぐらいからまた体調が悪くなりました。苦しい顔をして食欲も減りました。母親が病院に連れて行ってくれ検査の結果は膀胱炎のようなものだと。その時は薬をまた飲み元気になりました。
3日前ぐらいから再び体調が悪化。病院に行っても原因不明との事でしたが点滴をしてどうにかして行こうとの事でした。
ですが昨日の夜、軽い痙攣のようなものをするようになり怖くなり夜間病院に行きましたが、どうすることもできないとの事で再び家に。
夜中の1時ごろから息が荒くなり1秒に一回に息を吐くレベルに。
わたしの家の周りには深夜に受け付けてくれる病院がなく、朝までまつしかなかった。
でもこの時点で、ああ、この状態であと8時間も持つわけがない、と認識してしまいました。
けど、一生懸命に生きている子を見て、どうにか助からないか、自分が代わりに死にます、この子を生かしてくださいと何度も何度も何度も胸の中で思いました。いつもはこんなに時間が遅く感じないのに1時間が地獄のように長く感じました。
3時、4時ごろになってきた頃苦しみだし鳴き叫び出すようになりました。
宥めて寝かしてまた鳴き叫んでまた宥めての繰り返し。
朝の6時身体の力が弱くなりました。その瞬間、強張っていた手が伸び、ああ、逝ってしまった。
見殺しにしてしまったようなものです。何もしてあげる事が出来なかったです。
夜中に状態が悪くなってしまった事も、もう運命だと受け入れるしかない。昼間に発症していたらもしかしたら少しだけでも延命出来たのかもしれない。
けれど、私たちには知識も機械もなく何もしてあげれる事などなかったです。
人間ならば深夜でも対応してくれますが、動物は深夜は対応してなかった(わたしの住んでいる地域は)。
どうする事も、出来ませんでした。苦しむ姿を見て悲しむことしか。
家について車の音で気づいてくれてリビングのドアを開けたら出迎えてくれていたあの姿も。長毛種だったからふわふわだった毛を撫でるのもふわふわの尻尾も触るのも大好きだった。
わたしの生きている意味のひとつだった。この子が身体が弱いから、わたしはこの子を助けてあげれるような仕事につきたい。とそう思っていました。
子供を産んだことは無いけれど我が子のように溺愛していました。
家に来て初めて病気した時から薄々気づいていたんです。この子はきっと長く無い。普通の子より。雄なのに発情期もなく2年目に入るところでした。
身体が悪いんだろうな。元々。そう思ってました。そう思ってたのにいざ居なくなった時はその心持ちなんて無かったかのように。

もう家に帰っても出迎えてくれない。餌が欲しいってすり寄って来ない。居ない。
自分のためだったのかもしれない。自分が癒されたいがために。でもあの子を愛して愛でてた事は嘘じゃ無いんです。ペットだなんて言葉じゃなくて、本当に家族だった。

若い命だからこそ可哀想で仕方ない。
これからはあの子への勝手な償いとあの子に出来なかった事を他の子達に出来るよう生きていきます。
助けてあげれなくてごめんね。
長文失礼致しました。


Re: ふわふわの毛をまた撫でたい。 No.1004
- 2020/02/20(Thu) 13:35


朝になって仕事をしている最中、逝ってしまった瞬間を思い出して涙が出て仕事中にも関わらず涙を堪えながら仕事をしてしまいました。
襲ってくるのは後悔だけで、もっと可愛がってあげればよかった。
死ぬなんて思わなかったから全然構ってあげれなかった。
他のことで自分の事で精一杯であの子への気遣いをしてあげれなかった。
あの時元気がないから入院させておけば死ななかったのでは?と自分を責める事であの子への諦めをしようとしている自分にも幻滅します。
誰かにお前が殺したんだと責められたところで自分が楽になるだけであの子へは何も意味もなくて。
もうどうすればいいのかわからないです今は。仕事を辞めて少し落ち着いた方がいいのでしょうか。
きっと時間で解決するしか出来ない事なんだろうと解ってはいるんですが、
もう自分にはどうする事も出来ません。


Re: ふわふわの毛をまた撫でたい。 No.1005
モグ兄 - 2020/02/21(Fri) 12:08


ま さん。お悔やみ申し上げます。大変つらい状況だと思います。私の言葉などなんの慰めにもなりませんが、最後に病院へ連れて行かなくてよかったと思います。ま さんが見守る中で旅立って猫ちゃん幸せでだったと思います。病院で治療させるかどうかの判断は、飼い主様の究極な決定です。文章からだけではわかりませんが、猫ちゃんは知らないところで旅立つより、ま さんのそばで最期を過ごせて幸せだったと思います。
 日常はだんだんと激しい辛さは薄れていきます。仕事など無理しない程度に続けながら猫ちゃんのことたくさん思い出した方がいいと思います。
 しかし、猫ちゃんのいない悲しさはきっとなくならないですね。でも、共存はできると思います。 


Re: ふわふわの毛をまた撫でたい。 No.1006
るる - 2020/02/21(Fri) 17:19


ま さん
お悔み申し上げます。
私も仕事は辞めないほうがいいと思います。
仕事に行っている間は、気がまぎれますので、
私も会社の存在がすごくありがたかったです。
会社からの帰り道、家に帰るのが辛くて涙が出そうになって
しまいます。もう亡くなってひと月ですけど、まだ涙が
出ます。
私もただひたすら、時間が過ぎるのを待っています。
私も、自分のことで辛いことが重なっていて、最後のほうは特に
あまりかまってあげることができず、辛いです。
死ぬなんて思わず、本当に痛恨の極みです。
タイムスリップしてやりなおしたい。。
でも、いろんな偶然が重なり、あのような出来事が
起きたのだと。。
動物は亡くなる日を決めてきているというから、その日だったのかなって。
哀しくて寂しいけど、やはり生きて行かないといけないので、
頑張って生きたいと思っています。


Re: ふわふわの毛をまた撫でたい。 No.1007
N.K - 2020/02/21(Fri) 17:33


ま さん、初めまして。お悔やみ申し上げます。
7年前に亡くなった猫に似ているので思わずその時のこと思い出してしまいました。あまりにもうちに似ていて。

7年前、主人が私に相談もなく勝手に6か月の猫を(アビシニアン)ペットショップから買ってきました。
来た時から体が弱くて、よく吐いて下痢をして、しょっちゅう病院通い。
体重も雄なのに1歳になっても3キロでした。

1歳になったころ、なんだか疲れているみたいで、しんどそうに歩いていて、あまり食べなくなり、病院に行くと検査して、最初は肝臓の値が高いからと週1回点滴に通いました。そのうちにだんだん机の上にも飛び乗れなくなり、座布団にうずくまることが多くなり、もう一度検査の結果、コロナウイルスの値が高いことがわかり、週2回抗生剤と点滴を打ちに行きました。
餌も自分では食べないので、私が皿を猫の口元にもっていって食べさせました。病院で猫の食べたい時に何回でも食べさせてといわれていたから。でもあまり食べない。トイレも疲れるのか休みながら行っていました。

だんだん痩せていきおなかだけ膨れて、背中は骨が見えていました。
見ていられなくて、目を背けたことが何回あるか。
でも、かわいそうで、まだ小さいのに、まだ来て間もないのに、こんなことになってしまって。私は専業主婦なので、できる限りそばにいて世話しました。
疲れたけど、でも、猫はもっとしんどいのに、必死にそれを見せない。
なくなる前日に、2時間だけ元気に走り回ったのです。ひょっとして治ったのかなと。でも、すぐ座布団にうずくまりまさか翌朝早くになくなるなんて思いませんでした。翌朝早くにみんな寝ていたのですが、猫が小さく泣いたときは、どうせまたおなかすいただろうと思ってほってしまいました。しかし2回目のときはかなり猫が命の限り大きな声で泣いたのです。寒気がして起きてみると痙攣していて、慌てて皆を起こしました。病院に電話しても誰もいなくて、近所の病院かけましたが誰も出ませんでした。私は痙攣する猫をおろおろしているだけで、主人と娘はてきぱきと看病したり、いろいろしてくれて、最後は私が猫をさすりながら「短かったけど、楽しかったよ。もう苦しまなくて、頑張らなくていいよ」というと猫はわかったのか、頭をあげて血を吐いてなくなりました。その後も私は何もできず泣くばかりで、主人は猫を入れる箱を用意し、娘は猫が好きな餌やおもちゃを入れていました。主人は私に公営の式屋さんに電話してと言い残して会社に行きました。

まさんも、まだ幼い猫で、飼って間もなかったのですね。
なんだかものすごく似ていて、病院も飽いてないところまで似ていて。
まさんのつらい気持ちものすごくわかります。
7年たっても心の隅にはおいていますが、ピアノの上に飾っている亡くなった猫の写真を見ると思いだしてしまいます。
今は、亡くなってなこの後に3か月の猫を2匹ボランティアの保護団体から引き取りました。今は6歳で今年で7歳になります。でも新しい猫が来ても、ここまでいきれなかった猫がかわいそうで。きっと今の猫たちを見守ってくれているんだろうなーと思います。
仕事は、私は勤めてませんが、おそらく娘は当時大学生で、主人は働いていたのですが、二人とも気にせず行っていましたが、心の中は泣いていたと思います。まさんも苦しいでしょうが、しばらく1週間ほど有給があるならそれを使って休まれて、それから仕事に行かれてみてはどうですか。仕事やめてしまったら、私みたいに働いてないので、新しい猫が来るまで悶々として家族にあたってしまって、暗い家になりました。なので、仕事はやめないほうが良いと思います。


Re: ふわふわの毛をまた撫でたい。 No.1009
- 2020/02/21(Fri) 22:53


モグ兄さん、るるさん、N.Kさん、私なんかのために励ましのお言葉有難うございます。
お一人お一人詳しくお返事したいのですがどうしても長文になってしまいそうなので、短いお返事になってしまう事お許しください。
あの子が亡くなった事は母としか話していなくて友人や周りの人には話を出来る精神状態ではなく、何処かで悲しみを打ち明けれる場所はないのかと検索をし、こちらに辿り着きました。
まさか3名の方にこんなお優しいお言葉を頂けるなんて思っていませんでした。
大袈裟と捉えられてしまうと思いますが、私はお3人のお言葉で救われました。気持ちが楽になりました。本当に感謝しかありません。

モグ兄さん
とんでもないです。わたしに初めてお優しいお言葉を掛けてくださったモグ兄さんのお言葉はわたしをとても救ってくれました。もし病院に入院していても助かっていなかった時、寂しい思いをさせて逝かせてしまっていたかもしれません。苦しい思いをさせて逝かせてしまった事は心残りですが、身勝手ですけれど最後の時を見届けてあげれた事は辛い思い出になっていますが良かったなと思います。そうですよね、たくさん思い出して忘れることのないように。これからもずっとあの子と共存できるよう、頑張っていきます。本当に有難うございます。

るるさん
るるさんのご家族のチワワちゃん亡くなって一ヶ月なのですね…。るるさんもお辛い中わたしへのお優しいお言葉を下さって本当に有難うございます。仕事の件ですが、まだあの子が居なくなって2日ですが、仕事をしてある意味気を紛わさないと辛いなと思ってきました。ただ今はまだ朝起きて思い泣き、仕事が終わり帰りの車で泣き、寝る前に泣き、の繰り返しですが…。そうですよね、タイムスリップして悔いなくもっと愛してあげたかったです。スピリチュアルなお話になってしまいますが、ペット達は飼い主を選んで産まれてくるという話を聞きました。るるさんのチワワちゃんもわたしのあの子も、私達を選んで産まれて来てくれて良かったなと思います。わたしもあの子の事を忘れず頑張って生きていきます。

N.Kさん
とてもお辛いお話を話させてしまい申し訳ありません。お話してくださって有難うございます。N.Kさんのアビシニアンちゃんもお身体が弱かったのですね。沢山お辛い思いしたと思われます。お世話も大変だったと思います。文章全て読ませて頂きましたが、本当にうちの子とよく似た境遇で涙が止まりませんでした。同じではないですが、想像が出来たんです。歳もうちの子と同じ様な歳だったのですね…。文章何度読み返しても本当に辛いお話でしかなくて、N.Kさんもご家族も猫ちゃんも、とても苦しかったと思います。でもN.Kさんがお家にずっと居てくれた事で猫ちゃんも嬉しかったでしょうし愛されていた事を解っていたんだろうなと思います。N.Kさんが鳴き声に気付いていなければ猫ちゃんはそのままだったかもしれません。いつも側にいてくれて愛してくれたN.Kさんだからこそ鳴き声が聞こえたのだと思います。わたしも朝から晩まで勤務の時もあり、やはり毎日病院には連れて行けなかったので母がほぼぼぼ病院に連れて行ってくれていました。母のお陰であの子も少し長生きできたのではと思うので、N.Kさんのご家族もN.Kさんにとても感謝していらっしゃるでしょうね。
病院が早朝や深夜の場合開いていないのはもう私達からすれば"諦め"と捉えるしかありませんでした。それは病院が悪いというよりかはわたしの住んでいた地域にそのような病院が無かったという事なんですが…。そういう所も含めてきちんと調べてペットを飼わなければいけないんだなと再認識しました…。
本当に境遇が凄く似ていて共感と言ったら失礼だと思いますがそれに近いものがありました。
新しい猫ちゃん2匹と今はお住まいなのですね!素敵です。
こちらでもスピリチュアルなお話をしてしまうのですが、ペットは同じ魂で飼い主の所に生まれ変わる事もあるというお話を聞きました。なのでもしかしたらN.Kさんの今飼われている猫ちゃんがアビシニアンちゃんの魂を持って産まれてきているかもしれませんね。(こういう類のお話お好みじゃなければ申し訳ありません)
やはり何故ここまで苦しいのかと思うのは、1年という短い年数しか生きていなかったという事がわたしの中で心苦しい原因なのではないかなと…。
すみません長くなってしまいましたが、これからも猫ちゃん達とご家族とお身体にお気を付けてお過ごし下さい。本当に有難うございます。


はじめまして No.992
てんさん 山梨県 歳 - 2020/02/14(Fri) 16:19
はじめまして。愛犬が2020/2/5日に
病気で天国へにいってから何もする気が起きません。
どうやって、このぽっかり空いた
心の大きな穴を埋めたらいいのかわからず
携帯を手に取り、どう乗り越えたらいいのか
調べようと思ったら、ここを見つけました。
私は、愛犬との最期を一緒に過ごすために
仕事も辞めました。
前立腺がんが見つかってから4ヵ月ずっと
側にいたので、いなくなってしまった今
どうしたらいいのか? すみません甘えですか?


Re: はじめまして No.993
また逢いたい - 2020/02/14(Fri) 20:24


てんさん、大切な大切なわんちゃんを亡くされたばかりで、今、本当にお辛いことと思います。てんさんの甘えなんかじゃありません。悲しくて寂しくて苦しいのは自然なことだと思います。ずっと寄り添っておられたのですから当然です。
私も先月愛犬を亡くし1か月以上たったのですが、いまだに泣かない日はありません。時間が逆戻りして愛犬がいた時に戻れたら、これは悪い夢が続いているのではないかと思うこともあります。愛犬を失ってから数週間はもはや自分の生きている意味もわからなくなっていました。それで今は完全にわかったというわけでもありませんが、先輩方も書いておられるように、私はあの子のおかげで本当に幸せな日々を送れていたんだと愛犬に感謝の気持ちが湧いてきました。
てんさんは十分に泣けていらっしゃいますか?我慢してご自分のお気持ちを出さないようにされていませんか?
泣いてばかりいたらペットが成仏できないとか言う人もいらっしゃるかもしれませんが、ペットたちは私たちがこのどうしようもない悲しみを少しばかり癒すくらいの間は待っていてくれると思います。私はおもいっきり泣いて目が腫れて頭痛がしてくたくたになりながら眠りにつくことを数週間経て今ここにいます。心の穴もまだ空いてます。やはり、1か月くらいじゃまだまだですね。
てんさんに先輩面してしまい大変失礼しました。
てんさん、くれぐれもお身体大切になさってくださいね。


ありがとうございます No.995
てん - 2020/02/14(Fri) 21:21


また逢いたいさん
返信ありがとうございます。
また逢いたいさんも、この寂しさや苦しみ悲しみを
通って今があるんですね。
長い年月、家族のように、我が子のように
相棒のように過ごした日々があるだけに
その姿が見えない今、何をしてても
居た場所に目線を向けてしまいます。
私が泣いていれば、側にきて
顔を舐めてくれたり、隣でじっと寄り添って
くれていました。心配ばかりかけてきたので
病気の苦しみ、痛みからやっと解放されて
元気に走り回ってくれていることを
望んでいるのに、もう心配かけてはいけない
そう思って、思い切り泣けていません。
先輩面だなんて、そんなこと思わないでください
返信頂けただけでありがたく思います。
自分と同じような寂しさを味わい
悲しみを一生懸命受け止めようとしている方達が
沢山いるんだと思えば
時間がどれだけかかるかわかりませんが
私も何とか乗り越えなきゃと思います。
でも… 正直まだ辛いです。
まだ寒い冬は続きますが、お互い身体を大事に
しましょうね。


はじめまして No.1008
ひとみ - 2020/02/21(Fri) 20:31


てんさん、こんばんは。
今、すごくお辛い時ですよね…。時の流れが少しづつ和らげてくれるのかもしれませんが、なかなか埋まらない心の穴だと思います。わんちゃんのこと、たくさんたくさん大切にしておられたのですね。ずっと一緒だったのですね。

厚生労働省の取り組みで、各団体がチャットなどで相談を受け付けているそうです。。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_sns.html

苦しさや辛い気持ちなどの吐き出し先のひとつとして、もしよかったら利用なさってみてください。私も使ってます…。
どうか抱え込みすぎないようにしてくださいね。


ありがとう No.963
また逢いたいさん 京都府 55歳 - 2020/02/07(Fri) 19:53
愛犬が空に昇ってから1か月がたちました。泣かない日はありませんが、なんとか気を紛らわせようとあの子に関するものをかき集めているうちに、血統書を見つけました。赤ちゃんだったあの子を迎え入れてしばらくしてから届いたもので当時はあまり内容を気にもしていませんでした。というか、今でもですが、命あるものに証明書をつけること自体に大きな違和感を覚えるのです・・。
今日あらためて見てみると、うちの子はお母さん犬が8歳8か月で出産した子でした。調べてみると、ワンちゃんのお母さんと赤ちゃんの健康のためには出産年齢はせいぜい5〜6歳までとのこと。うちの子のお母さん犬はかなりの高齢出産をさせられたのだと辛く切なくなりました。もしかしたら、命をかけて出産したのかもしれないとも思いました。
あの子は今頃お空でそのお母さん犬に再会できているかもしれません。なので、あなたを産んでくれたお母さんに逢えたら言っておいてねと愛犬の遺影に伝言をお願いしました。
「お母さん、とてもとても大変だったでしょう。人間は自分勝手で本当にごめんなさい。でもこんなにかわいい子を私たちに授けてくれて幸せにしてくれて本当にありがとう。いつかみんなで虹の橋で逢いたいです。」


Re: ありがとう No.969
るる - 2020/02/09(Sun) 18:26


そうですよね。。
うちも、一か月前にチワワの女の子を亡くしました。
仔犬のころに、買ったペットショップに行き、お父さんお母さんの写真を
見たいと申し出てしまったことがありました。。
お父さんだけは見せてくれましたが、お母さんはわかりませんでした。
人間は本当に身勝手。うちの子のお母さんも大変な思いをして、
産んだのだなと、今、また逢いたいさんの文章を読んで、気づきました。
天国で、お母さんや兄弟たちに逢って、たのしく暮らしていればいいなと
思います。
今も私も泣いてしまうし、会いたくてしかたがないです。
一人暮らしなので、本当に頼り切ってしまっていました。
あんな小さな身体でよく頑張って生きてくれていたと思います。


Re: ありがとう No.999
また逢いたい - 2020/02/15(Sat) 15:42


るるさん、うちの愛犬も小型犬でした。この12年弱、私も人並みに辛いこと、悲しいことがありましたが、あの子があの小さな体で私のことをずっと支えてくれていたんだと失って初めて気づかされました。
あんなに小さい体であんなに大きな幸せをくれてたんだと今になってわかる自分。あの子のお母さん犬のように高齢になっても出産させられるわんちゃんたちがいる。そういうことを知らずにいた無知で呑気すぎるばかな自分。悲しくて申し訳なくて仕方ないけど、どう考えても私に面倒をかけないようにとあの子が私に配慮してくれたとしか思えない最期の状況。あの子は自分がいなくなることで私に本当に多くのことを気づかせてくれました。あの本のとおり、まさに、「ありがとう、また逢いたいね」です。
私もあの子が天国で痛み、苦しみ、恐怖から解放され懐かしいお母さんたちと穏やかに過ごしているようにと祈っています。


Re: ありがとう No.1000
るる - 2020/02/15(Sat) 18:35


そうですよね。。
私の犬の最期もそのようなふうに
してくれたのかなと、今となっては思います。

寝たきりのわんちゃんの介護の投稿やブログなどを
今は検索していて、私にはメンタル的にもきっと
無理だったと。。
泣いてしまうし、どうしていいかわからなかったと
思います。
でも介護をして、会社も休みを取り、ゆっくりお別れが
したかった気持ちもあります。
そうすれば、蒸しタオルでふいてあげたり、抱っこやなでたり
してあげれたのに。
私と犬は関係があまりよくなく、散歩のとき以外は抱っこできませんでした。
一か月前から息がしんどそうになっていたけど、普通なときもあり、
歳のせいかと。。今更言い訳してもしかたがないのですが、、
悔やんでもしかたがないです。
そういうことをずっと考えてしまい、もうひと月にもなるのに、
胸が苦しくなります。
好きな牛肉や牛乳、手羽先を好きなだけ食べさせて
あげたかったし、温かく気持ちの良い環境で居させてあげたかったです。
家には温熱バイオマットを敷いたこたつがあり、いつもそこに入ってくれて
いたのです。もちろん出入り自由にしてました。そこで寝てくれていれば
安心と思っていました。ニ十歳くらいまで大丈夫とたかをくくっていました。
過信しすぎていたのです。


Re: ありがとう No.1001
また逢いたい - 2020/02/15(Sat) 19:56


私も少なくともあと2、3年は普通に一緒にいられると呑気に勝手に思い込んでいました。なので、脚の怪我をしたときに痛みをとってもう一度普通に歩けるようにと手術しました。でも結果的にそれがあの子にとってはストレスとなり、発作を引き起こしてしまったのかもわかりません。あの子はもちろん私のことを恨んでないと思います。だから余計に辛いのです。ありがとうと言いながら、やっぱり今はごめんなさいの気持ちが強いかもしれません。


Re: ありがとう No.1002
るる - 2020/02/17(Mon) 20:17


https://sippo.asahi.com/article/12268149

塩田さんのお言葉がすごくよかったです。
してあげたことを数えてペットロスから回復。。

私も後悔ばかりして、息が苦しくなります。
してあげたこともたくさんあったのに、してあげられなかった
ことばかりが頭に浮かびます。


無題 No.979
さちさん 大阪府 51歳 - 2020/02/11(Tue) 10:09
るるさん  今日はお休みですか? 私は仕事休みです。が、さみしいです。ルキアがいるときは、かまってと寄ってくるのを、逆に、ゆっくりさせて!と突き放した時もありましたが、今は何もする気がおこらず、時間をもてあましています。ほんと、どうしようもない親です。同じ空間にいる事が当たり前すぎて、足音がないから、ほんとに静かで、、、さみしい


Re: 無題 No.980
また逢いたい - 2020/02/11(Tue) 10:59


さちさん、私も今日は休みで家族が外出していてゆっくりできると油断してしまったのか、朝目が覚めてすぐ布団の中で号泣してしまいました。

愛犬がお空に昇ってから1か月が過ぎたのに、緊張が緩んだのか逆に職場で急に涙が出てくるようになってしまっています。ペットを飼う人がいない職場でペットの話題が全く出ないので逆に救われていたのですが、急に涙流している人を見たら周りの人はびっくりするだろうなあと思います。今、職場でもみんなマスクをしていて表情がわかりにくくなっているので助かってます。

愛犬が好きだったソファーの上にあの子の骨壺とたくさんの写真を並べて、近くに行くたびに話しかけているので家族も私が気がおかしくなっていると心配しているのではないかと思います。でも、今日は家にいるのは私一人なので遠慮なくいっぱい泣けます。今日は思う存分愛犬にお手紙書けます。


Re: 無題 No.981
さち - 2020/02/11(Tue) 11:21


また逢いたいさん  私も先週土曜日、病気の待合室で待っている間、携帯でワンコの姿を見ていたら涙がでてきて、鼻水もでて、でも、マスクしてるし、周りは風邪?位に思っていたかもで助かりました。気を許すと涙がでますね。散歩している他のワンコ見ても涙がでそうになり大変です。こんなに涙って出るんだなぁと今回初めて知りました。私には76歳の母がいますが、母のときはこんな風になるかなぁ、、


Re: 無題 No.982
るる - 2020/02/11(Tue) 19:55


さちさん
今日は私も休みでした。
休みは遠くまでお散歩してたのでほんとに
辛いです。
静まり返った部屋が辛いので いつも
テレビかYouTubeを
流しています。
図書館でありがとうまた逢えるよね 借りて読みました。
すごく良かったです。

また逢いたいさん
私もマスクとニット帽でしばらく仕事してて今はニット帽だけです
いつ泣いても大丈夫なように
春になったらニット帽かぶれないので
どうしようかなー
その頃には悲しみも変化しててくれれば
いいなと思います。






Re: 無題 No.983
さち - 2020/02/11(Tue) 20:50


るるさん  私も「ありがとう また逢えるよね」を読みました。私もこの本で少し楽になりました。本の中の言葉の贈り物が私の心にしみました。
涙がとまりませんでした。沢山の言葉のなかで、1番心に刺さった言葉
「この悲しみと苦しみがあるとしてもあなたはこの子を選びますか
それとも、この苦しみと悲しみから逃れるために、他の子を選びますか?」という言葉でした。私は迷わずこの子を選びます。こんなに苦しくても一緒に過ごした日々が幸せだったからです。この著者の方のところにいつか、納骨に行きたいと思っています。それがいつになるかは今はわかりません。


Re: 無題 No.984
るる - 2020/02/12(Wed) 18:59


さちさんも読まれたのですね。
とても良い本でした。。
図書館で借りたので、気に入った言葉をノートに
書き写しました。

毎日、心が重いです。
お天気でも曇りでも嫌。
他の人が何故普通に元気に暮らしているのかが不思議です。
犬が居た頃は、私もそのように暮らしていたのに。
お子さんを亡くされたかたの気持ちが初めてわかる気が
しました。


Re: 無題 No.988
さち - 2020/02/12(Wed) 22:18


るるさん  お天気でも曇でも嫌、、なんか、わかります。毎日が張り合いがないというか、たのしくない。私にとって人生で1番悲しい出来事です。だから、これから先の事が見えてこないです。


Re: 無題 No.989
るる - 2020/02/13(Thu) 12:05


さちさん
私も辛いことが多かった人生のなかでも
一番辛いです

こちらの掲示板や愛犬問題のホームページで
おしゃべりしてこころがだいぶ
落ち着きました。

ruminaでペットロスについて
書きこみして ペットロスについての
項目を追加してほしいとお願いしました。


Re: 無題 No.990
るる - 2020/02/13(Thu) 19:05


愛犬問題の管理者パロオーナー様が、ペットロスについて記事を来週土曜
書いてくださる予定です。
犬の居ない暮らしができないから、すぐに新しいパピヨンさんを迎え、ペットロスに
ならなかったそうです。上沼恵美子さんも、昔大型犬を亡くされたとき、ペットロスに
なり、旦那様がすぐにペットショップに行こうと言って、小型犬を購入されたとか。
ネット記事で見ました。その小型犬も最近亡くなったとヤフー!ニュースで知りました。
私は犬を道で見かけるのも今は辛いです。


Re: 無題 No.994
さち - 2020/02/14(Fri) 20:56


るるさん  今、ほんと苦しくてさみしくて、新しい子を迎える事で少しでも楽になるなら、、、と。でも、同じように愛せるか自信がありませんし、比べてしまいそうで怖いです。やっぱり私はまだあの子のことだけ考えていきたい…


Re: 無題 No.996
るる - 2020/02/14(Fri) 23:45


さちさん
私もです。新しい犬は飼わないんですか?と訊いてくるひとが
何人かおられたけど、ちょっとむっとなったりぃてました。
いぬの死後すぐに行ったカウンセリングのひとにも言われて、
怒って帰ってきてしまったり。。
そういえば、、
その方がすすめてくれた映画 僕のワンダフルライフは
見ました。Amazonビデオで。
泣けましたし、とてもよかったです。

私もとても辛い毎日です。本のなかにあった文章ですが、
ただときの導きにしたがって、日々目の前のできることをするだけ。。
犬の死後、深く色々考えるようになり、人との関係の見直し、食生活も変わり、早寝や
規則正しい生活や、無駄遣いや外食が無くなったりと
いろんな変化が起きました。
犬が死をもって教えてくれたのかなと。。
亡くなる前後のいろんな事も、後悔ばかりですが、すべて決まっていた運命で、
あのときでなければいけなかったのだと思えるようになりました。
今はずしーんと重い気持ちがずっとではなくなってきています。
こちらさまの掲示板に書き込んだり、他のかたの投稿を
読んでいると、自分だけではないと思えて、
とても心の支えになります。






Re: 無題 No.997
さち - 2020/02/15(Sat) 07:47


るるさん  その映画、知っていましたが、怖くて観れてないんです。今度、休みの日に観てみようかな、、、目腫らしそうですね 
あの子に出会う事、一緒に過ごしてきた日々、お別れの時期、はじめから決まっていたんですよね。あの時、もっと早く異変に気づいていたら、病院に連れて行ってたら、もっと一緒にいられたのかもと、自分を責めていましたが、そうではないんですよね。
昨日も涙流しながら眠りにつきました。私もなかなか周りには伝わらない思いを、こういった掲示板を利用させていただいていくことで、救われています。


Re: 無題 No.998
るる - 2020/02/15(Sat) 10:43


そうですよね。
あのときに戻れたとしても同じことを
したかもしれないし、戻れたとしても
別の後悔をしたかもしれないと本に書いてありましたのでノートに書きました。
乗り越えられない試練は与えられないと言うから、今はじっと我慢のときなのかなと
いつか楽しく思い出せればいいかなと思います。


はじめまして No.991
てんさん 山梨県 歳 - 2020/02/14(Fri) 16:17
はじめまして。愛犬が2020/2/5日に
病気で🌈にいってから何もする気が起きません。
どうやって、このぽっかり空いた
心の大きな穴を埋めたらいいのかわからず
携帯を手に取り、どう乗り越えたらいいのか
調べようと思ったら、ここを見つけました。
私は、愛犬との最期を一緒に過ごすために
仕事も辞めました。
前立腺がんが見つかってから4ヵ月ずっと
側にいたので、いなくなってしまった今
どうしたらいいのか? すみません甘えですか?

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
- 以下のフォームから自分の書き込み記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社