変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社

交流広場


[ホームに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
お名前
E-Mail
住所(都道府県) 住所(市区町村)
年齢
タイトル  
コメント  【英文のみのコメントやURL(http://〜)は書き込めません】
文字色

海洋葬 No.89
うっちーさん 東京都江東区 36歳 - 2003/06/20(Fri) 23:55
内縁の夫が去年の6月に亡くなりました。
若い時からよく神津島に行ったので、夫の骨を大好きな神津島の海に散骨したいと思っています。が、インターネットで探していましたが、なかなか見つかりません。どうすればいいのかわかりません。
どこに行けばいいのか教えて下さい。


海洋葬 No.88
内川 裕江さん 東京都江東区 36歳 - 2003/06/20(Fri) 23:54
内縁の夫が去年の6月に亡くなりました。
若い時からよく神津島に行ったので、夫の骨を大好きな神津島の海に散骨したいと思っています。が、インターネットで探していましたが、なかなか見つかりません。どうすればいいのかわかりません。
どこに行けばいいのか教えて下さい。


自分で葬式? No.87
さつきさん 愛知県 歳 - 2003/05/24(Sat) 20:53
葬儀社を使わず自分で葬儀をできるって知ってましたか。遺体の搬送は生業でなければ誰が運ぼうといいのですって。我が子の亡骸を胸に抱き家路に向かう乗用車、銀さんは献体のため病院の車、テレビのワイドショーでそんな光景を何気なく目にしていましたが、霊柩車でないなによりの証拠ですね。火葬場に尋ねましたところ棺に納めてあれば、個人で搬入しても良いとのことでした。もっとも搬入をみとめない火葬場も有るようですが。人手と柩、骨壺、車があればお金もかからず済みますね。かと言っても大変ですけど。
葬式はしない、身内だけで送りたいと言う人が増えてますが、それで良いと思います。私は母が死んだ時、一人で送りたいと考えています。葬儀屋さんには柩と骨壺、遺体の搬送のみお願いしようと考えています。世間的には非常識でしょうが、じきにあたりまえの時代が来ると思います。葬儀の形ではなく気持ちのこもったものであれば、それでいいのではないでしょうか。親に感謝しつつ、毎日を健康に暮らしていくことが、供養になるのではないでしょうか。


沖縄のペット霊園知ってます? No.86
サンセットさん 沖縄県 37歳 - 2003/04/03(Thu) 16:49
沖縄にペットと移住した者ですが、
そのペットも年老いてきて、もしもの事を考えるようになりました。

しかし、本土と違い、ペット専用の霊園が見つかりません。
納骨堂はペット専用の火葬業者で管理してる所があるようですが、
狭い棚に収められて可愛そうです。

青空のもとに還してあげたいと思ってます。
手を合わせられれば、合同碑でもかまいません。

どなたか、沖縄のペット霊園をご存知ありませんか?
ペットの納骨を扱ってるお寺でもかまいません。


自分らしい葬送・・たみなさんへ No.85
みっちゃんさん 東京都 50歳 - 2003/03/14(Fri) 21:19
自分らしい生き方と同じように、自分らしい葬儀・旅立ちがあっても良いのではないでしょうか?
お葬式は誰の為に有るのでしょうか。多くは生きている人の世間体の為と言っても過言ではないと思います。自分の葬儀は他人任せ、誰かがやってくれるだろうというもので、自分の意志で決めるという事はほとんど無かったでしょう。でも今は「葬儀はいらない。墓も要らない」という人が増えています。

たみなさん、本当に大変でしたね。ご家族の勇気に拍手を送ります。
「お母さん、あなたの意思どうりにしましたよ」と笑顔で語りかけることが出来ますね。お母様の意思を尊重されたことは何よりの供養ではないでしょうか。
お墓や遺骨にこだわらず、お写真だけでも良いのでは?

私はネットのお墓で両親を偲んでいます。架空のお墓。最初は面白半分だったけどいつの間にか何かしら懐かしく、身近に感じられるようになってときどき独り言など書き込んでいます。








母の死で。 No.84
たみなさん 兵庫県 30歳 - 2003/03/11(Tue) 20:46
母の遺書にある「献体、散骨、墓不要」で、親族としっくりいきません。
私たち家族は、人並みにお葬式をし戒名をつけ、お墓にいれようと思って
いましたが、母がそういうならと、ほぼその通りにことを運んだつもりです。
(お葬式は特にスタイルもなく、偲ぶ会として行いました)

このことについて、「生前に全く聞いたことがない」「母を粗末に扱う」
「合理的に済ましたがっている」など、いろいろおっしゃいました。

そして献体いたしましたので、お骨は3年後に戻ってきます。
それを私以外の家族は、遺書通りにしたいといいますが
私は自分だけ少しお骨をもらって保管し、私が死んだときに一緒にお墓に
いれて欲しいと思っています。(私の主人は当然のことだと賛成してくれました)
それから、戒名はつけていませんから、俗名で位牌とお厨子をつくり
毎日そこで母との対話をしようと計画しています。

親戚のかたは、母があまりにも気の毒だ、かわいそうです、と
おっしゃいまして、戒名をつけ、そちらのお墓で一緒にはいることになり
年忌法要もそちらで行っていただけるそうです。

私は、そういうお気持ちも分かるし、ありがたいことなのですが
「一親等のあななたちが、なにもしないから、こちらでやります、
だからこれからは、こちらにきて、母を供養しなさい、あなたのやり方は
おかしいです」
というような意見はなにか納得できません。

母の遺言からするには、「墓不要」つまりどちらのお墓にも入りたくない
誰からも自由になりたい、ということではないのでしょうか。
供養の方法も、人それぞれで、娘がこうしたいというのであれば
それを何ら止める権利はないと思うのですが。

とりとめなく書いてしまいましたが、人とは違うスタイルを選択すると
それはおかしいとされます。
保守的な土地柄のなかでこそ、母が最後までアカデミックな考えを通したのは
ものすごく意味があって、とてもいい経験をさせてもらったと思います。



死んだらどうなるの? No.83
アイリスさん 愛知県 47歳 - 2003/02/18(Tue) 20:10
だれでも考え、実際はわからない
「人間(動物も)死んだら、どうなるか」
という、永遠のテーマ。
どう思いますか?

私は、霊になると思っていますが
否定する人もいるでしょう。
日本では、焼いた骨をお墓に埋めるのも、
灰を海に撒くのもどちらでもよくなりつつあります。
けれど、その後、供養をしないとどうなるの?
私は、霊がパニックになって、さ迷うと思うのですが。

仏教では、死後、読経をして供養しますが
これは、理にかなっていると思います。
霊がさ迷わないように、読経をするのだと
私は思っています。
仏教の四十九日とか一周忌の読経は
「いつまでもここにいないで、早くあの世へ行きなさい」
という諭し(さとし)の意味がこもっているような・・・。
残された遺族にとっても
四十九日、一周忌・・・と、するうちに
次第に心が癒されてゆくものです。
だから、日本人の多くは法事をするのでしょう。
(なお、私は仏教徒ではありませんし、
お読の内容も解りません)

ただ、キリスト教などでは、死後の供養はしないし
仏壇や位牌に代るものもないので
死んだら、霊はしばらくさ迷うのだろうか?
もっとも、死者の写真に「天国へ行って」と祈るのも
供養といえば供養なのかも・・・

私は、死んだらきっと、お墓にはいると思いますが
お墓に入るって、冷たい石の下に生きるのではない、
と思うのです。入るのは骨であって
霊になった自分は墓の上で漂っていたりして
家族が来たら「あ、来た!」とか思ったりして。(^_^;)
でも、だれも祈ってくれなかったら
さみしいだろうなあ・・・









散骨 No.81
テルネイさん 神奈川県横浜市磯子区 48歳 - 2003/01/27(Mon) 11:03
私の母が、以前より言っていることなんですが、暗い石のお墓のなかには、絶対に
入りたくないと、戒名も要らない、今まで自分が生きてきてなじんだ本名にしてもらいたい。また散骨にしてもらいと希望しております。私は恥ずかしながら、葬儀
に関しての知識に乏しいものですから、実際にそんなことが可能であるのか?また
散骨の場合など火葬に関して何か不具合な問題とか、葬儀社にここまでで結構です
とか指定できるのか、たとえば葬儀は行わず棺おけと火葬の代行だけとか、結構
心配しております。


Re: 散骨 No.82
アイキャン - 2003/01/27(Mon) 15:51

お母様のような考えの方が急速に増えています。
ただ、亡くなられてから子供が突然散骨の話をしても、
親族の反対で実施できない例が多いです。
生前に希望を伝えて置かれるか、
いっそ生前予約をされると確実に実施されるでしょう。
節度をもって行われる限り法律上は問題ありません。
葬儀を行わない件は当社のようなところと、
生前予約をするしかないと思います。
何でも構いませんからどうぞ問い合わせください。
よろしくお願いします。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5]

この掲示板は、- KENT & MakiMaki - をアレンジして使用しています。
このページの先頭に戻ります
変わり始めたお墓の考え
お墓は心の中に・・・
新しい葬送とメモリアルを提案
変わり始めたお墓の考え、「お墓は心の中に・・・」。新しい葬送とメモリアルを提案するアイキャン株式会社